耳を腐らせるほどの愛

脚本は、NON STYLEの石田明!主演は、映画初主演となる相方の井上裕介!
絶大な人気を誇る実力派漫才コンビが最強タッグを組む!

物語の主人公は…すでに死んでいた――!?そして!なんと、その死体が語り始める――!!
緻密に計算し尽くされた漫才のネタ作りを一手に担う石田が得意とする会話劇の妙やクセのある登場人物たちが複雑に絡み合い、
次々と波乱が巻き起こる怒涛の展開…さらには、大どんでん返しの驚きの結末が!!
『ラブ』×『ミステリー』×『コメディー』の要素を存分に盛り込んだ――笑って、笑って、泣ける、今までにない“ラブコメ”ムービー!

無人島のホテルで、ある男の死体が見つかった。合宿でやってきていた『たとえ話サークル』の部長・鈴木鈴吉。
鈴木は、ガラス製の大きな灰皿で何者かに殴られたと見られた。偶然居合わせた探偵の真壁は、ホテルの宿泊客の誰かが殺したと見て、捜査を始める。
その様子を見て、「僕は愛されすぎた。死んだのは、自業自得だ」と意味深に語る死体の鈴木。
探偵が事情聴取をすると、鈴木がサークルの女子たちと複雑すぎる関係だったことが判明する。
しかも、鈴木はサークルのメンバーですら知らない謎の女まで無人島に連れてきていた。罵りあいが始めり、次第にエスカレートしていく女たちの激しいバトル!
さらには、自殺志願者の女、正体不明の男などが次々と現れ…事態は滅茶苦茶に!!
11人が巡り会ったのは偶然か必然か…1人の男の死をきっかけに巻き起こる、ドタバタ劇の行方は…はたして――!?

監督:豊島圭介
脚本:石田明(NON STYLE)  
出演:井上裕介(NON STYLE)

©2018吉本興業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください