そらのレストラン

『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く、北海道映画シリーズ第三弾。
「いただきます!」毎朝元気な声が響く明るい食卓で笑い合うのは、北海道・せたな町で暮らす亘理(わたる)、妻のこと絵、一人娘の潮莉(しおり)の3人家族。海が見える美しい牧場で、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理は、大好きな家族と仲間たちに囲まれ幸せいっぱいだ。東京からやってきた若者・神戸や、札幌の天才シェフもいつしか仲間に加わり、亘理はあることを思いつく。
それはせたなの「おいしいもの」たちを、もっとたくさんの人に届けるため1日限定のレストランを開くことだった。
主演は北海道出身で、今や日本映画界に不可欠な存在となった大泉洋。共演は本上まなみ、岡田将生ら個性的な実力派揃い。監督は豊かな映像美や繊細な人物描写に定評のある、深川栄洋(『神様のカルテ』シリーズ)が務める。
『しあわせのパン』では洞爺湖を舞台に「パン」を分け合う「夫婦」を、『ぶどうのなみだ』では空知を舞台に「ワイン」の熟成と「親子」を描いてきたが、今回描かれるのは、チーズのように味わい深い仲間と家族の絆。実際にせたなで自然と共に生きる循環農業を行っている”やまの会”の人々がモデルになっている物語は、これまで以上の優しいリアリティに満ちている。
時が経てば経つほど深まっていく人間関係は、まるで熟成されたチーズの滋味に富んだ味わいのよう。人は決して一人では生きられない。”そらのレストラン”を訪れたとき、あなたもそんな大切な何かに気づくかもしれません。

大泉 洋 本上まなみ 岡田将生
マキタスポーツ 高橋 努 石崎ひゅーい 眞島秀和
風吹ジュン 小日向文世
監督:深川栄洋 脚本:土城温美 音楽:平井真美子
主題歌:「君がいるなら」スカート(PONY CANYON) 
挿入歌:「Bradford」世武裕子(PONY CANYON)/「花束にかえて」スカート(PONY CANYON)
製作:『そらのレストラン』製作委員会 企画:クリエイティブオフィスキュー
制作プロダクション:アットムービー 配給:東京テアトル

■公式サイト
sorares-movie.jp

2019年正月第二弾全国ロードショー

©2018『そらのレストラン』製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください