恋は雨上がりのように

【イントロダクション】
2014年に連載を開始するやたちまち話題となった原作『恋は雨上がりのように』。
登場人物たちの繊細な心情を描いたストーリーが共感を呼び、各マンガ賞に軒並みランクインするなど、今もっとも注目されているコミックです。
主人公の女子高生【あきら】を演じるのは話題作に次々と出演する当代随一の若手実力派女優・小松菜奈。
そしてその【あきら】に片想いされるさえないファミレス店長【近藤】を演じるのは映画、ドラマ、アニメーション声優など多方面で活躍する大泉洋。
そして清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊ら若手からベテランまで実力派キャストが集結。
『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』の永井聡監督が、登場人物たちの不器用だけれども真っ直ぐな想いを丁寧に描き、観る人の胸を打つ作品を作り上げます。

【ストーリー】
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。
それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。
バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。
ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

【キャスト・スタッフ】
小松菜奈 大泉洋
清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香・山本舞香
濱田マリ 戸次重幸 吉田羊

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:永井 聡
脚本:坂口理子

音楽:伊藤ゴロー
〈参加アーティスト〉
の子/mono(神聖かまってちゃん) 柴田隆浩(忘れらんねえよ) 澤部 渡(スカート)
主題歌:「フロントメモリー」鈴木瑛美子×亀田誠治(ワーナーミュージック・ジャパン)

■公式サイト
http://koiame-movie.com/

2018年5月25日全国東宝系にてロードショー

©2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください