東京国際映画祭史上初‼ 映画製作作品がベールを脱ぐ 『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』 ポスター&予告編、遂に解禁

国際映画製作者連盟公認の映画祭として、日本を含む、アジアを中心とした若手クリエーターの発掘と支援を推進する「東京国際映画祭」。第29回目を迎える今年、東京国際映画祭史上初となる、映画製作作品が10月26日(水)、東京国際映画にてワールドプレミア上映される運びとなりました!

東京国際映画祭と国際交流基金アジアセンターが共同製作する本作は、東京国際映画祭が初めてオムニバス映画製作を手がける記念すべき作品です。新しい試みとなるシリーズの第1弾として、『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』が誕生しました! 言葉や文化が違う人々が≪映画≫という共通言語のもと集まり、ひとつの映画が製作されました。東京国際映画祭の新しい歴史がスタートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください