吉祥寺OPEN企画!アップリンクの原点、デレク・ジャーマン監督作『BLUE ブルー』× Sisterコラボレーションアイテム発売!

Sister×アップリンク吉祥寺 コラボレーション
『BLUE ブルー』

アップリンクの初めての配給作品は、吉祥寺バウスシアターで上映した
デレク・ジャーマン監督の『エンジェリック・カンヴァセーション』です。
アップリンク吉祥寺では、原点であるデレク・ジャーマンの遺作『BLUE ブルー』を
イメージした、壁も床も天井も青一色の通路を作り、『BLUE ブルー』はもちろん、
デレク・ジャーマン監督作品の音楽を多く手掛けたサイモン・フィッシャー・ターナーによる
オリジナル音源「MUSIC FOR CINEMA LOBBY」をロビーで流します。

イメージの混沌の中で、僕は君に普遍の青を捧げよう
青、魂へと開かれた扉 無限の可能性が形となる

覚醒、瞑想、至福…“青”は観る者の心の状況によって色が違って見える。
今回のコラボレーションでは、エイズによる合併症の末期症状の為
ほぼ盲目だったジャーマンが、全編青一色の画面で
人々を誘うパーソナルな旅のような映画『BLUE ブルー』を
イメージしたコラボアイテムを発売します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【商品概要】
Sister×『BLUE ブルー』コラボアイテム

※青色のアイテムは全て吉祥寺限定
発売日:2018年12月14日(金)より

■『BLUE ブルー』フーディ 9,504円(税込)
左胸に「BLUE」の刺繍、右腕に「into the blue」、左腕に『BLUE ブルー』の腕章をプリント。
カラー:黒・グレー・青(青は吉祥寺限定)
サイズ: S/L

■『BLUE ブルー』Poster Tシャツ 5,184円(税込)
青地に青のロゴをあしらった、『BLUE ブルー』公開時のポスタービジュアルをプリント。
カラー:黒・青(青は吉祥寺限定)
サイズ: S/L

■『BLUE ブルー』刺繍Tシャツ 5,184円(税込)
左胸に「BLUE」の刺繍、右腕にデレク・ジャーマン監督の影が映る『BLUE ブルー』イメージカットをプリント。
カラー:黒・青(青は吉祥寺限定)
サイズ: S/L

■「into the blue」刺繍Tシャツ  5,184円(税込)
左胸に「into the blue」の刺繍、右腕に青いプリントをあしらいました。
カラー:黒・青(青は吉祥寺限定)
サイズ: S/L

====================================
▼取り扱い店舗▼
====================================

◎アップリンク吉祥寺
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1吉祥寺パルコ地下2階
営業時間 9:30 ~ 21:00
https://joji.uplink.co.jp

◎Sister
東京都渋谷区松濤2-13-10 1F
03-6407-1285
営業時間 12:00 ~ 20:00
http://sister-tokyo.com

====================================
▼取り扱いオンラインショップ▼
====================================

◎Sister ONLINE
http://sister-tokyo.com

====================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【デレク・ジャーマン特集上映開催決定!!!】

アップリンクの原点ともいえる作品を一挙上映
「デレク・ジャーマン レトロスペクティヴ2019」

大胆で激しく、残酷なまでに美しい——
天才デレク・ジャーマンの世界が今、スクリーンに甦る

上映作品:『ザ・ガーデン』『エドワードⅡ』『ヴィトゲンシュタイン』『BLUE ブルー』

2019年夏、アップリンク吉祥寺、アップリンク渋谷ほか、全国順次公開予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【作品紹介】

『BLUE ブルー』(1993年/75分/イギリス・日本)

映画史上最もミニマルで美しい究極の映画。始めから終わりまで
青一色の映画『BLUE ブルー』は、デレク・ジャーマン最後の作品で、
フランスの画家、イヴ・クラインに捧げた映画である。
“青”は観る者の心の状況によって色が違って見える。
覚醒、瞑想、至福…。『BLUE ブルー』は、溢れ出す奔流というよりは、
静かに澄み渡り、穏やかな、包まれた湖のような作品であり、
観客全員がそれを分かち合うために招待された、パーソナルな旅なのである。

監督・脚本:デレク・ジャーマン
音楽:サイモン・フィッシャー・ターナー
演奏:ブライアン・イーノ、モーマス、ヴィニ・ライリー、ミランダ・セックス・ガーデン、コイル
声の出演:デレク・ジャーマン、ティルダ・スウィントン、ナイジェル・テリー、ジョン・クエンティン

【プロフィール】

■デレク・ジャーマン
1942年1月31日イギリス生まれの映画監督、舞台デザイナー、ダイアリスト、庭師、作家。
長編第一作『セバスチャン』を75年に発表、以後『ジュビリー』『テンペスト』を
それぞれのカンヌ映画祭、ベルリン映画祭に出品。
マーク・アーモンド、スミス、ペット・ショップ・ボーイズらのプロモーション・フィルムを手掛ける。
86年、『カラヴァッジオ』がベルリン映画祭でプレミア上映され高い評価を得、
翌年『ラスト・オブ・イングランド』が公開。この作品は、LA批評家賞を受賞した。
88年には、ベンジャミン・ブリテンの作品を元にした『ウォー・レクイエム』を監督。
90年、『ザ・ガーデン』を製作。92年、『エドワードⅡ』を発表し、
ヴェネチア国際映画祭ではティルダ・スウィントンが主演女優賞を獲得し、
ベルリン映画祭では国際批評家賞を受賞。
以後、93年に『ヴィトゲンシュタイン』『BLUE ブルー』を発表。94年2月19日逝去。52歳。

■サイモン・フィッシャー・ターナー
音楽家。ザ・ガジェッツなどのグループ活動を経て、
1987年に「キング・オブ・ルクセンブルグ」名義でアルバムをリリース。
並行して、デレク・ジャーマンの映画『カラヴァッジオ』などのサウンドトラックを制作する。
1990年、実名をアルバム名とした『サイモン・フィッシャー・ターナー』を発表。
ソロアルバムや映画音楽で展開するサウンドの出発点となる。
執拗なサンプリングや音の断片のコラージュ、
無国籍なアンビエント・ミュージックを特徴とする。
現在も、積極的な創作活動をおこなっている。
http://www.simonfisherturner.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください