特別総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』 大ヒット御礼舞台挨拶

1974年10月より読売テレビ系列でテレビアニメーションが放送されたのち、日本全国にブームを巻き起こし、現在まで続く日本のアニメーション文化の礎とも言える「宇宙戦艦ヤマト」。
本年2014年は、「宇宙戦艦ヤマト」のテレビシリーズ第1作からちょうど40年を迎えます。
この“ヤマト40周年”を記念して、「宇宙戦艦ヤマト2199」の完全新作劇場映画となる、『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が12月6日(土)に公開いたします。

12月公開の新作に先駆け、初の5.1chサラウンド、TVシリーズ全26話に新規カット&新規収録ナレーションが追加された、ヤマトの旅路を古代進視点で振り返る特別総集編「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」が(10月11日(土)より順次)大ヒット上映中です。

この度、10月18日(土)に「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」の大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。沖田十三艦長役を務める菅生隆之、スターシャ・イスカンダル役の井上喜久子に加え、エンディング主題歌「BLUE」を担当した水樹奈々が登壇し、主題歌に込めた思いを語りました。

完全新作劇場映画:『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』
12月6日(土)全国ロードショー
(c)西崎義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

特別総集編:『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』
10月11日(土)全国順次イベント上映
(c)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください