おやすみなさいを言いたくて 12/13 公開

2013年モントリオール世界映画祭審査員特別賞受賞・エキュメニカル審査員賞スペシャルメンション
2013年ノルウェー映画批評家協会賞 作品賞・功績賞(撮影)受賞
2013年シカゴ国際映画祭設立者賞受賞
2014年ノルウェー国際映画祭 アマンダ賞作品賞他7部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・撮影賞・編集賞・音楽賞)ノミネート

【愛する家族か、使命ある仕事か。究極の「人生の選択」に世界中が涙した!今を生きる全ての女性へ贈る、心揺さぶる感動作】

『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞(R)助演女優賞を受賞し、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの三大映画祭でも女優賞を制覇するなど、世界が認める女優ジュリエット・ビノシュの最新作。母として、妻として、報道写真家として、ひたむきに生きる女性を熱演する。監督はノルウェー出身のエーリク・ポッペ。元報道写真家という異色の経歴を持ち、自らの実体験に基づく物語として誕生した本作は、仕事と家族とのあいだで葛藤する主人公の愛と苦悩をリアルに描く。今を生きる全ての女性を感動で包み込み、2013年モントリオール世界映画祭などで多数の賞を受賞した話題作。

【「おやすみなさい」のひとことに込められた想い。
それは母として、そして世界中の人たちの幸せを願うものだった。
<家族の絆>が問われたとき、その想いは届くのか―?】

紛争地帯をはじめ、世界の抱える問題の真実の姿を写真にとらえる―。主人公レベッカを突き動かすのは、名誉や報酬だけではない、「誰にも気づかれない現実」を皆に知らせたいという、使命感に近い想いだった。
それに導かれるようにひたむきに生きる彼女が、生死にかかわる事故にあったことである転機を迎える。「君の生き方を愛している」といってくれた優しい夫、そして彼に任せきりにしていた娘たちと、遠い距離をへだてていても強い絆で結ばれていると思っていた。しかし一家は、レベッカの想像以上に彼女の身を案じて気疲れ、やがて彼女の無謀さに反感すら覚え始めていたのだった。
数々のセリフが繊細に紡がれ、原題に引用された「A Thousand Times Good Night」=「何千回ものおやすみを」というシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の愛の言葉が、家族と世界への愛に引き裂かれるレベッカの姿に重ねられる。
死が身近な中東やアフリカの紛争地帯と、幸せな家族の象徴である平穏なアイルランドの海辺の家は鮮やかなコントラストを描きだし、美しい映像と音楽に彩られた、究極の人生の選択を描く<家族の絆>の物語が生まれた。

原題・英題 :A Thousand Times Good Night

監督:エーリク・ポッペ『卵の番人』(撮影)音楽:アルマン・アマール『オーケストラ!』
出演:ジュリエット・ビノシュ、ニコライ・コスター=ワルドー、ラリー・マレン・ジュニア
2013年/ノルウェー・アイルランド・スウェーデン/118分/カラー/スコープサイズ   
後援:ノルウェー王国大使館 
配給:KADOKAWA
宣伝:オデュッセイア、ミラクルヴォイス

© paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013
PHOTO © Paradox/Terje Bringedal

12月13日(土)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

公式サイト :oyasumi-movie.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください