サタデー・フィクション

『ブラインド・マッサージ』『二重生活』で知られる、中国の名匠ロウ・イエ監督の 1940 年代上海を舞台とした新作「サタデー・フィクション」がヴェネチア国際映画祭のコンペに出品されることが決定しました。
主演は、中国を代表する女優コン・リー(『2046』『さらば、わが愛/覇王別姫』『紅いコーリャン』)。共演は、ドイツからトム・ヴラシア(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、フランスからパスカル・グレゴリー(『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』)、台湾から国民的人気俳優のマーク・チャオなど国際色豊かなインターナショナルキャストが並び、日本からはキューバとの共同制作作品『エルネスト』に主演するなど、国際的な活躍が目覚ましいオダギリジョー、そして国外の映画には初出演となる、NHK朝のテレビ小説『花子とアン』で注目された中島歩が出演ています。

■原題・英題
原題:蘭心大劇院/英題:SATURDAY FICTION

監督:ロウ・イエ
出演:コン・リー、オダギリジョー、中島歩、トム・ヴラシア、パスカル・グレゴリー、マーク・チャオ
原題:蘭心大劇院
英題:SATURDAY FICTION
配給・宣伝:アップリンク

2020年公開

©YINGFILMS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください