月別アーカイブ: 2014年9月

『トランスフォーマー/ロストエイジ』 9月17日は、“トランスフォーマー”30歳の誕生日!

2014年は、現在絶賛上映中の『トランスフォーマー/ロストエイジ』において生誕30周年とされてきたが、いよいよ、9月17日に記念すべき誕生日を迎えたことになる。
“トランスフォーマー”のルーツが日本のタカラの玩具から誕生した事は知られているが、その時の名称は、「ダイアクロン」や「ニューミクロマン」だった。”変形ロボット玩具”のシステムに感銘を受けたアメリカの大手トイメーカーのハズブロ社が、玩具を発売時に人気を定着させようとTVアニメ番組を制作。その時に付けられた名前が”TRANSFORMERS”だった。
1984年9月17日から3日間連続で放映されたパイロット版のタイトルは、<”TRANSFORMERS”More Than Meets the Eye:Part1>で、続いて9月18日にPart2、19日にPart3が放映された。日本生まれ、アメリカ育ちの”トランスフォーマー”にとって9月17日はまさに記念すべき30周年バースデーとなる。

『トランスフォーマー/ロストエイジ』は、世界各国で記録を更新する特大ヒットとなり、2014年夏の話題を席巻。日本でも8月8日(金)に公開され、間もなく興収が30億円を超える好成績を記録中。またインターナショナルでの累計興収が8億3550万ドルとなりシリーズ最高を更新中で、これは歴代世界興行収入ランキングの6位となる数字。日本では、シリーズ初のIMAX3Dデジタルカメラ導入から、初日から全国のIMAXデジタルシアターや3D上映館には連日観客が詰めかけ、今も尚、そのシェアは驚異の72%を占めている。

配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『トランスフォーマー/ロストエイジ』 大ヒット上映中

第27回東京国際映画祭 “映画祭の顔”となるコンペティション部門 角田光代 × 吉田大八 × 宮沢りえ 日本代表は『紙の月』に決定!!

10 月 23 日に開幕する第 27 回東京国際映画祭は、上映エリアを拡大し様々なジャンルを持ってこれまでにない規模で行ってまいります。今年は“作品重視”をコンセプトとして掲げ、例年以上に大きく力を注ぐのが「コンペティション部門」です。そしてこの度、映画祭の“顔”となる「コンペティション部門」の日本代表として、『紙の月』(配給:松竹)が出品されることが決定致しました!!
邦画で唯一のコンペティション部門出品となる本作は、既にマスコミの間でも評判を呼び大きな注目を集める話題作です。原作は、「八日目の蟬」をはじめ、女性を中心に抜群の信頼性と人気を誇る直木賞作家、角田光代の長編小説。メガホンをとるのは、昨年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した傑作『桐島、部活やめるってよ』を送り出し、次回作が熱望されていた鬼才、吉田大八監督。そして、今や日本を代表するトップ女優として多方面に活躍する宮沢りえが7年ぶりの映画主演を務めます。邦画を代表するに相応しい、日本映画界最高峰のコラボレーションにより誕生した、心を揺るがす衝撃のヒューマン・サスペンスが東京から世界へ発信されます。


<コメント>
■主演:宮沢りえ
脚本を受け取った日から、撮影が終わるまで、梨花という手強い女を演じる覚悟を持ち続けるのは、地球一周マラソンするくらいのエネルギーでした。そんな撮影の日々。吉田監督の繊細で粘り強い演出はそんなワタシの栄養剤でした。曝け出し、走り抜けた作品は、ワタシにとって強烈な記憶となりました。観てくださった方にもそうであったら、しあわせです。
■監督:吉田大八
社会の敵として、さわやかに破滅する」ヒロインの映画が、文字通り世界を敵に回す絶好の機会を得て、とても興奮しています。どうかこの挑発に乗り、彼女がどこまで走り抜けるのかを最後まで見届けてください。
■東京国際映画祭プログラミングディレクター:矢田部吉彦
登場人物をいかに魅力的に描くかということに神経を注ぐ演出家である吉田監督と、抑圧からの解放と転落を見事に演じきった宮沢さんとの出会いは運命的であり、両者のケミストリーが今年の日本映画を代表する 1 本を生み出した。コンペティションでお迎えできることに興奮しています。


紙の月

平凡な主婦が起こした巨額横領事件。衝撃のベストセラー、待望の映画化!
バブル崩壊直後の 1994 年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。細やかな気配りや丁寧な仕事ぶりによって顧客からの信頼を得て、上司からの評価も高い。何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。
そんなある日、梨花は年下の大学生、光太と出会う。光太と過ごすうちに、ふと顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りただけだったが、その日から彼女の金銭感覚と日常が少しずつ歪み出す――。

キャスト: 宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美

監督:吉田大八
1963 年生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、CM 制作会社でディレクターとして活躍。07 年、カンヌ国際映画祭批評家週間正式招待作品『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で映画監督デビュー。その後『クヒオ大佐』(09)や『パーマネント野ばら』(10)を監督。4 作目『桐島、部活やめるってよ』(12)で第 36 回日本アカデミー賞最優秀監督賞をはじめ数多くの賞を受賞。今、最も注目を集めているクリエイターの一人である。

公開:11 月 15 日(土)全国ロードショー!
配給:松竹
©2014「紙の月」製作委員会

参加者大満足!予定時間をオーバーする熱気のこもった3時間!『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』公開直前特別ワークショップイベントレポート

演劇史に名を残す偉大な演出家、ピーター・ブルックの稽古場を初めて映像化したドキュメンタリー映画『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』は、人生のヒケツを教えあう『shAIR(シェア)』にて、公開直前企画としてピーター・ブルックの創造のプロセスを一端を体感できる特別ワークショップを開催致しました。

本企画は、いよいよ今週末(9月20日)に公開となる映画『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』に関連するワークショップを事前に受けてもらうことで、映画をより深く味わってもらいたいという狙いから開催されました。


■参加者の声

  • 人それぞれ感覚は違うが、自分の感覚に集中することの面白さを最終的に感じた。表現する上では自分の感覚に自信を持つことが大切なのだと発見した。綱渡りのエクササイズはとても疲れたが、一瞬でここまで集中することが演技では大切だと感じた。
  • 綱渡りのエクササイズがとても面白かった。足の裏にこんなに集中することがなく、新しい感覚がとても面白かった。
  • 全然リアルでない綱渡りでも、自分の中でのイメージを再現しようとしている身体からはとてもおもしろいものが生まれる。やったことのないものへの集中力を常に持続できるようにしていきたい。
  • 自分が感じている感じ方と、人の感じ方が全く異なることを学んだ。人の感じ方に影響を受けるとまた変化が生まれるのが面白い。やろうとしてやらなくても、集中して感じると新しい動きが生まれるので、ダンスなどで新しいムーブメントを作る際の発見となった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA


■公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html
■予告編URL: https://www.youtube.com/watch?v=2nu8Zq0DWLk

フランス・イタリア/86分/英語・フランス語/日本語字幕付/2012
配給:ピクチャーズデプト 提供:鈍牛倶楽部 特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団