染谷将太×前田敦子×監督:廣木隆一×脚本:荒井晴彦 『さよなら歌舞伎町』

不器用で愛おしい人々へ

新宿 歌舞伎町のラブホテルのある1日。身も心も触れ合う場所で、さまざまな男女の人生が交錯したとき、きっと何かが見えてくる

【作品内容】
新宿 歌舞伎町のラブホテル。迷える大人たちの人間模様が交錯する、かけがえのない1日
一流ホテルマンと周囲に偽るラブホテルの店長・徹(染谷将太)。彼は有名ミュージシャンを目指す沙耶(前田敦子)と同棲しているがちょっぴり倦怠期。ある日、徹は、勤め先の歌舞伎町のラブホテルでいつもの苛立つ1日を過ごすはずだった。そこに集まる年齢も職業も違う訳アリな男と女たち。彼らの人生が鮮やかに激しく交錯した時にあらわれる欲望や寂しさ、そして秘密。徹の人生もまた予期せぬ方へ変わっていく・・・・。

【作品概要】主演の徹役は、若手実力派俳優として『寄生獣』など次々と話題作に出演する染谷将太。相手役・沙耶にトップアイドルから本格派女優の道を歩む前田敦子。群像劇を彩るのは脚本の面白さに集結した南果歩、松重豊、大森南朋、村上淳、忍成修吾、田口トモロヲほか豪華個性派揃い。衝撃のキム・ギドク最新作『メビウス』出演の女優イ・ウンウも体当たりで参加!監督はメジャーからインディペンデントまで多彩な作品を手掛け、官能的な映像で男女の心の機微をすくい取ってきた廣木隆一。脚本は日本映画を挑発する数々の名作・衝撃作を生み出し、『共喰い』『海を感じるとき』が話題を呼んだ荒井晴彦によるオリジナル。日本の映画史に名を残す二人の名匠が、『ヴァイブレータ』(03)、『やわらかい生活』(05)に続き3度目のコラボレーションを果たし、大人が楽しめるエンタテインメントが完成!ユーモアを交えつつ、リアルで温かい極上の群像ドラマが誕生した。

出演:染谷将太 前田敦子 イ・ウンウ / 大森南朋 / 松重豊 南果歩  監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦 中野太  
メインビジュアル

©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 R15+
配給:東京テアトル

2015年1月24日(土)、テアトル新宿ほか全国順次公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください