日別アーカイブ: 2014年10月22日

『ジャ・ジャンクー、フェンヤンの子』(ウォルター・サレス監督)、サプライズ上映決定!

===================================
第15回東京フィルメックス
『ジャ・ジャンクー、フェンヤンの子』
(ウォルター・サレス監督)、サプライズ上映決定!
===================================

 第15回東京フィルメックスの特別招待作品部門にて、ブラジルのウォルター・サレス監督によるドキュメンタリー『ジャ・ジャンクー、フェンヤンの子』がサプライズ上映されることが決定しました。同作を含め、今年の映画祭の上映作品は、全25作品で確定しました。

 本作は『セントラル・ステーション』、『モーターサイクル・ダイアリーズ』や『オン・ザ・ロード』で知られるサレス監督が、中国映画界を代表するジャ・ジャンクーを追ったドキュメンタリー。稀代の映画作家を育んだ土地や、両親を始めとした、彼を取り巻く人々が、いかに彼の作品世界に影響を与えたかを、これまた世界が注目する映画作家サレスが明らかにする作品です。
 また、ジャ・ジャンクー監督は、今年の東京フィルメックスコンペティション部門の審査委員長として来日し、上映時にも登壇が予定されています。本作は25日まで開催中のローマ国際映画祭でワールドプレミアされ、東京フィルメックスがアジアンプレミアとなります。

<作品概要>
『ジャ・ジャンクー、フェンヤンの子』
A GUY FROM FENYANG: JIA ZHANGKE / ブラジル / 2014 / 103分
監督:ウォルター・サレス
出演:ジャ・ジャンクー、ワン・ホンウェイ、チャオ・タオ、ユー・リクウァイ、ハン・サンミン
上映日時:11/25(火)10:40@有楽町朝日ホール(上映前にジャ・ジャンクー監督の舞台挨拶を予定)
     11/30(日)21:15@TOHOシネマズ 日劇
※ワーク・イン・プログレス版上映の可能性がございます。

映画はジャ・ジャンクーの生まれ故郷であり、初期作品の撮影の舞台にもなった山西省フェンヤン(汾陽)から始まる。『一瞬の夢』(97)が撮られた商店街をワン・ホンウェイが歩き、『プラットホーム』(00)が撮られたピンヤオ(平遥)の城壁にチャオ・タオが佇む。やがて、舞台は北京に移り、『世界』(04)が撮られた「世界公園」をジャ・ジャンクーが再訪する。サレス自身が「現代のもっとも重要な映画作家」と語るジャ・ジャンクーへの敬意が込められた作品。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●第15回東京フィルメックス●
2014年11月22日(土)~11月30日(日)
有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇にて開催!
主催:特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会
―――――――――――――――――――――――
▽東京フィルメックス事務局
URL: http://www.filmex.net
E-mail: info@filmex.net
〒107-0052
東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
tel:03-3560-6393 fax:03-3586-0201

『ヘラクレス』 新宿に生ライオン出現!!ダチョウ倶楽部、命がけのリアクション!パンツ破れるガチンコ対決の行方は!?

 12年ぶりの来日を果たしジャパンプレミアにも登場したハリウッド史上最強の男、ドウェイン・ジョンソン主演『ヘラクレス』。今週金曜日の公開に先駆け、新宿ステーションスクエアにてダチョウ倶楽部と本物のライオンによる”最強の<ヘラクレス>英雄”の称号をかけた”ガチンコ対決”が行われました。

映画『ヘラクレス』 ダチョウ倶楽部vs本物のライオン ガチンコ対決
■日程:10月21日(火) 12:30?  
■場所:新宿ステーションスクエア
■ゲスト:ダチョウ倶楽部、”ネメアの獅子”(ライオン) ※敬称略
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 芸能界の生きる伝説ことダチョウ倶楽部が本物のライオンとガチンコ対決するとだけあって、会場には大勢のマスコミが集結した。街ゆく人たちは都心のど真ん中に突如現れたライオンの姿に驚きを隠せない様子。恐怖と興奮が入り混じる中、多くの通行人がスマホを片手に足を止め、辺りは一時、騒然とした空気に包まれた。
 今回登場したライオンは劇中でヘラクレスに牙をむく伝説の魔物、”ネメアの獅子”の子孫である人喰いライオン。夜行性のため、イベント時には休息中であったものの、体長2メートル、体重250キロものオスライオンはかなりの迫力。これまでヘラクレスにも引けを取らないくらい様々な”難業”を経験してきた3人も、さすがに “誰がライオンの闘志を目覚めさせることができるのか”という対決内容に、「聞いてないよ?!!ライオンとの対決なら武井壮呼べよ!」と慌てふためいていた。
 素手での対決は危険なため、2メートルの棒の先にそれぞれ、メスライオンの写真、猫じゃらし、ライオンのぬいぐるみ、風船が付いた武器を使うことに。1番手の肥後は「やっぱりオスですから、メスには弱いはずですよ!」とメスライオンの写真を持って檻の中に。「やっぱり鉄格子があるのとないのでは全然違う。獣臭が凄い!」とおそるおそるメスライオンの写真を近づけると目線で追うものの無関心。続く上島は「ライオンといってもネコ科ですから。猫じゃらしですよ!」と言い、対戦。するとライオンはムクっと起き上がり、猫じゃらしを引きちぎり、じゃれはじめた。ライオンの予測着かない行動に上島は声も出ず、「うわ、俺パンツ破けてる!」とビビった様子。最後に”ネイチャージモン”の異名を持つ、寺門が挑戦。自然や動物に詳しい寺門が武器に選んだのは風船。「(風船に)ヘラクレスって書いてある時点ですごいパワーありそう!」という寺門の言葉の通り、ライオンは風船を見るなり飛びつきあっという間にワンパンチで割ってしまった。
 これには会場中から「おぉ?!!」と驚きの声が上がり、見事獰猛なライオンの闘志を目覚めさせた寺門が<最強の英雄の座>を獲得し、100人を超える通行人から拍手が沸き起こった。寺門には勝者の証として、ヘラクレスと同じネメアの獅子の毛皮と鎧が贈られ、さらには神戸ビーフのヒレサーロインとフランス・シャロレー牛の赤身のプレゼントも!これには”ネイチャージモン”のスイッチが入ったのか、「この肉はね世界を代表する肉だよ!」と饒舌に解説。
 実は今回、ライオン用にもご褒美として牛肉を1キロを用意されていた。するとMCから、「ではお互いの健闘をたたえて、皆さんの方からお肉をライオンに直接手渡ししていただきましょう!」との提案が!これには上島も「じゃあお前がやれ!!」とMCにかみつく事態に!誰がやるか押し付け合っていると肥後が、「じゃあ俺がやるよ!」とリーダーらしく立候補。しかし、「リーダーにはやらせられないよ。俺がやる!」と寺門が手を挙げた。上島が「ちょっと待てよ!俺がやるよ!」と割り込むと、すかさず二人は「どうぞ、どうぞ!」とお決まりの展開に。「なんで俺がやるんだよ!優勝したのは寺門だろ!」と上島が強気に詰め寄り、寺門がお肉を渡すことに。檻の中へ入っていき、ライオンにお肉をほおると、ライオンは意外にもおとなしく肉を平らげた。すると肥後は「あれ?うちのネコと同じ感じだ。」と言い、「一回、寺門がライオンにかまれるシーン撮りたいんでいいですか?」と飼育員に頼み、会場の笑いを誘った。
 囲み取材ではライオンとの共演は20何年振りと明かし、「本当に何が起きるかわかんない、動物は。お約束が通じないもん。」とガチンコ対決を振り返った。いつもならライオンに肉を上げる役割は上島さんではとのマスコミからの問いに、「実は昨日の夜、寺門から”なんで俺がヘラクレスじゃないんだ!肉、筋肉、野生動物と言ったら俺だろ!”と電話があった」と上島が暴露!寺門は本作を見てヘラクレス気分になったよう。「観ただけで強くなれる!!」と熱く映画の見どころを語り、イベントは大盛況に終わった。

ギリシャ神話最大の英雄伝説を描いた『ヘラクレス』は10月24日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか3D/2Dにて全国ロードショーされる。

配給&宣伝 パラマウント ピクチャーズ

映画「最後の命」 NY「チェルシー映画祭」で<最優秀脚本賞>邦画初受賞

アメリカNYで開催されていた「チェルシー映画祭」のコンペ部門に出品されていた、「最後の命」が、<最優秀脚本賞>を受賞しました。邦画として初出品での初受賞となります。松本監督にとっては、初の映画祭出品での受賞となりました。
公開が近づいた、映画「最後の命」にご期待ください。

■関係者コメント
 <原作者:中村文則氏>
  素晴らしい映画は国境も文化の違いも越え人の心に深く届きます。才能に溢れたこの映画の関係者の全ての人に、心からの敬意を込めて祝福の言葉を伝えたいです。本当におめでとうございます。

 <松本准平監督>
  新進気鋭の作家たちによる、本質を問う素晴らしい作品たちの中で、今回の賞を受賞できたことを大変誇りに思います。中村文則さんの原作の素晴らしさはもちろん、脚本に一緒に取り組んだ高橋知由さん、そしてこの映画に関わってくれたすべての方々に心から感謝し、今回の受賞の喜びを分かち合いたいと思います。

■アメリカNY「チェルシー映画祭」
 ■開催地/アメリカ ニューヨーク チェルシー  ■会 場/SVA Theatre
 ■日 程/10月16日~10月19日 ※現地時間

映画「最後の命」
芥川賞受賞後、米国文学賞受賞等世界が注目する作家 中村文則 初の映像化作品
過去に傷つく彼らに起きた事件 その真相は生きる理由になる「最後の命」とは―

幼少期に凄惨な事件に巻き込まれた桂人と冴木。事件の記憶に苛まれながら成長した二人が再会 した夜、桂人の部屋で顔見知りの女が殺される。取り調べを受ける桂人に刑事が告げた「冴木裕一を知ってるね。奴は全国指名手配中の容疑者だ」。幼少期のあの事件の時、冴木は何を感じ、何を抱えて生きてきたのか。そして何の為に桂人に会いにきたのか。ラストに明かされる衝撃の真実。”最後の命”この言葉の意味を知った時、あなたは何を思うだろう。

■出演:柳楽優弥 矢野聖人 比留川游
     内田慈 池端レイナ 土師野隆之介 板垣李光人

■原作:中村文則「最後の命」(講談社文庫) ■監督:松本准平
■配給・宣伝:ティ・ジョイ ■公式 ホームページ http://saigonoinochi.com/

11月8日(土)新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開

映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』予告編が解禁!

===============================================================================================================================
今年5月より全米6館の限定上映でスタートするも、今も賞レースに向けてロングラン、
今週より開催となる第27回東京国際映画祭では特別招待作品として出品。

この度、日本版予告編がついに解禁!
本予告編には、『アイアンマン』チームのロバート・ダウニー・Jrやスカーレット・ヨハンソンが登場!
主人公カールの背中を押す存在だ。ジョン・ファヴロー監督が莫大な予算をかけるのではなく、自身の原点となるインディーズ作品として送り出した本作は、公私共にうまくいかない欠点のある男の物語。
ひと足先に観賞した料理家・栗原心平さん、料理研究家・コウケンテツさんから胸熱コメントが続々と寄せられ、ひとりの男の本当の<美味しい>人生探しの旅が、美味しそうな料理とともについに到着!
===============================================================================================================================

<配給>:ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント
公式サイト:http://chef-movie.jp/
twitter公式アカウント:@chef_movie_jp #映画シェフ

『ミュータント・タートルズ』日本語吹替え版声優にベッキー、泉ピン子、カンニング竹山が決定!

————————————————————————————————
『ミュータント・タートルズ』
日本語吹替え版声優 決定!
2015年正月第2弾 全国ロードショー!
————————————————————————————————
☆☆☆映画『ミュータント・タートルズ』日本語吹替え版声優 決定!☆☆☆

ベッキー、カメと共に戦うヒロインに大抜擢!
泉ピン子、ハリウッド映画デビュー!
カンニング竹山、ネズミ役でハリウッド実写吹替初挑戦!
————————————————————————————————
『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイのプロデュースにより、まったく新しいアクション・アドベンチャー超大作として生まれ変わる『ミュータント・タートルズ』(パラマウント配給/日本公開:2015年お正月第2弾全国ロードショー)。全米公開では2週連続No.1を達成し、現在までに全世界で約3億7500万ドル(約397億円、1ドル=106円換算10/21現在)の大ヒットを記録!超特大ヒットを受けて、すでに2016年に続編公開も決定!

そんなノリにノッている本作の日本語吹替え版キャストに、タートルズを愛する3人が決定というビッグニュースが飛び込んできた!演じるのは超豪華俳優陣!

タートルズの活躍を追いかける美人TVレポーター、エイプリル役にタートルズの大ファンであるベッキーさん!エイプリルは、犯罪で危機的状況にあったニューヨークを救うために突如現れた闇のヒーローが、なんと4人のカメだったことを最初に突き止め、タートルズと行動を共にしていく役どころ。子供の頃からタートルズのアニメやゲームにはまっていたというベッキーさんは「ミュータント・タートルズは大好きだったのですごくうれしいです!世界一セクシーなミーガンの役はプレッシャーもありますが、大人っぽく演じられるように頑張ります!」と、ミーガン・フォックス演じるTVレポーター役に意気込みを見せる。タートルズと共に戦うことになる展開にも大注目だ!

ベッキーさん演じるエイプリルのTV局の上司トンプソンを演じるのは、長い女優歴でなんと今回がハリウッド映画初挑戦となる泉ピン子さん!トンプソンは、街を救うヒーローの正体がカメだとエイプリルが主張しても、一向に取り合わない厳しい上司。ピン子さんは「ハリウッド・デビューです!ウーピー・ゴールドバーグはもっとも好きな役者さんなので、このお話をもらって驚きました!」とウーピーとの不思議な縁に驚きを隠せない様子。日米を代表する熟練ふたりの役者魂の化学反応に注目だ!

そしてタートルズの師匠でありネズミのスプリンター役にカンニング竹山さん!スプリンターは、忍術の達人であり、タートルズ4兄弟の育ての親の役どころ。「ネズミの役と言われて・・・どういう声にしようか・・・すごく考えています。貫禄が出せるように頑張ります。」と、まさかのネズミの役どころについて語る。タートルズとスプリンターの親子のような絆は大きな見せ場の一つだ。

■ベッキー/エイプリル役<TVレポーター/ミーガン・フォックス>
「ミュータント・タートルズは小さい時から大好きでアニメやゲームにもはまっていたので、声優のお話を頂いて嬉しかったです!ストーリーも聞かずに「やります!」と引き受けました。ミーガン・フォックスは世界一セクシーな女性にも選ばれた女優さんなのでプレッシャーもありますが・・・、大人っぽく演じられるように頑張ります!」

■泉ピン子/トンプソン役<TV局の上司/ウーピー・ゴールドバーグ>
「ハリウッド映画デビューです!ウーピー・ゴールドバーグは私がもっとも好きな役者さんなので、(声優オファーを受けて)「ウソでしょ?」と驚きました。主人からウーピーのような役ができるといいねと結婚当時に言われたこともあるくらい。憧れの人の声を演じるので緊張しています。」

■カンニング竹山/スプリンター役<タートルズの師匠>
「ネズミの役と言われて・・・、どういう声にしようか、どんな風に存在感を出せばいいのか・・・、すごくちょっと考えています。タートルズにとってお父さん代わりの役なので、貫禄が出せるように頑張りたいと思います。」
————————————————————————————————
<STORY>ニューヨークは、犯罪と暴力で壊滅的な危機にあった。平和と正義を取り戻すため、市民は本当のヒーローの出現を待ち望んでいた――。そんなとき、悪の手から人々を守る何者かが現れた。夜の闇に巧みに隠れて、その正体はわからないヒーローたち。チャンネル6のTVレポーター、エイプリル(ミーガン・フォックス)はある夜、闇のヒーローの大スクープ写真をカメラに収めることに成功。ヒーローの正体はなんと4人のカメ(=タートルズ)だった!リーダーのレオナルド、暴れん坊のラファエロ、ITメカオタクのドナテロ、お調子者のミケランジェロの4兄弟が繰り広げるド派手×ド迫力×ド肝を抜くアクション・アドベンチャー!

『ミュータント・タートルズ』
製作:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー』シリーズ)  
監督:ジョナサン・リーベスマン(『タイタンの逆襲』、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』)
脚本:ジョシュ・アッペルバウム&アンドレ・ネメック(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』) 
原作:ケヴィン・イーストマン&ピーター・レアード
出演:ミーガン・フォックス、ウィル・アーネット、ウィリアム・フィクトナー、ウーピー・ゴールドバーグ
全米公開:8月8日 原題:Teenage Mutant Ninja Turtles www.TURTLES-movie.jp
————————————————————————————————
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
————————————————————————————————
2015年正月第2弾 全国ロードショー!