月別アーカイブ: 2015年1月

ライブ映画『Mr.Children REFLECTION』TOHOシネマズ 六本木ヒルズで前夜祭を開催!

—————————————————————————
TOHOシネマズ 六本木ヒルズが、一夜限りのライブハウスに!
Mr.Children が、全スクリーン・全フロアをジャック!
映画 『Mr.Children REFLECTION』<前夜祭>開催決定!
—————————————————————————
Mr.Childrenが昨年行ったファンクラブ限定ライブに迫った映画『Mr.Children REFLECTION』が、2月7日(土)から全国劇場にて3週間限定で公開されます。そしてこの度、公開前日の2月6日(金)に、TOHOシネマズ六本木ヒルズの全スクリーン、全フロアを解放した”Mr.Children REFLECTION 前夜祭”の実施が決定いたしました。

          ◇◇◇◇◇◇◇

2月7日に全国公開を控える『Mr.Children REFLECTION』の公開前日に”前夜祭”を開催することが決定! いち早く作品に触れたい熱い観客の方々のご期待に応え、メイン館となるTOHOシネマズ 六本木ヒルズを全スクリーン解放し、劇場内の装飾もMr.Children一色に!劇場の臨場感溢れる高音質サラウンドと、フルハイビジョンの4倍の画素数の「4Kフォーマット」で撮影された超高画質映像によって、最前列でライブをみている感覚に!ミュージシャンとして、バンドとして成熟しながらも、まだまだ新しいことに挑戦しつづけるMr.Childrenのライブでしか観る事ができない素顔に触れる機会となります。

*********************************************************
『Mr.Children REFLECTION』前夜祭~詳細~ 
<日程> 2月6日(金)
<時間> 18:30~、19:00~、21:00~、21:30~ (全4回)
<場所> TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 
(港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内)

※1月28日(水)より“vit(R)”による座席指定開始(*ムビチケ対応) 
※TOHOシネマズ六本木ヒルズの劇場窓口でもご購入いただけます。
※当日の「4K」上映に関しては、一部スクリーンを除きます。
*********************************************************

 きいてほしい。きこえてほしい。これが僕らの、あたらしい足音―新たなMr.Children 現在進行形の、その音楽を体感する

  2014年9月、Mr.Childrenとして初となるファンクラブ会員限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年祭ファンクラブツアー」が開催された。会場はリミテッドライブに相応しい、久しぶりのライブハウスという空間。そこで披露されたのは、会場に集まった観客たちを驚かせた多種多様な未発表曲の数々。その楽曲群に触れた初期衝動に会場は包まれ、まさしく“体感”というにふさわしいライブと、新しいMr.Childrenの姿がそこにあった。その希少なライブ映像がLIVE FILMとして劇場公開される。ステージと客席は互いの想いが重なり合う距離感。多くの未発表曲で構成された、新たな挑戦ともいえるライブ映像と音楽を、映画館という環境で体感することで、最前列でライブに参加しているかのような感覚をもたらせてくれる。それが『Mr.Children  REFLECTION』。3月からは全国アリーナツアーを控えるなど、歩みを止めることの無いMr.Childrenの2015年は、劇場から始まる―

【予告編映像】 http://youtu.be/lkHiokTlR20
———————————————————–
『Mr. Children REFLECTION』
企画・製作/エンジン
制作/bloomotion
協力/TOY’S FACTORY
配給・宣伝/日活
(C) 2014 ENJING INC.
  公式HP www.mr-reflection.jp
——————————————————————————
 2月6日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて<前夜祭>開催決定!
 2月7日(土)~2月27日(金)<3週間限定>全国ロードショー
——————————————————————————

新宿にタートルズの秘密基地が出現!?世界中のアーティストによる「タートルズ・アート・コレクション展」開催!

————————————————————————————————
新宿にタートルズの秘密基地が出現!?
ここでしか見られない有名アーティストによるタートルズアートを特別展示!
会場に潜むタートルズをみつけてスペシャルキャンペーンに応募しよう!
「タートルズ・アート・コレクション展」開催!
————————————————————————————————
90 年代に世界的にアニメ、ゲーム、映画など一大ブームを巻き起こし、世代を超えて愛され続けてきた「ミュータント・タートルズ」が、まったく新しいアクション・アドベンチャー超大作として生まれ変わる映画『ミュータント・タートルズ』(2月7日(土)公開/パラマウント配給)。全米公開2週連続No.1を皮切りに世界42ヵ国でNo.1の大ヒットを受け2016年には続編公開も決定し、まさに”カワバンガ!”(=やったぜ!行くぞ!すごい!等の意味のタートルズの合言葉)な勢いの本作。

この度、1月24日(土)より新宿ピカデリーにて、世界で活躍する有名アーティスト総勢34名による、映画『ミュータント・タートルズ』の世界観をモチーフに独自に制作したインスパイア・アート、そしてタートルズのお宝レアグッズを展示する「タートルズ・アート・コレクション展」の開催が決定しました。

「タートルズ・アート・コレクション展」ではタートルズたちが住む地下の秘密基地をモチーフに設営された特別スペースに、全世界総勢43名のアーティストが参加した「タートルズ・アート・コレクション」の全イラストを展示。12月1日からWEB特設ページにて全イラストの中から「カワバンガ!(=すごい!)」と思う作品に投票するキャンペーンを実施しており、これまでにのべ約5万カワバンガ!の投票があった。この投票数は配給パラマウントが過去に実施した映画キャンペーンの中でも類を見ない数であり、本作への注目度の高さが伺える。そのイラストが実際に展示される唯一の機会となる「タートルズ・アート・コレクション展」は非常に貴重な機会となる。

タートルズ・アート・コレクションに日本代表として参加したのは、Newsweek日本版にて「世界が尊敬する日本人100」に選出され、GAPやペプシ、VISA CARDなど大手企業の広告イラストを手掛けるNY在住のイラストレーター清水裕子さん。日本代表として参加したことについて清水さんは「私はタートルズを見て育った世代よりは少し上なのですが、こちらアメリカでは皆これを見て育ったという有名シリーズなので、知人友人のアーティストにずいぶんうらやましがられました! 友人で尊敬するTomer Hanuka(イスラエル)なども参加しているプロジェクトなので、制作にはかなり気合いが入りました。」と企画に掛けた意気込みを語り、「ミュータント・タートルズ」からはどのようなインスピレーションを受けて作品を表現したかということに対しては「リサーチをかなり念入りに行いました。友人知人がいろいろ情報を提供してくれて、大分助けられました。最終的には、日本の浮世絵、妖怪画からインスピレーションを受けて、モダンでもあり、古風でもある、と言った感じの現代浮世絵を目指して制作させていただきました。」と独特の日本らしさを魅せるタートルズを描いた自身の作品制作について語っている。

その他、会場ではタートルズファンならその目に焼きつけておきたいタートルズのお宝レアグッズの展示も決定!また、イラスト系SNSサイトpixivにて開催された「ミュータント・タートルズ 映画公開記念イラストコンテスト」へ投稿された、タートルズ愛にあふれた様々なイラストも会場で閲覧することができる。

さらに、来場するお客さんに心から楽しんでもらうため、タートルズの4人がどこかに身を潜めて、こっそりパトロールを実施!無事に任務を遂行している4人をみつけて写真を撮影し、ハッシュタグ 「#タートルズ発見」 をつけてTweetしてくれた方の中から抽選で10名様に、2月2日(月)のジャパンプレミアにご招待するというスペシャルキャンペーンも。
(プレミアご招待キャンペーンは1月26日締切)

タートルズの世界にどっぷり浸れる「タートルズ・アート・コレクション展」は2月13日(金)まで開催。
————————————————————————————————
◆「タートルズ・アート・コレクション展」概要

日程:1月24日(土)~2月13日(金)
場所:新宿ピカデリー1F

◇世界中のアーティストがタートルズにインスパイアされて各々のタートルズを描いた
「タートルズ・アート・コレクション」全34作品の展示
◇タートルズお宝レアグッズ、スタジャン、フィギュア、アイマスクなどの展示
◇pixivのイラストコンテストで応募された260作品をモニターにて閲覧

※1/24(土)~1/26(月)の展示初日含む三日間の期間限定中、「#タートルズ発見」のタグを付けて展示作品の写真と共にTweetした人の中から抽選で10名に2/2(月)に行われる映画『ミュータント・タートルズ』ジャパンプレミアにご招待!

・「タートルズ・アート・コレクション」特設ページ:http://turtles-cp.com/TurtlesArtCollection/
・pixiv「ミュータント・タートルズ 映画公開記念イラストコンテスト」特設ページ:http://www.pixiv.net/contest/turtles

注意事項:
※本イベントにつきまして、新宿ピカデリーへの電話・メールでのお問い合わせはご遠慮ください
※プレミアご招待キャンペーンは1月26日(月)締切です
————————————————————————————————
※「タートルズ・アート・コレクション」とは

特設ページ:http://turtles-cp.com/TurtlesArtCollection/
投票期間 12月1日(月)~2月26日(木)

世界14カ国から34名のアーティストが参加し、映画『ミュータント・タートルズ』の世界観をモチーフに独自のインスパイア・アートを制作したプロジェクト。
日本代表として参加したのは、Newsweek日本版にて「世界が尊敬する日本人100」に選出され、GAPやペプシ、VISA CARDなど大手企業の広告イラストを手掛けるNY在住のイラストレーター清水裕子さん。他にもケイティ・ペリーやマイリー・サイラスといった人気歌手から圧倒的な支持を得るザック・クレイン(米)や、U2、オアシスなどのバンドポスターやエアロスミスなどのアルバムジャケットのイラストで注目を浴びるジム・エヴァンズ(米)、「世界のベスト・イラストレーター200人」に4度も選出された経歴を持つソニア・スハリヤン(露)など、名だたるアーティストが参加。

作品はすべて12月1日(月)より特設ウェブサイト上で閲覧が可能で、イラストの中からユーザーが「カワバンガ!(=すごい!)」と思う作品に投票。上位10作品への投票者の中から抽選でイラストをプリントした、全世界ここでしか手に入らない超レアTシャツをプレゼント。

1月20日現在、約50,000件の投票がある。
————————————————————————————————
日本代表 清水裕子(日本) Yuko Shimizu バイオグラフィー:

ニューヨーク市を拠点にする日本人イラストレーター。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ(SVA)講師。2009年、「ニューズウィーク・ジャパン」誌上で「世界が尊敬する日本人100人」のひとりに選ばれる。2011年、初のセルフタイトルのモノグラフを独・Gestalten社から出版。2013年4月には、初の児童書『Barbed Wire Baseball』(作:Marissa Moss)をAbrams社から刊行。
過去10年間にわたり、誰もが目にしたことのあるような作品を多数手がけてきた。GapのTシャツ、ペプシの缶、ビザカードのビルボード広告、マイクロソフトやターゲット広告、ペンギンやスカラスティックやDCコミックの本の装丁、「ニューヨーク・タイムズ」「タイム」「ローリング・ストーン」「ニューヨーカー」等の新聞・雑誌記事など。
裕子にとってイラストは第2のキャリアである。昔からアートは好きだったが、最初はもっと現実的な進路を選び、早稲田大学で広告・マーケティングを専攻したのち東京で企業の広報の仕事に就いた。だがどうしても満足できなかった裕子は11年間会社勤めをした結果、自分が本当にしたいことは何かを悟り、人生最大の賭けに出る。1999年、子どもの頃しばらく住んだことのあるニューヨークに移り住み、初めてアートの勉強を始める。2003年、SVAの「ビジュアルエッセイとしてのイラスト」プログラムを修了して美術修士号を取得。以来、イラストの仕事をすると同時に、母校で後進の教育にもあたる。マンハッタンのミッドタウンにスタジオをもつ。世界各地や米国内の各都市で活発に講演やワークショップを行っている。  http://yukoart.com/
————————————————————————————————
『ミュータント・タートルズ』作品情報

世界42カ国No.1大ヒット!
『トランスフォーマー』シリーズの”破壊王”マイケル・ベイが贈る
<カメ>で<ニンジャ>なヤツらの超絶アクション・アドベンチャー!!

【Introduction】
『トランスフォーマー』の<破壊王>マイケル・ベイによるド派手×ド迫力×ド肝を抜く超絶アクション・アドベンチャー!
タートルズの勇気と絆に想定外の泣き笑いの大感動!クセになる面白さ!
80年代に誕生して以降、アニメ、ゲームと様々なエンターテイメントを席巻し、世界中で大ブームを巻き起こしたミュータント・タートルズ。世代を越えていまもなお愛され続けているタートルズが2014年、最先端のVFXで本格的な実写映画化が実現、4人のタートルズがニューヒーローとして生まれ変わった!正義感が強くマジメなリーダーのレオナルド、お調子者でムードメーカーのミケランジェロ、ワイルドな特攻隊長のラファエロ、ITメカオタクの頭脳派ドナテロ。彼らの魅力であるコミカルなキャラクターはそのままに、アクの強い個性が強烈にパワーアップ!さらにヴィジュアルも大胆にリニューアル、インパクト絶大なキモカッコよさは、一度見たらハマること間違いなし!製作を務めるのは、『トランスフォーマー』シリーズで爆発的ヒットを記録し続けているマイケル・ベイ。驚愕の映像技術と、破壊王の名を誇るダイナミックなアクションセンスを本作にも惜しげなく投入した。ド派手×ド迫力×ド肝を抜く超絶アクションシーン!ノンストップの大乱闘に大興奮するうちに、やがてこみ上げてくるのは、予感もしなかった大感動!正義、勇気、知性、情熱で結ばれた、<カメ>で<ニンジャ>な4人の兄弟たちの固い絆に、日本中が熱狂する!2015年を最高に楽しくするエンターテイメント超大作が完成した。

【Story】
甲羅より固い絆で結ばれた4人のタートルズは、ニューヨーク最大の危機を救えるのか?
ニューヨークは、犯罪と暴力で壊滅的な危機にあった。平和と正義を取り戻すため、市民は本当のヒーローの出現を待ち望んでいた。そんなとき、悪の手から人々を守る何者かが現れた。夜の闇に巧みに隠れて、その正体はわからないヒーローたち。チャンネル6のTVレポーター、エイプリル(ミーガン・フォックス)はある夜、闇のヒーローの大スクープ写真をカメラに収めることに成功。ヒーローの正体はなんと4人のカメ(=タートルズ)だった!タートルズのパワーを利用しようとする犯罪組織の企み。タートルズの出生の謎と衝撃の真実のカギを握るエイプリル。そんな中、ニューヨークを壊滅させる恐るべき計画が進行していく――。

【予想外の感動が待ち受ける! 『ミュータント・タートルズ』の楽しみ方!!】
驚:ド迫力アクションの連続!臨場感満点の映像に驚く!
アクションの天才であるマイケル・ベイが製作しているだけに、雪山でのバトルやチェイスシーンは度肝を抜くスケール感と迫力!!

泣:兄弟愛・友情・師弟愛、たくさんの絆に泣く!
幼少期から一緒に育ったタートルズは、その絆も強力。仲間がピンチの時は自分を犠牲にする覚悟もある。さらに、師匠やエイプリルとの間にもドラマチックな展開があり、油断していると涙腺を刺激される!?

謎:エイプリルだけが知っている!?タートルズ誕生の秘密が明らかに!?
彼らが何故、世界を救う隠れたヒーローになったのか?出生の謎と衝撃の真実のカギはエイプリルだけが握っていた。本作では、TVレポーターのエイプリル役をミーガン・フォックスが熱演!

『ミュータント・タートルズ』 製作:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー』シリーズ)  
監督:ジョナサン・リーベスマン(『タイタンの逆襲』、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』)
脚本:ジョシュ・アッペルバウム&アンドレ・ネメック(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』) 
原作:ケビン・イーストマン&ピーター・レアード
出演:ミーガン・フォックス、ウィル・アーネット、ウィリアム・フィクトナー、ウーピー・ゴールドバーグ
全米公開:8月8日 原題:Teenage Mutant Ninja Turtles www.TURTLES-movie.jp
————————————————————————————————
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
————————————————————————————————
2月7日(土) 全国ロードショー!

『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo?!』 ハリウッド発“ゆるキャラヒーロー”スポンジ・ボブ最新作! 劇場版ポスター新ビジュアル解禁&公開日決定!

海底都市ビキニタウンから飛び出した”スポンジ・ボブ”と仲間たちは
大ピンチの世界を救うことができるのか!?

世界中で愛される”スポンジ・ボブ”が映画になってスクリーンに登場する『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救WOO(う~)!』(原題:The SpongeBob Movie: Sponge Out of Water」全米公開2015年2月6日)最新の劇場ポスタービジュアルが初披露され、さらに日本では5月16日(土)からTOHOシネマズ、イオンシネマにて全国公開(一部劇場を除く)することが決定した。

初披露となるポスターにはスポンジ・ボブと一緒に大冒険を繰り広げるマイペースな相棒のヒトデのパトリック、お隣さんの怒りっぽいタコのイカルド、スリリングなことが大好きなリスのサンディ、体は小さいが態度はデカいプランクトン、スポンジ・ボブのアルバイト先のハンバーガーショップのオーナー、カニカーニさんらが、アントニオ・バンデラス演じる世界征服を企む海賊のバーガー・ビアードの遥か頭上を越え、物語の舞台となる砂浜からパトリックの大好物アイスクリームと一緒に元気よく飛び出す姿が描かれている。このポスタービジュアルは日本が独自に開発した絵柄が採用されたもので一部劇場を除き春休みから全国劇場で掲出される予定。

 本作は全世界で子供から大人まで熱狂的なファンを持つ大人気アニメシリーズ「スポンジ・ボブ」の映画化最新作。初めてアニメと実写が融合され、スポンジ・ボブと仲間たちが海底都市(ビキニタウン)から地上に飛び出し大冒険を繰り広げる。ハリウッド発元祖”ゆるキャラヒーロー”としてアニメをはじめ、マーチャンダイジングとしての人気も高く、先日も女性に絶大な支持をうけるピーチ・ジョンの新ブランドYUMMY MART(ヤミーマート)からコラボグッズが登場し話題となり、スポンジ・ボブは幅広く注目を集め本作公開への期待が高まっている。 

◆『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo(う~)!』ストーリー◆
 
平和な海底都市ビキニタウンに、大事件発生! 大切に守られていた魔法の本の最後の1ページが、海賊バーガー・ビアードに奪われてしまったのだ。そこには、黄色くて四角い海綿くん”スポンジ・ボブ”が働く、ハンバーガーショップ「カニカーニ」の秘密のレシピが書かれていた。スポンジ・ボブは海賊を追って、大親友のヒトデのパトリック、お隣さんのタコだけどイカルド、リスの女の子サンディら仲間たちと、地上に飛び出した! 果たして彼らは、世界征服を狙う海賊を止めることができるのか?

『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo(う~)!』
製作:ポール・ティビット、メアリー・ペアレント  製作総指揮:ステファン・ヒーレンバーグ、ケイル・ボイター
監督:ポール・ティビット(「スポンジ・ボブ」アニメシリーズ)、実写部分監督:マイク・ミッチェル 脚本:グレン・バーガー、ジョナサン・エイベル(共に『カンフーパンダ』シリーズ)
原作:ステファン・ヒーレンバーグ、ポール・ティビット/原案:「スポンジ・ボブ」(SpongeBob Squarepants) 原案者:ステファン・ヒーレンバーグ
出演:アントニオ・バンデラス(バーガー・ビアード役)
声の出演:トム・ケニー(スポンジ・ボブ)、クランシー・ブラウン(カニカーニ)、ロジャー・バンパス(イカルド)、ビル・ファガーバケ(パトリック)
キャロリン・ローレンス(サンディ)、ミスター・ローレンス(プランクトン)
全米公開:2015年2月6日(金) 原題:THE SPONGEBOB MOVIE: SPONGE OUT OF WATER http://www.spongebobmovie.jp/

5月16日(土)よりTOHOシネマズ、イオンシネマにて全国公開!(一部劇場を除く)
配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

87th Oscars® Nominations Announced

LOS ANGELES, CA — Directors Alfonso Cuarón and J.J. Abrams, actor Chris Pine and Academy President Cheryl Boone Isaacs announced the nominations for the 87th Academy Awards® on January 15. For the first time, nominees in all 24 categories were announced live.

Cuarón and Abrams announced the nominees in 11 categories at 5:30 a.m. PT, followed by Pine and Boone Isaacs for the remaining 13 categories at 5:38 a.m. PT, at the live news conference attended by more than 400 international media representatives. For a complete list of nominees, visit the official Oscars website, www.oscar.com.

Academy members from each of the 17 branches vote to determine the nominees in their respective categories – actors nominate actors, film editors nominate film editors, etc. In the Animated Feature Film and Foreign Language Film categories, nominees are selected by a vote of multi-branch screening committees. All voting members are eligible to select the Best Picture nominees.

Official screenings of all motion pictures with one or more nominations will begin for members on Saturday, January 24, at the Academy’s Samuel Goldwyn Theater. Screenings also will be held at the Academy’s Linwood Dunn Theater in Hollywood and in London, New York and the San Francisco Bay Area.

Active members of the Academy are eligible to vote for the winners in all categories.

Academy Awards for outstanding film achievements of 2014 will be presented on Oscar® Sunday, February 22, 2015, at the Dolby Theatre® at Hollywood & Highland Center® and televised live on the ABC Television Network. The Oscars, produced by Craig Zadan and Neil Meron, also will be televised live in more than 225 countries and territories worldwide.

Nominations for the 87th Academy Awards

Performance by an actor in a leading role

  • Steve Carell in “Foxcatcher”
  • Bradley Cooper in “American Sniper”
  • Benedict Cumberbatch in “The Imitation Game”
  • Michael Keaton in “Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)”
  • Eddie Redmayne in “The Theory of Everything”

Performance by an actor in a supporting role

  • Robert Duvall in “The Judge”
  • Ethan Hawke in “Boyhood”
  • Edward Norton in “Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)”
  • Mark Ruffalo in “Foxcatcher”
  • J.K. Simmons in “Whiplash”

Performance by an actress in a leading role

  • Marion Cotillard in “Two Days, One Night”
  • Felicity Jones in “The Theory of Everything”
  • Julianne Moore in “Still Alice”
  • Rosamund Pike in “Gone Girl”
  • Reese Witherspoon in “Wild”

Performance by an actress in a supporting role

  • Patricia Arquette in “Boyhood”
  • Laura Dern in “Wild”
  • Keira Knightley in “The Imitation Game”
  • Emma Stone in “Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)”
  • Meryl Streep in “Into the Woods”

Best animated feature film of the year

  • Big Hero 6” Don Hall, Chris Williams and Roy Conli
  • The Boxtrolls” Anthony Stacchi, Graham Annable and Travis Knight
  • How to Train Your Dragon 2” Dean DeBlois and Bonnie Arnold
  • Song of the Sea” Tomm Moore and Paul Young
  • The Tale of the Princess Kaguya” Isao Takahata and Yoshiaki Nishimura

Achievement in cinematography

  • Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)” Emmanuel Lubezki
  • The Grand Budapest Hotel” Robert Yeoman
  • Ida” Lukasz Zal and Ryszard Lenczewski
  • Mr. Turner” Dick Pope
  • Unbroken” Roger Deakins

Achievement in costume design

  • The Grand Budapest Hotel” Milena Canonero
  • Inherent Vice” Mark Bridges
  • Into the Woods” Colleen Atwood
  • Maleficent” Anna B. Sheppard and Jane Clive
  • Mr. Turner” Jacqueline Durran

Achievement in directing

  • Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)” Alejandro G. Iñárritu
  • Boyhood” Richard Linklater
  • Foxcatcher” Bennett Miller
  • The Grand Budapest Hotel” Wes Anderson
  • The Imitation Game” Morten Tyldum

Best documentary feature

  • CitizenFour” Laura Poitras, Mathilde Bonnefoy and Dirk Wilutzky
  • Finding Vivian Maier” John Maloof and Charlie Siskel
  • Last Days in Vietnam” Rory Kennedy and Keven McAlester
  • The Salt of the Earth” Wim Wenders, Juliano Ribeiro Salgado and David Rosier
  • Virunga” Orlando von Einsiedel and Joanna Natasegara

Best documentary short subject

  • Crisis Hotline: Veterans Press 1” Ellen Goosenberg Kent and Dana Perry
  • Joanna” Aneta Kopacz
  • Our Curse” Tomasz Sliwinski and Maciej Slesicki
  • The Reaper (La Parka)” Gabriel Serra Arguello
  • White Earth” J. Christian Jensen

Achievement in film editing

  • American Sniper” Joel Cox and Gary D. Roach
  • Boyhood” Sandra Adair
  • The Grand Budapest Hotel” Barney Pilling
  • The Imitation Game” William Goldenberg
  • Whiplash” Tom Cross

Best foreign language film of the year

  • Ida” Poland
  • Leviathan” Russia
  • Tangerines” Estonia
  • Timbuktu” Mauritania
  • Wild Tales” Argentina

Achievement in makeup and hairstyling

  • Foxcatcher” Bill Corso and Dennis Liddiard
  • The Grand Budapest Hotel” Frances Hannon and Mark Coulier
  • Guardians of the Galaxy” Elizabeth Yianni-Georgiou and David White

Achievement in music written for motion pictures (Original score)

  • The Grand Budapest Hotel” Alexandre Desplat
  • The Imitation Game” Alexandre Desplat
  • Interstellar” Hans Zimmer
  • Mr. Turner” Gary Yershon
  • The Theory of Everything” Jóhann Jóhannsson

Achievement in music written for motion pictures (Original song)

  • Everything Is Awesome” from “The Lego Movie”
  • Music and Lyric by Shawn Patterson

  • Glory” from “Selma”
  • Music and Lyric by John Stephens and Lonnie Lynn

  • Grateful” from “Beyond the Lights”
  • Music and Lyric by Diane Warren

  • I’m Not Gonna Miss You” from “Glen Campbell…I’ll Be Me”
  • Music and Lyric by Glen Campbell and Julian Raymond

  • Lost Stars” from “Begin Again”
  • Music and Lyric by Gregg Alexander and Danielle Brisebois

Best motion picture of the year

  • American Sniper” Clint Eastwood, Robert Lorenz, Andrew Lazar, Bradley Cooper and Peter Morgan, Producers
  • Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)” Alejandro G. Iñárritu, John Lesher and James W. Skotchdopole, Producers
  • Boyhood” Richard Linklater and Cathleen Sutherland, Producers
  • The Grand Budapest Hotel” Wes Anderson, Scott Rudin, Steven Rales and Jeremy Dawson, Producers
  • The Imitation Game” Nora Grossman, Ido Ostrowsky and Teddy Schwarzman, Producers
  • Selma” Christian Colson, Oprah Winfrey, Dede Gardner and Jeremy Kleiner, Producers
  • The Theory of Everything” Tim Bevan, Eric Fellner, Lisa Bruce and Anthony McCarten, Producers
  • Whiplash” Jason Blum, Helen Estabrook and David Lancaster, Producers

Achievement in production design

  • The Grand Budapest Hotel” Production Design: Adam Stockhausen; Set Decoration: Anna Pinnock
  • The Imitation Game” Production Design: Maria Djurkovic; Set Decoration: Tatiana Macdonald
  • Interstellar” Production Design: Nathan Crowley; Set Decoration: Gary Fettis
  • Into the Woods” Production Design: Dennis Gassner; Set Decoration: Anna Pinnock
  • Mr. Turner” Production Design: Suzie Davies; Set Decoration: Charlotte Watts

Best animated short film

  • The Bigger Picture” Daisy Jacobs and Christopher Hees
  • The Dam Keeper” Robert Kondo and Dice Tsutsumi
  • Feast” Patrick Osborne and Kristina Reed
  • Me and My Moulton” Torill Kove
  • A Single Life” Joris Oprins

Best live action short film

  • Aya” Oded Binnun and Mihal Brezis
  • Boogaloo and Graham” Michael Lennox and Ronan Blaney
  • Butter Lamp (La Lampe Au Beurre De Yak)” Hu Wei and Julien Féret
  • Parvaneh” Talkhon Hamzavi and Stefan Eichenberger
  • The Phone Call” Mat Kirkby and James Lucas

Achievement in sound editing

  • American Sniper” Alan Robert Murray and Bub Asman
  • Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)” Martín Hernández and Aaron Glascock
  • The Hobbit: The Battle of the Five Armies” Brent Burge and Jason Canovas
  • Interstellar” Richard King
  • Unbroken” Becky Sullivan and Andrew DeCristofaro

Achievement in sound mixing

  • American Sniper” John Reitz, Gregg Rudloff and Walt Martin
  • Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)” Jon Taylor, Frank A. Montaño and Thomas Varga
  • Interstellar” Gary A. Rizzo, Gregg Landaker and Mark Weingarten
  • Unbroken” Jon Taylor, Frank A. Montaño and David Lee
  • Whiplash” Craig Mann, Ben Wilkins and Thomas Curley

Achievement in visual effects

  • Captain America: The Winter Soldier” Dan DeLeeuw, Russell Earl, Bryan Grill and Dan Sudick
  • Dawn of the Planet of the Apes” Joe Letteri, Dan Lemmon, Daniel Barrett and Erik Winquist
  • Guardians of the Galaxy” Stephane Ceretti, Nicolas Aithadi, Jonathan Fawkner and Paul Corbould
  • Interstellar” Paul Franklin, Andrew Lockley, Ian Hunter and Scott Fisher
  • X-Men: Days of Future Past” Richard Stammers, Lou Pecora, Tim Crosbie and Cameron Waldbauer

Adapted screenplay

  • American Sniper” Written by Jason Hall
  • The Imitation Game” Written by Graham Moore
  • Inherent Vice” Written for the screen by Paul Thomas Anderson
  • The Theory of Everything” Screenplay by Anthony McCarten
  • Whiplash” Written by Damien Chazelle

Original screenplay

  • Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)” Written by Alejandro G. Iñárritu, Nicolás Giacobone, Alexander Dinelaris, Jr. & Armando Bo
  • Boyhood” Written by Richard Linklater
  • Foxcatcher” Written by E. Max Frye and Dan Futterman
  • The Grand Budapest Hotel” Screenplay by Wes Anderson; Story by Wes Anderson & Hugo Guinness
  • Nightcrawler” Written by Dan Gilroy