羊と鋼の森

【イントロダクション】
 「火花」「君の膵臓をたべたい」などの話題作を抑え、「2016年 本屋大賞第1位」を受賞した小説「羊と鋼の森」。 「2016年 キノベス第1位」、「2015年 ブランチブックアワード大賞」も受賞し、史上初の三冠受賞を達成、さらに直木賞にもノミネートされるなど、最も話題になった小説のひとつです。

本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。

ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは、映画『orange-オレンジ-』、『四月は君の噓』、ドラマ「陸王」「トドメの接吻」を始め、常に話題作に出演し、絶大な人気を誇る若手俳優山﨑賢人。そして、物語の流れを作る重要な役どころであり、外村の調律師人生を大きく変えることになるピアニスト姉妹を大注目の女優・上白石萌音、上白石萌歌が演じることが先日発表され、映画での姉妹初共演も大きな話題となりました。
さらに、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、『64』『葛城事件』などで多くの賞を受賞し、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和が、同じく外村の勤める江藤楽器のピアノ調律師で、成長のきっかけとなるアドバイスをしていく兄貴分・柳 伸二役を、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主演であり、今年の顔となる俳優・鈴木亮平が演じ、若手からベテランまで、原作のイメージに合う、実力派俳優陣が集結しました。
 
メガホンをとるのは32.5億円の大ヒットとなった映画『orange』の監督・橋本光二郎。『orange』で「未来の自分から手紙が届くファンタジックな世界観」と「少年少女の繊細な心の動き」を丁寧に作り上げた新進気鋭の橋本監督が、本作の世界観に挑みます。

原作の舞台でもある北海道でロケを実施。
音、景色、森の匂い…観る人の五感を刺激する美しい映画が誕生しました!

【ストーリー】
「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、「森」の匂いがした――

将来の夢を持っていなかった外村は、高校でピアノ調律師・板鳥に出会う。彼が調律したその音に、生まれ故郷と同じ森の匂いを感じた外村は、調律の世界に魅せられ、果てしなく深く遠い森のようなその世界に、足を踏み入れる。
ときに迷いながらも、先輩調律師・柳やピアノに関わる多くの人に支えられ、磨かれて、外村は調律師として、人として、逞しく成長していく。
そして、ピアニストの姉妹・和音(かずね)、由仁(ゆに)との出会いが、【才能】に悩む外村の人生を変えることに――。

【キャスト・スタッフ】
山﨑賢人 
鈴木亮平 上白石萌音 上白石萌歌 
堀内敬子 仲里依紗 城田 優 森永悠希 佐野勇斗
光石 研 吉行和子 / 三浦友和

原作:宮下奈都『羊と鋼の森』(文藝春秋刊)
監督:橋本光二郎  
脚本:金子ありさ  
音楽:世武裕子

エンディング・テーマ
「The Dream of the Lambs」
久石 譲×辻井伸行(AVEX CLASSICS INTERNATIONAL)

■公式サイト
http://hitsuji-hagane-movie.com/

2018年6月8日全国東宝系にてロードショー

©2018「羊と鋼の森」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください