神さまの言うとおり 11/15 公開

<イントロダクション>
監督:三池崇史×主演:福士蒼汰
究極の恐怖、緊張、理不尽が学校を包み込む。
大ヒットデスゲーム漫画を禁断の実写映画化!!

退屈だった日常が、「生」をかけたゲームになる――。

平凡な日常を過ごしていたはずの高校生・高畑瞬。
何の前触れもなく、彼らは命を賭けた謎のゲームへと巻き込まれる。
逃げ出すことは出来ない。生きたければ……、立ち向かうしかない!

2011年3月号から「別冊少年マガジン」(17万部/講談社)にて連載が開始された本作『神さまの言うとおり』は、その衝撃的な展開と絶妙な緊迫感から着々とファンを増やし、その人気を受け「週刊少年マガジン」(136万部/講談社)に移籍。現在『神さまの言うとおり 弐』として好評連載中です。コミックスも版数を増やし、今後さらなる盛り上がりが期待できる本作を、先駆けて実写映画化。

映画のコンセプトは、巻き込まれ型のジェットコースタームービー。
『神さまの言うとおり』の魅力は、突如巻き込まれることによる恐怖感や不条理感、次々とやってくる課題に「負ければ死」という緊迫感、そして黒幕の正体が分からない謎です。この三つにより『神さまの言うとおり』は、他のデスゲーム漫画の追随を許さない独特の世界を作り出しています。
さらに映画版では、原作にはないオリジナルのゲームを描き、原作ファンも新鮮な気持ちで楽しめる内容となっています。

過去のデスゲーム映画を超える圧倒的緊迫感、恐怖感、不条理感を描き出してジェットコースタームービーの金字塔を目指します!

<ストーリー>
退屈な日常にうんざりしている高校生・高畑瞬(福士蒼汰)。ところがある日、突如として教室に現れたダルマさんが、命をかけた授業の始まりを告げる。ダルマ、まねき猫、コケシ、シロクマ、マトリョーシカ・・・・。
動き、しゃべる、愛くるしくて不気味な彼らから次々と出される課題をクリアしなければ即、死。
これは遊び? 何の為に? 神の子とは?
瞬をはじめ生き残った高校生たちを待っていたものとは・・・・?

sub1

【キャスト・スタッフ】
福士蒼汰
山崎紘菜 染谷将太 優希美青/大森南朋 リリー・フランキー
神木隆之介

監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
原作:金城宗幸 ART:藤村緋二(講談社「週刊少年マガジン」連載)

全国東宝系にてロードショー

公式サイト :http://www.darumasanga.com/

©2014「神さまの言うとおり」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください