バースデーカード

天国に旅立った母が20歳まで娘に送り続けた、愛の手紙。

幼い子供たちを残し、天国に旅立った母の約束。
それは、未来の娘たちに向けて毎年バースデーカードを贈ることでした。
娘が20歳(おとな)になる、その日までー。

手紙を通し、様々な困難や新しい出会いに直面していく娘・紀子を演じるのは橋本愛。
紀子が10歳の時に若くして病死し、手紙を書き残す母・芳恵に宮ざきあおい。そして、家族を大きな愛で包む紀子の父・宗一郎にユースケ・サンタマリア、紀子の弟・正男に須賀健太と、個性豊かな実力派俳優が集結し、この秋スクリーンで観る者の心を温かくし、爽やかに涙する映画が誕生しました。

<物語>
“21世紀のキに、子どもと書いて紀子。いま、この時代に、確かに私という人間が存在した、という意味を込め、パパが付けてくれた名前です。小学生時代のあだ名は「泣き虫のりこ」。引っ込み思案な性格で、クラス対抗のクイズ大会では、パパとママ、弟の正男と家族総出で協力してくれたのに、勇気が出せず一問も答えられませんでした。落ち込む私をいつも励ましてくれるのがママでした。優しくて、明るくて、そんなママのことが大好きでした。このままずっと隣にいて安心させてくれる、と当たり前のように思っていました。10歳の誕生日までは・・・。ママは病気に勝てず天国に行ってしまったのです。ママと過ごす最後の年になってしまった10歳の誕生日。ある約束をしました。それは20歳を迎えるまで私たち姉弟に毎年手紙を贈ること―。そして翌年、母がいない11歳の誕生日に、本当に手紙が届きました。“11歳ののんちゃんへ これからのんちゃんが20歳になるまで、毎年手紙を贈るので楽しみにして下さい”12歳の手紙には美味しいお菓子のレシピが書いてあり、クラスの人気者になれました。13歳は学校をさぼって映画鑑賞のススメ、14歳はなんとキスの手ほどき! 17歳の時には、初めてママの故郷・小豆島に行き、中学生時代のママを知ることに。行動力があって、私とは大違い。本当に同じ遺伝子が入っているのか心配になるくらい・・・。19歳の手紙には驚きました。 “・・・実は昨日ママとパパは喧嘩をしました。原因はママが手紙を破り捨てたからです”19歳の私がどんなことに悩み、どんなことで苦しんでいるのか? 何を書いてあげたらいいのかがわからない、といつも元気なママが苦しんでいたのです。一言だけでもいいから書いて欲しいというパパの気持ちを汲み、素直な気持ちを綴った手紙でした。そんなママの思いを知り、涙がとめどなく溢れるのでした。こうして、私に残された手紙はあと1通になりました。20歳を迎える最後の手紙。そこに綴られていたのは、初めて知るママの真実。そして、世界一しあわせなサプライズが待ち受けていたのです!

橋本 愛 ユースケ・サンタマリア / 宮﨑あおい
須賀健太 / 中村 蒼 / 谷原章介 木村多江 安藤玉恵 黒田大輔 清水 伸 田中 圭 洞口依子

監督・脚本:𠮷田 康弘 主題歌:「向日葵」木村カエラ(ELA / ビクターエンタテインメント)

■公式サイト
http://www.birthdaycard-movie.jp/

2016年10月22日丸の内TOEIほか 幸せの涙あふれるロードショー

©2016「バースデーカード」製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください