【第30回東京国際映画祭】「SAMURAI(サムライ)賞」は坂本龍一氏に決定!!豪華マスタークラスも実施

第30回東京国際映画祭 今年はアニバーサリーイヤー!!
「SAMURAI(サムライ)賞」は坂本龍一氏に決定
“映画の未来の開拓”、豪華マスタークラス実施
ブリランテ・メンドーサ監督・河瀨直美監督・曽利文彦監督
 比類なき感性で「サムライ」のごとく、常に時代を斬り開く革新的な映画を世界へ発信し続けてきた映画人の功績を称えるSAMURAI賞。第30回の記念すべき今年、『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞作曲賞、『ラストエンペラー』でアカデミー賞作曲賞を受賞するなど、映画音楽家としても世界で名を馳せる坂本龍一氏に贈らせて頂くことが決定いたしました。

 また、「映画の未来の開拓」をビジョンの大きな柱の一つとしている東京国際映画祭では会期中、坂本龍一氏のSAMURAI賞授賞を記念した特別クラスをはじめ、国際的に第一線で活躍されている、ブリランテ・メンドーサ監督・河瀨直美監督・曽利文彦監督を迎えてのマスタークラスを実施いたします。

TIFFマスタークラス
会場:六本木アカデミーヒルズ49F タワーホール
入場:無料
申込方法:東京国際映画祭公式サイトにて9月28日(木)18時より申し込み開始
(定員になり次第、締め切ります。)
第4回“SAMURAI(サムライ)”賞授賞記念 
坂本龍一スペシャルトークイベント〜映像と音の関係〜

日時:11/01(水)14時開場/15時開演(予定)
米アカデミー賞を始めとする数々の国際的な賞に輝き、常に時代をリードする
音楽家の坂本龍一がこれまでの軌跡をたどるとともに自身の映画音楽論を展開する。

★特別招待作品部門にてドキュメンタリー『Ryuichi Sakamoto: CODA』を上映★

  ブリランテ・メンドーサ監督の演出論(仮)

  日時:10/26(木)18時開場/19時開演(予定)

 「第3黄金期」と呼ばれる隆盛の時代を迎えているフィリピン映画界
  をリードしてきたブリランテ・メンドーサ監督が語る演出論。



 河瀨直美監督スペシャルトークイベント(仮)

 日時:10/28(土)13時開場/14時開演(予定)
 若手育成にも力を注いでいる河瀨直美監督のマスタークラス。
 当日はエグゼクティブ・プロデューサーを務めた『東の狼』も特別
 上映され主演の藤竜也との対談も予定。

 ★Japan Now部門にて河瀨監督作品『光』を上映★

 曽利文彦監督「ハガレン」トークイベント

 日時:10/30(月)18時開場/19時開演(予定)
 12/1『鋼(はがね)の錬金術師』公開記念イベント。全世界7000万部の
 国民的人気コミック、映像化不可能と言われた原作の実写映画化へ
 の道のり。「ハガレン」が到達する新たな映像世界と映画体験とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください