第17回東京フィルメックス 来日ゲスト第1弾発表!キム・ギドク、モフセン・マフマルバフ、アミール・ナデリ、リティ・パン 来場決定!

この度、11月19日(土)-27(日)開催の映画祭「東京フィルメックス」の来日ゲスト第1弾が確定しました。

 今年のオープニング作品『THE NET 網に囚われた男』のキム・ギドク監督は、『受取人不明』(01)『春夏秋冬そして春』(03)『アリラン』(11)『嘆きのピエタ』(12)『殺されたミンジュ』(14)に続き、6度目となるフィルメックスでの上映です(映画祭来場は2012年を除き、5回目)。『アリラン』と『嘆きのピエタ』では、本映画祭で2年連続となる観客賞を受賞するなど、多くのファンから支持されています。本年9月のヴェネチア映画祭で話題を集めた最新作を携えて、華々しく映画祭の開幕を飾ります。

  西島秀俊主演の『CUT』(11)で幅広い映画ファンから注目を集めた、イラン出身のアミール・ナデリ監督の最新作『山<モンテ>』は、イタリア・ロケを敢行した異形の傑作。ヴェネチア映画祭で「監督・ばんざい賞」を受賞し、本作が特別上映されました。

 カンボジア出身で、ポル・ポト政権時代にフランスへ移住し、ドキュメンタリーを中心に活躍しているリティ・パン監督は『消えた画 クメール・ルージュの真実』(13)に続いて、自身の体験に基づいて母国の歩みを詩的なアプローチで投影した『エグジール』を今年のカンヌ映画祭で発表して、大変な注目を集めました。

  また、イランの巨匠モフセン・マフマルバフ監督が1990年当時に製作した『ザーヤンデルードの夜』は、1978年のイスラム革命の前後から現代までの3つの時代を描き、革命の意味を鋭く問う作品ですが、検閲により国内外を問わずまったく観ることのできなかった幻の作品です。製作当時の100分版から奇跡的に復元された63分版の上映とともに、マフマルバフ監督自身が、本作について語ります。

 この他にも、『迷子の警察音楽隊』(07)で日本の映画ファンにも注目されたエラン・コリリン監督や、ミャンマー出身で台湾で活動するミディ・ジー監督などの世界が注目する映画作家が、見逃せない最新作とともに来日します。

来場したゲストは、作品上映後に観客との質疑応答を予定しております。

ーーーーーーーーーーー
第17回東京フィルメックス 来場ゲスト(予定)

キム・ギドク(『THE NET 網に囚われた男』監督)
アミール・ナデリ(『山<モンテ>』監督)
モフセン・マフマルバフ(『ザーヤンデルードの夜』監督)
リティ・パン(『エグジール』監督)
エラン・コリリン(『山のかなたに』監督)
ミディ・ジー(『マンダレーへの道』監督)  ほか

            ※10月20日現在
            ※11月上旬にこの他のゲストも発表予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください