レイジー・ヘイジー・クレイジー (同班同學) 第28回東京国際映画祭 アジアの未来

トレイシーとクロエとアリスは18歳の高校生。3人は大の仲良しでいつも一緒。クロエとアリスは援交で金を稼いでいるが,トレイシーは未だにヴァージンだ。アリスの両親はどこかへ行ってしまっていて,一人で住んでいる。それが彼女を援交に走らせているのかもしれない。そんな3人の恋愛,嫉妬,裏切りを,女性監督ならではの感性で描き出した陸以心のデビュー作。

陸以心は彭浩翔作品で脚本を担当してきた俊英で,確かに彭浩翔映画のテイストがそこここに見られる。援交が描かれるため際どいヌードシーンやからみシーンも多々あるのだが,そこをサラリとカラリと描いてしまうのが気持ちいい。ただ,女性特有の裏切りは強烈で,そこがこの映画を暗くしているように思える。私の好みとしては,もう少し瑞々しい輝くような青春を描いてくれる方が好みなのではあります。全篇を通してメリハリが不足していて,ちょっと平坦なようにも思えるし,色々なエピソードに今ひとつ練りが足りないかなとも思われました。

© Sun Entertainment Culture Limited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください