『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 命がけの生身アクション披露! トム・クルーズ6分以上の息止め潜水アクション 日本だけに特別許可された最新予告映像解禁!

映画史上最高のスパイ、不可能を可能にする男
イーサン・ハントに、史上最難関なミッションが発令される!
 
パラマウントピクチャーズの超人気シリーズ『ミッション:インポッシブル』の最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(原題:『MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION』/日本公開:8月7日(金)。先日、トム・クルーズ自身による<不可能を可能にした>地上約1500m、時速400kmの軍用飛行機にしがみつき空中で繰り広げられる前人未到のアクションが大きな話題を呼んだが、トム自身による驚愕の潜水アクションシーンが解禁された。

この潜水シーンはイーサン・ハント率いるIMFの最強の敵、謎の無国籍スパイ組織「シンジケート」を潰すための重要な作戦の一つ。トムは撮影のために数週間もかけプロの水中パフォーマンストレーナーから呼吸トレーニングを学んだ。さらにインタビューで「随分前からクリストファー・マッカリー監督とともにスリル満点の潜水シーンをノーカットで撮影したいと考えていたからとても面白かったよ。6分から6分半の間、息を止めてトレーニングをしたけど、とてもハードだった。」と語る。この予告編にはその他にも、トム・クルーズ自身による軍用飛行機での超絶アクションやモロッコでの迫力あるバイクチェイスや壮絶なカーアクションなどが次々と起きる。また、美しいイエローのドレスをまとった謎の美女イルサ(レベッカ・ファーガソン)のウィーンのオペラハウスでのアクションも見せ場だ。

さらに、この最新予告編はトム・クルーズが日本だけに特別に許可したものであり、世界を舞台に活躍する<サムライ・ギタリスト>のMIYAVIがテーマ曲をアレンジし手がけた「Mission: Impossible Theme」が使用されている。

『ミッション:インポッシブル』は過去4作品までパラマウント映画で製作され、全世界興収が約22億ドル(約2,640億円 ※1ドル=120円換算、以下同じ)を超える空前の大ヒットシリーズ。前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011年)では全世界6億9400万ドル(約832.8億円)を稼ぎ、トム・クルーズ自身の最大ヒットを記録している。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』は8月7日(金)より全国公開。

◆ 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ストーリー

超敏腕スパイ:イーサン・ハント率いるIMFは無国籍スパイ「シンジケート」の暗躍により、またしても解体の窮地に追い込まれてしまう。イーサンはこの最強の敵にどう立ち向かうのか?誰が敵か味方かわからない中、究極の諜報バトルが繰り広げられる。史上最難関のミッションをコンプリートできるのか!?イーサンの究極の「作戦」とは?

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
原題:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION 日本公開:2015年8月7日(金)、全米公開:2015年7月31日(金)
監督:クリストファー・マッカリー『アウトロー』監督、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ユージュアル・サスペクツ』脚本
出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント)、ジェレミー・レナー(ウィリアム・ブラント/『ハート・ロッカー』)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン/『スター・トレック』シリーズ)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト/『ヘラクレス』)、ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル/『MI』シリーズ)、ショーン・ハリス(『プロメテウス』)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンレー(CIA長官)/『レッド・オクトーバーを追え!』)
公式HP:http://missionimpossiblejp.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/missionimpossibleJPN
公式ツイッター:Twitter:https://twitter.com/MImovie_jp (#mijp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください