新宿にタートルズの秘密基地が出現!?世界中のアーティストによる「タートルズ・アート・コレクション展」開催!

————————————————————————————————
新宿にタートルズの秘密基地が出現!?
ここでしか見られない有名アーティストによるタートルズアートを特別展示!
会場に潜むタートルズをみつけてスペシャルキャンペーンに応募しよう!
「タートルズ・アート・コレクション展」開催!
————————————————————————————————
90 年代に世界的にアニメ、ゲーム、映画など一大ブームを巻き起こし、世代を超えて愛され続けてきた「ミュータント・タートルズ」が、まったく新しいアクション・アドベンチャー超大作として生まれ変わる映画『ミュータント・タートルズ』(2月7日(土)公開/パラマウント配給)。全米公開2週連続No.1を皮切りに世界42ヵ国でNo.1の大ヒットを受け2016年には続編公開も決定し、まさに”カワバンガ!”(=やったぜ!行くぞ!すごい!等の意味のタートルズの合言葉)な勢いの本作。

この度、1月24日(土)より新宿ピカデリーにて、世界で活躍する有名アーティスト総勢34名による、映画『ミュータント・タートルズ』の世界観をモチーフに独自に制作したインスパイア・アート、そしてタートルズのお宝レアグッズを展示する「タートルズ・アート・コレクション展」の開催が決定しました。

「タートルズ・アート・コレクション展」ではタートルズたちが住む地下の秘密基地をモチーフに設営された特別スペースに、全世界総勢43名のアーティストが参加した「タートルズ・アート・コレクション」の全イラストを展示。12月1日からWEB特設ページにて全イラストの中から「カワバンガ!(=すごい!)」と思う作品に投票するキャンペーンを実施しており、これまでにのべ約5万カワバンガ!の投票があった。この投票数は配給パラマウントが過去に実施した映画キャンペーンの中でも類を見ない数であり、本作への注目度の高さが伺える。そのイラストが実際に展示される唯一の機会となる「タートルズ・アート・コレクション展」は非常に貴重な機会となる。

タートルズ・アート・コレクションに日本代表として参加したのは、Newsweek日本版にて「世界が尊敬する日本人100」に選出され、GAPやペプシ、VISA CARDなど大手企業の広告イラストを手掛けるNY在住のイラストレーター清水裕子さん。日本代表として参加したことについて清水さんは「私はタートルズを見て育った世代よりは少し上なのですが、こちらアメリカでは皆これを見て育ったという有名シリーズなので、知人友人のアーティストにずいぶんうらやましがられました! 友人で尊敬するTomer Hanuka(イスラエル)なども参加しているプロジェクトなので、制作にはかなり気合いが入りました。」と企画に掛けた意気込みを語り、「ミュータント・タートルズ」からはどのようなインスピレーションを受けて作品を表現したかということに対しては「リサーチをかなり念入りに行いました。友人知人がいろいろ情報を提供してくれて、大分助けられました。最終的には、日本の浮世絵、妖怪画からインスピレーションを受けて、モダンでもあり、古風でもある、と言った感じの現代浮世絵を目指して制作させていただきました。」と独特の日本らしさを魅せるタートルズを描いた自身の作品制作について語っている。

その他、会場ではタートルズファンならその目に焼きつけておきたいタートルズのお宝レアグッズの展示も決定!また、イラスト系SNSサイトpixivにて開催された「ミュータント・タートルズ 映画公開記念イラストコンテスト」へ投稿された、タートルズ愛にあふれた様々なイラストも会場で閲覧することができる。

さらに、来場するお客さんに心から楽しんでもらうため、タートルズの4人がどこかに身を潜めて、こっそりパトロールを実施!無事に任務を遂行している4人をみつけて写真を撮影し、ハッシュタグ 「#タートルズ発見」 をつけてTweetしてくれた方の中から抽選で10名様に、2月2日(月)のジャパンプレミアにご招待するというスペシャルキャンペーンも。
(プレミアご招待キャンペーンは1月26日締切)

タートルズの世界にどっぷり浸れる「タートルズ・アート・コレクション展」は2月13日(金)まで開催。
————————————————————————————————
◆「タートルズ・アート・コレクション展」概要

日程:1月24日(土)~2月13日(金)
場所:新宿ピカデリー1F

◇世界中のアーティストがタートルズにインスパイアされて各々のタートルズを描いた
「タートルズ・アート・コレクション」全34作品の展示
◇タートルズお宝レアグッズ、スタジャン、フィギュア、アイマスクなどの展示
◇pixivのイラストコンテストで応募された260作品をモニターにて閲覧

※1/24(土)~1/26(月)の展示初日含む三日間の期間限定中、「#タートルズ発見」のタグを付けて展示作品の写真と共にTweetした人の中から抽選で10名に2/2(月)に行われる映画『ミュータント・タートルズ』ジャパンプレミアにご招待!

・「タートルズ・アート・コレクション」特設ページ:http://turtles-cp.com/TurtlesArtCollection/
・pixiv「ミュータント・タートルズ 映画公開記念イラストコンテスト」特設ページ:http://www.pixiv.net/contest/turtles

注意事項:
※本イベントにつきまして、新宿ピカデリーへの電話・メールでのお問い合わせはご遠慮ください
※プレミアご招待キャンペーンは1月26日(月)締切です
————————————————————————————————
※「タートルズ・アート・コレクション」とは

特設ページ:http://turtles-cp.com/TurtlesArtCollection/
投票期間 12月1日(月)~2月26日(木)

世界14カ国から34名のアーティストが参加し、映画『ミュータント・タートルズ』の世界観をモチーフに独自のインスパイア・アートを制作したプロジェクト。
日本代表として参加したのは、Newsweek日本版にて「世界が尊敬する日本人100」に選出され、GAPやペプシ、VISA CARDなど大手企業の広告イラストを手掛けるNY在住のイラストレーター清水裕子さん。他にもケイティ・ペリーやマイリー・サイラスといった人気歌手から圧倒的な支持を得るザック・クレイン(米)や、U2、オアシスなどのバンドポスターやエアロスミスなどのアルバムジャケットのイラストで注目を浴びるジム・エヴァンズ(米)、「世界のベスト・イラストレーター200人」に4度も選出された経歴を持つソニア・スハリヤン(露)など、名だたるアーティストが参加。

作品はすべて12月1日(月)より特設ウェブサイト上で閲覧が可能で、イラストの中からユーザーが「カワバンガ!(=すごい!)」と思う作品に投票。上位10作品への投票者の中から抽選でイラストをプリントした、全世界ここでしか手に入らない超レアTシャツをプレゼント。

1月20日現在、約50,000件の投票がある。
————————————————————————————————
日本代表 清水裕子(日本) Yuko Shimizu バイオグラフィー:

ニューヨーク市を拠点にする日本人イラストレーター。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ(SVA)講師。2009年、「ニューズウィーク・ジャパン」誌上で「世界が尊敬する日本人100人」のひとりに選ばれる。2011年、初のセルフタイトルのモノグラフを独・Gestalten社から出版。2013年4月には、初の児童書『Barbed Wire Baseball』(作:Marissa Moss)をAbrams社から刊行。
過去10年間にわたり、誰もが目にしたことのあるような作品を多数手がけてきた。GapのTシャツ、ペプシの缶、ビザカードのビルボード広告、マイクロソフトやターゲット広告、ペンギンやスカラスティックやDCコミックの本の装丁、「ニューヨーク・タイムズ」「タイム」「ローリング・ストーン」「ニューヨーカー」等の新聞・雑誌記事など。
裕子にとってイラストは第2のキャリアである。昔からアートは好きだったが、最初はもっと現実的な進路を選び、早稲田大学で広告・マーケティングを専攻したのち東京で企業の広報の仕事に就いた。だがどうしても満足できなかった裕子は11年間会社勤めをした結果、自分が本当にしたいことは何かを悟り、人生最大の賭けに出る。1999年、子どもの頃しばらく住んだことのあるニューヨークに移り住み、初めてアートの勉強を始める。2003年、SVAの「ビジュアルエッセイとしてのイラスト」プログラムを修了して美術修士号を取得。以来、イラストの仕事をすると同時に、母校で後進の教育にもあたる。マンハッタンのミッドタウンにスタジオをもつ。世界各地や米国内の各都市で活発に講演やワークショップを行っている。  http://yukoart.com/
————————————————————————————————
『ミュータント・タートルズ』作品情報

世界42カ国No.1大ヒット!
『トランスフォーマー』シリーズの”破壊王”マイケル・ベイが贈る
<カメ>で<ニンジャ>なヤツらの超絶アクション・アドベンチャー!!

【Introduction】
『トランスフォーマー』の<破壊王>マイケル・ベイによるド派手×ド迫力×ド肝を抜く超絶アクション・アドベンチャー!
タートルズの勇気と絆に想定外の泣き笑いの大感動!クセになる面白さ!
80年代に誕生して以降、アニメ、ゲームと様々なエンターテイメントを席巻し、世界中で大ブームを巻き起こしたミュータント・タートルズ。世代を越えていまもなお愛され続けているタートルズが2014年、最先端のVFXで本格的な実写映画化が実現、4人のタートルズがニューヒーローとして生まれ変わった!正義感が強くマジメなリーダーのレオナルド、お調子者でムードメーカーのミケランジェロ、ワイルドな特攻隊長のラファエロ、ITメカオタクの頭脳派ドナテロ。彼らの魅力であるコミカルなキャラクターはそのままに、アクの強い個性が強烈にパワーアップ!さらにヴィジュアルも大胆にリニューアル、インパクト絶大なキモカッコよさは、一度見たらハマること間違いなし!製作を務めるのは、『トランスフォーマー』シリーズで爆発的ヒットを記録し続けているマイケル・ベイ。驚愕の映像技術と、破壊王の名を誇るダイナミックなアクションセンスを本作にも惜しげなく投入した。ド派手×ド迫力×ド肝を抜く超絶アクションシーン!ノンストップの大乱闘に大興奮するうちに、やがてこみ上げてくるのは、予感もしなかった大感動!正義、勇気、知性、情熱で結ばれた、<カメ>で<ニンジャ>な4人の兄弟たちの固い絆に、日本中が熱狂する!2015年を最高に楽しくするエンターテイメント超大作が完成した。

【Story】
甲羅より固い絆で結ばれた4人のタートルズは、ニューヨーク最大の危機を救えるのか?
ニューヨークは、犯罪と暴力で壊滅的な危機にあった。平和と正義を取り戻すため、市民は本当のヒーローの出現を待ち望んでいた。そんなとき、悪の手から人々を守る何者かが現れた。夜の闇に巧みに隠れて、その正体はわからないヒーローたち。チャンネル6のTVレポーター、エイプリル(ミーガン・フォックス)はある夜、闇のヒーローの大スクープ写真をカメラに収めることに成功。ヒーローの正体はなんと4人のカメ(=タートルズ)だった!タートルズのパワーを利用しようとする犯罪組織の企み。タートルズの出生の謎と衝撃の真実のカギを握るエイプリル。そんな中、ニューヨークを壊滅させる恐るべき計画が進行していく――。

【予想外の感動が待ち受ける! 『ミュータント・タートルズ』の楽しみ方!!】
驚:ド迫力アクションの連続!臨場感満点の映像に驚く!
アクションの天才であるマイケル・ベイが製作しているだけに、雪山でのバトルやチェイスシーンは度肝を抜くスケール感と迫力!!

泣:兄弟愛・友情・師弟愛、たくさんの絆に泣く!
幼少期から一緒に育ったタートルズは、その絆も強力。仲間がピンチの時は自分を犠牲にする覚悟もある。さらに、師匠やエイプリルとの間にもドラマチックな展開があり、油断していると涙腺を刺激される!?

謎:エイプリルだけが知っている!?タートルズ誕生の秘密が明らかに!?
彼らが何故、世界を救う隠れたヒーローになったのか?出生の謎と衝撃の真実のカギはエイプリルだけが握っていた。本作では、TVレポーターのエイプリル役をミーガン・フォックスが熱演!

『ミュータント・タートルズ』 製作:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー』シリーズ)  
監督:ジョナサン・リーベスマン(『タイタンの逆襲』、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』)
脚本:ジョシュ・アッペルバウム&アンドレ・ネメック(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』) 
原作:ケビン・イーストマン&ピーター・レアード
出演:ミーガン・フォックス、ウィル・アーネット、ウィリアム・フィクトナー、ウーピー・ゴールドバーグ
全米公開:8月8日 原題:Teenage Mutant Ninja Turtles www.TURTLES-movie.jp
————————————————————————————————
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
————————————————————————————————
2月7日(土) 全国ロードショー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください