『イコライザー』京本政樹 仕事人イベント実施

京本政樹(仕事人 組紐屋竜)
US版仕事人にお墨付き!

「僕らの『必殺仕事人』シリーズが現代のハリウッドに引き継がれたかのよう」

イベント実施概要
—————————————————————————————
日程:10月16日(木)18:30〜19:00頃
場所:日本消防会館(ニッショーホール 港区虎ノ門2-9-16) 
登壇者:京本政樹 司会 :赤ペン瀧川先生
—————————————————————————————

10月25日(土)より公開となる『イコライザー』。昼はホームセンターで真面目に働く元CIAのトップエージェントのマッコール(デンゼル・ワシントン)が、夜は「仕事」請負人として町の善良な人々を苦しめる悪を完全抹消していくまさにUS版仕事人といえる本作。
そのイコライザーの仕事人ぶりを、必殺仕事人シリーズにおいて“組紐屋の竜”を演じられた京本政樹さんに採点いただくトーク付き試写会イベントが行なわれました。京本さんならではの視点とトークに、客席は大興奮となりました。
京本さん自身が作曲した。「必殺仕事人」のテーマに乗って登場した京本さんは、まず仕事人の流儀とは、につては「それぞれが職業を持っているのが特徴で、その職業を利用した武器を持ち歩いています。仕事を利用して、華麗に美しく戦う。それが流儀です」と解説。
次に採点項目「その1:イコライザーは19秒で敵を完全抹消!!」に関しては、「数秒の間で状況を把握して動く。これがキレに繋がっていますよね。98点」。「その2:イコライザーは身の周りにあるモノすべてを武器に変える!」については「僕とか中条きよしさんの作品を観たのではないですかね?(笑)ホームセンターにある、あらゆる物を使って武器にしていたシーンは感動しました!本当は100点と言いたいけど武器を持ち歩いてないので95点でお願いします」。「その3、イコライザーは、か弱き少女を助ける!」については「組紐屋の竜的には女性に言い寄られても動揺しないのが流儀。少女のために戦う主人公は、鼻の下を伸ばした中村主水さんにも見える」会場の笑い、ここは50点という辛口採点となった。しかし、総合採点では「冒頭のシーンでマッコール(デンゼル・ワシントン)が頭を剃るシーンは、中剃りのシーンを踏襲しているかのよう。ポスターも踏襲していますよね!現代においてすごくいい形でハリウッドに継いでもらったと思います。『必殺仕事人』シリーズをやらしてもらった人間としては本当に嬉しい」と90点という高得点をつけ、「イコライザー、彼はまさしくUS版の仕事人です!」とお墨付きを与えました。                                                        
『イコライザー』作品情報19秒で世の不正を完全抹消する。昼はホームセンターの従業員、夜は必殺「仕事」人
昼はホームセンターで真面目に働くマッコール(デンゼル・ワシントン)。
元CIAのトップエージェントであったが、現在は静かに暮らしている。ある夜、娼婦のテリー(クロエ・グレース・モレッツ)と出逢い、本に関する他愛のない会話を交わす内に、彼女がロシアン・マフィアに酷い仕打ちを受けていることを知る。人生に夢さえ抱けず、傷つけられるテリーを助けるため、夜、マッコールはもう一つの「仕事」を遂行する?。それは人々を苦しめる悪人を葬り、どんなトラブルも完全抹消すること。しかし、この「仕事」がきっかけとなり、ロシアン・マフィアがマッコールを追い詰めて行くが・・・『トレーニングデイ』のデンゼル・ワシントン(アカデミー賞主演男優賞受賞)とアントワーン・フークア監督の強力タッグにあわせ、クロエ・グレース・モレッツが娼婦役で共演の最新アクション・エンタテインメント。

監督 :アントワーン・フークア(『トレーニング デイ』、『エンド・オブ・ホワイトハウス』)
出演 :デンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』、『フライト』)
クロエ・グレース・モレッツ(『キック・アス』、『キャリー』)ほか

全米公開日:9月26日(金) 原題:THE EQUALIZER
■公式HP:http://www.equalizer.jp/ ■公式Twitter:https://twitter.com/equalizerjp #映画イコライザー

10月25日(土)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他全国ロードショー!

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください