あのコの、トリコ。

「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計発行部数100万部突破(電子ダウンロード含む)、主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼(より)が大好きなあのコ・雫(しずく)のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴(すばる)の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した白石ユキの「あのコの、トリコ。」。2018年7月より待望の続編連載も決定している大ヒットコミックが、今秋、実写映画化を果たします。

幼い頃“あのコ”と交わした「一緒に映画に出ようね!」なんて約束は、すっかり忘れたつもりだった。
でもある日、雑誌で笑っている“あのコ”の笑顔が目に入ったとたん、あの約束が蘇り……。

主人公の鈴木 頼(すずき・より)を演じるのは、『ママレード・ボーイ』や『BLEACH』など、2018年に映画出演作が7本も公開される吉沢 亮。誰もが認める美貌と演技力を兼ね備えた彼が、吉沢 亮史上最高に冴えない地味男子を見事に演じ切り、新境地を切り開く…。さらには、大好きな“あのコ”のためにかっこよく変貌していく姿を魅力全開に体現、そのギャップで観るものすべてをトリコにします。
そんな頼が一途に思いを寄せるヒロインの立花 雫(たちばな・しずく)に扮するのは、non-noモデルとして活躍する中、確かな演技力への評価が高い新木優子。ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(16/カンテレ・CX)、「トドメの接吻(キス)」(18/NTV)など話題作への出演が相次ぎ、今夏『劇場版-コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命-』の公開も控えています。
そして、頼のライバルで超人気イケメン俳優・東條 昴(とうじょう・すばる)には『キセキーあの日のソビトー』(17)や『覆面系ノイズ』(18)などで注目を集める杉野遥亮。
脚本は『今日、恋をはじめます』(12)、『クローバー』(14)などをヒットに導いてきた巨匠・浅野妙子、「最後から二番目の恋」(12/CX)、「最高の離婚」(13/CX)など数々のドラマを手掛けた期待の新鋭・宮脇 亮が満を持して映画初監督に挑みます。
この秋、恋と夢を追いかけるすべての人をトリコにする、シンデレラ・ラブストーリーが誕生しました。

出演:吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮
原作:白石ユキ「あのコの、トリコ。」(小学館「Sho-Comiフラワーコミックス」刊) 
監督:宮脇 亮 脚本:浅野妙子
制作プロダクション:The icon
配給:ショウゲート 

■公式サイト
toriko-movie.jp

2018年10月5日(金) 全国ロードショー!

©2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください