ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

サンダンス映画祭2018SXSW映画祭2018正式出品

ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。
元バンドマンの父と、LAの医大を目指す娘。やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断。

【ストーリー】
二人でひとつの人生から、それぞれの人生へーー 今夜“たびだち”のライブ開催します!

元ミュージシャンのフランク(ニック・オファーマン)はブルックリンで17年営んでいたレコードショップをこの夏に閉めることにした。シングルファーザーとして娘サム(カーシー・クレモンズ)を育て、成長したサムはLAの医大へ通う事が決まっていた。ある日ふたりでレコーディングしSpotifyにアップロードしたその曲は瞬く間に拡散され、たくさんの人の耳に届くことになる。フランクにとっては急に未来の扉が開かれた気分になるが、サムには恋人(サッシャ・レイン)や進学など、向き合わなければならない人生の課題は山積みだ。夏は終わりに近づき、フランクもサムも決断を迫られる。二人が新たな人生に一歩踏み出すために。 身体を動かしたくなるようなリズムが耳に残る極上のサウンドトラックと、ブルックリンの街並みを背景に、夢に向かって走り出す娘と、その背中を押す父との心温まるハートフルな物語は昨年のサンダンス映画祭やSXSW映画祭で話題となり、いよいよ日本公開となります!

【作品情報】
監督/脚本:ブレット・ヘイリー
オリジナルソング・音楽:キーガン・デウィット
出演:ニック・オファーマン/カーシー・クレモンズ/トニ・コレット/テッド・ダンソン/サッシャ・レイン/ブライス・ダナー

2018年/アメリカ/英語/97分/日本語字幕:神田直美/原題:HEARTS BEAT LOUD

6/7(金)より全国順次公開

【公開劇場】
ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマカリテ、MOVIX仙台、MOVIX三郷、ミッドランドスクエアシネマ、シネ・リーブル梅田、なんばパークスシネマ、京都シネマ、シネ・リーブル神戸、KBCシネマ、宮崎キネマ館

© 2018 Hearts Beat Loud LLC 提供:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給:カルチャヴィル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください