『コンペティション部門』に 日本代表2作品が決定!!

10月25日(火)より開幕致します第29回東京国際映画祭は、従来の六本木ヒルズに加え今年はEXシアターでの上映も決まり、国際フォーラムでのアニメイベントや野外上映など、新しいイベントや取り組みを予定しております。また9つある主要部門の中で映画祭の顔となる“コンペティション部門”にて日本映画2作品が決定致しました!

 1作目は、蒼井優8年ぶりの単独主演映画『アズミ・ハルコは行方不明』。「ここは退屈迎えにきて」で一世を風靡した作家・山内マリコの書き下ろし同名小説を『アフロ田中』『ワンダフルワールドエンド』『私たちのハァハァ』などの松居大悟監督が映画化。蒼井優演じる行方不明の女の顔をグラフィティアートとして街中に拡散する、若者集団キルロイのメンバーを、NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」や『植物図鑑』で話題の高畑充希が演じています。
“アラサー×ハタチ×女子高生”3世代の女の子たちの生き様を描いた最強の青春映画。

 2作目は、本映画祭の日本映画・ある視点部門で作品賞の受賞歴のある杉野希妃監督が、監督と主演を努める『雪女』。杉野希妃が自らの監督作で主演を務める本作は、『マンガ肉と僕』『欲動』に続く第3作です。今年生誕100年を迎えた小林正樹監督が小泉八雲の「怪談」を映画化して50余年、その中の一編である「雪女」を新たな解釈のもと映画化。出演は主人公の巳之吉役に今、大注目の青木崇高、娘のウメ役に山口まゆ。他、佐野史郎、水野久美、宮崎美子、山本剛史、松岡広大、梅野渚など演技派俳優陣が脇を固めています。

m_azumi_haruko_ha_yukuehumeiyukionna

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください