映画妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

【イントロダクション】
株式会社レベルファイブが企画・原作を行い、国民的人気を誇る「妖怪ウォッチ」。ゲーム、アニメ、漫画、玩具…とクロスメディア展開され、瞬く間に日本中の子供たちに愛される作品へと成長しました。その人気は留まることを知らず、スクリーンでも大暴れ! 2014年から冬休み映画の定番として公開され、1作目から4作目まですべてが大ヒットし、シリーズ累計で動員1683万人、興行収入186億円を突破! 冬休みの定番作品として、人気を不動のものとしました。
そして今年も、妖怪たちが大暴れする季節がやってきました! 映画シリーズ5周年の記念作品となる
最新作『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』が12月14日(金)に公開いたします!
今回の妖怪ウォッチは「シリーズ史上、最も泣ける衝撃の妖怪ウォッチ」! 舞台は、古き良き懐かしい時
代・1960年代。今作で登場する新たな主人公・下町(しもまち)シンと、高城(たかしろ)イツキ、有(あり)星(ほし)タエの3人は、家族の魂
を救うために妖怪たちと一緒に未知なる世界を冒険します! 3人の少年少女と妖怪が織りなす<奇跡>と<友情>の物語は、子どもから大人まで全ての世代の心を震わせます!

そんな映画シリーズ5周年となる記念すべき本作に、
最強の超豪華ゲスト声優2名が参戦!!!

1人目は『信長協奏曲』、『君の膵臓をたべたい』、『銀魂』シリーズなど、大ヒット映画に出演し続け、
シリアスな役からコミカルな役まで演じ分ける国民的俳優・小栗旬。まさに人気・実力共にトップ俳優が妖怪ウォッチの世界に電撃参戦! 演じるのは、妖怪の世界の王である「閻魔(えんま)大王(だいおう)」の座を狙う敵妖怪・紫炎(しえん)。最強の力を手にして主人公たちの前に立ちはだかります!
そして2人目は、昨年最もブレイクした芸人であり、決め台詞の「35億」は「ユーキャン新語・流行語大賞2017」でトップ10を受賞、現在では女優としても活躍する大人気芸人・ブルゾンちえみ。演じるのは人の魂を奪い取る恐ろしい妖怪・玉(たま)藻前(ものまえ)。史書やお伽草子にも登場する伝説上の妖怪が、敵妖怪として登場します! 芸人だけでなく女優業にも活躍の場を広げ、この度アニメ声優にも初挑戦します!

さらに、主題歌を担当するのはなんと、東方神起!!
世界で活躍する最強アーティストが、感動の物語をさらに盛り上げます!
人気は韓国・日本だけに留まらず、アジア各国、そして欧米諸国、ヨーロッパにまでその存在を渇望され、現在では世界的に活動を行っている東方神起。そんな彼らが『映画 妖怪ウォッチ』の記念すべき5作目の主題歌を担当! エンディングで流れる東方神起の歌が、さらに感動を倍増させます…!

記念すべき映画第5弾は、絶大な人気を誇る2人のゲスト声優、
最強の主題歌アーティストの参戦により、さらにパワーアップ!!
少年少女と妖怪たちが織りなす友情の物語・・・、大人も心を震わせられる、
妖怪ウォッチ史上最も泣ける映画が、この冬、幕を開けます。

【ストーリー】
1960年代の東京・さくら元町。
貧しくも幸せに暮らしていた少年・シンは
たった一人の家族である母親を亡くし、不幸のどん底に。

そんなシンを救った少年・イツキ。
彼もまた、姉を亡くしていた。

ふたりの少年は、妖怪が見える少女・タエを仲間に加え、
シンの守護霊・スーさん、そして猫又などの新たな妖怪たちと共に、
大切な家族の魂を取り戻すため、未知なる冒険へと向かう!

そして、彼らを待ち受ける、衝撃の事実とは…!?

これは、3人の少年少女と妖怪が織りなす<奇跡>と<友情>の物語――

【キャスト・スタッフ】
下町シン:種﨑敦美
高城イツキ:木村良平
有星タエ:東山奈央
猫又:小桜エツコ
執事・臼田さん:関 智一

スーさん:檜山修之
ぬらりひょん:子安武人
酒呑童子:遊佐浩二

特別出演
小栗 旬
ブルゾンちえみ

主題歌:東方神起「大好きだった」

製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
原作:レベルファイブ
連載:月刊コロコロコミック
監督:髙橋滋春

■公式サイト
http://www.eiga-yokai.jp/

2018年12月14日全国東宝系にてロードショー

©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください