「Japan Content Showcase 2018」総来場者数17,675名を記録!

2018年10月22日(月)~25日(木)まで、池袋サンシャインシティ他と渋谷エクセルホテル東急他の2拠点にて、4日間開催となりましたJapan Content Showcase(JCS)が閉幕いたしました。初日は開場前からレジストレーションに長い列ができ、早朝から各ブース内にてバイヤーとセラーの盛んな商談風景が散見されました。
また今年の新たな企画「ジャパン・ナウ プレゼンテーション in TIFFCOM」では、様々な試みのうちの一つとして特別ティーチインイベント「MEET with CREATORS」を開催し、同日のTIFFCOM Welcome Partyでも注目作品の日本のクリエイターの皆様にご参加いただき、バイヤー、出展者やプレスの方々との積極的な交流が行われ、新たな海外へのネットワーキングを促進する企画となりました。
今年も出展団体数は過去最高の382団体(25の国・地域)を記録し、この4日間ののべ来場者数は17,675名(TIMM連携ライブ来場者数は含まず)。またバイヤーの実来場者数の割合が昨年は63%であったのに対し、今年は84%と向上する結果となりました。そして全体のバイヤーに対する海外からの参加バイヤー率が今年は72%(41の国・地域)も占めており、去年より増加していることから海外バイヤーのJCSへの期待が年々高まっていることが伺えます。

TIFFCOM2019の開催日程は、2019年10月22日から24日に決定!

TIFFCOM2019の開催日程が、2019年10月22日(火)から24日(木)であることを今会期中に発表させていただきました。池袋には来年、都内最大級シネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」が7月にオープンし、さらには8つの劇場を備える新複合商業施設「Hareza(ハレザ)池袋」もTIFFCOM会期中にプレオープンします。それらの施設とも連携し合い、ますますスケールアップするTIFFCOMにご期待下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください