ブルーに生まれついて

1950年代のウエストコースト・ジャズシーンを代表するトランペッター、チェット・ベイカー。
ジャズ界のジェームズ・ディーンと呼ばれた甘いマスクとソフトな声で多くのファンを熱狂させていたが、麻薬に身を滅ぼし、過酷な日々を送っていた。
しかしある女性と出逢ったことをきっかけに、愛と償いの機会を模索する―

■原題・英題
BORN TO BE BLUE

■公式サイト
http://borntobeblue.jp/

2016年11月26日 Bunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿他全国公開

■クレジット
© 2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited. ALL RIGHTS RESERVED.

昨年の東京国際映画祭で上映されました。http://mpress.4rm.jp/archives/605 もごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください