第16回東京フィルメックス開会式

2015年11月21日(土)、東京・TOHOシネマズ日劇にて、第16回東京フィルメックスが開幕した。オープニング上映に先立って、開会式が行われた。登壇した林加奈子東京フィルメックス・ディレクターは冒頭「東京フィルメックスに関わる多くの皆さんのご協力、ご支援、ご協賛に心から感謝申し上げます」と感謝の言葉を述べ、「映画愛に溢れる人々が集まる、フィルメックス。東京フィルメックスは映画の力を信じる国際映画祭です。皆さま、楽しい日々を過ごしましょう」と開会を宣言した。

続いて、今年のコンペティション審査員が紹介された。映画監督の塩田明彦さん、映画評論家・字幕翻訳家の齋藤敦子さん、アド・ヴィタム買付・編成担当のグレゴリー・ガジョスさん、審査委員長を務めるイ・ヨンガン釜山映画祭ディレクター。そして女優・映画監督のシルヴィア・チャンさんも審査員メンバーに名を連ねているが、残念ながら開会式の出席はかなわなかった。

審査員を代表してイさんは「ここにいらっしゃる審査員の皆さんと映画を見て、話をして、良い作品を選ぶよう努めます」と意気込みを語った。コンペティション部門10作品を対象とした最優秀作品賞と審査員特別賞は最終日の前日、11月28日(土)に発表される。同時に学生審査員が選ぶ学生審査員賞や特別招待作品を含めて対象となる観客賞も発表される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください