月別アーカイブ: 2015年7月

シリーズ最高傑作を引っ提げ、トム・クルーズ来日!ファン700人の熱い歓迎に、トム感激!!

————————————————————————————————
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

8月7日(金)より全国ロードショー!

シリーズ最高傑作を引っ提げ、トム・クルーズ来日!
「日本に戻って来られてうれしい!」
ファン700人の熱い歓迎に、トム感激!!
————————————————————————————————
映画史上最高のスパイ、<不可能を可能にする>伝説のスパイ:イーサン・ハントに
史上最難関のミッションが発令される!

全世界で累計21億ドル(約2520億円)を超えるパラマウントピクチャーズの超人気シリーズ『ミッション:インポッシブル』の最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(日本公開:8月7日(金)。公開に先駆け、トム・クルーズとクリストファー・マッカリー監督が7月30日(金)、プロモーションのため来日致しました。
————————————————————————————————
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』トム・クルーズ来日 空港取材概要
日時:7月31日(金) 17:50頃  場所:羽田空港 国際線到着ロビー

トム・クルーズが、監督のクリストファー・マッカリーとともに、本作のプロモーションのために来日した。トム・クルーズの来日は昨年6月の「オール・ユー・ニード・イズ・キル」以来約1年1か月ぶり、21回目。クリストファー・マッカリー監督はトムと初タッグを組んだ『アウトロー』のプロモーション(2013年1月)以来2度目の来日となる。

羽田空港の到着ロビーでは、多くの報道陣と、女性ファンやファミリーのほか、夏休みということもあり小学生や制服姿の女子高生など幅広い層のファン約700人が到着をいまかいまかと待ちわびた様子だった。「Welcom to Japan」と書かれたお手製のボードを持ったファンやお手製のトム写真入りうちわを持ったファンの姿も。そしてロビーにトムが姿を現した瞬間、あちこちから「トムー!トムー!」の歓声があふれ、まさにトムコール一色に!!トムは真っ先に5歳くらいの女の子のもとへ駆け寄りサインに応じたり、中には「I Love You!! Hug Me!!」と熱烈なラブコールを送る女性ファンもおり、トムも熱いハグで応じるなど感無量の様子だった。そのあとも一人ひとり丁寧にサインや握手、写真撮影に応じたり、時にはファンと会話を交わす場面もあり、黄色い声援が収まらない中、ファンサービスは1時間弱にも及んだ。

ようやくマスコミの前にも姿を現したトムは「日本に戻って来られてうれしい!」とコメント。「サングラスを外してくれる?」とのマスコミからのリクエストには「明日ね!」と笑顔で応えた。

先日ウィーンのオペラハウスで行われたワールドプレミアでは、詰めかけた5,000人以上のファンに向けて約4時間にわたるファンサービスをたっぷりと行ったトム。日本でのキャンペーンはクリストファー・マッカリー監督、製作のブライアン・バークとともに2日の記者会見、3日のプレミアレッドカーペットに出席する予定だ。なお、全米批評家ランキングサイトRotten Tomatoesで97%の高評価(2015年7月28日現在)をたたき出しており、ワールドプレミアでもトムは「シリーズ最高傑作だと自信を持って言える出来だから、きっと皆さんにも楽しんでもらえるはずさ」とコメントしており、自信作を引っ提げてのプロモーションにあたる。親日家のトムだけに、日本のファンに向けて丁寧なファンサービスが期待され、この夏一番熱い1日になることは間違いなさそうだ。
————————————————————————————————
◆『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ストーリー
超敏腕スパイ:イーサン・ハント率いるIMFは無国籍スパイ「シンジケート」の暗躍により、またしても解体の窮地に追い込まれてしまう。イーサンはこの最強の敵にどう立ち向かうのか?誰が敵か味方かわからない中、究極の諜報バトルが繰り広げられる。史上最難関のミッションをコンプリートできるのか!?イーサンの究極の「作戦」とは?

公式HP:http://missionimpossiblejp.jp/ 
Facebook:https://www.facebook.com/missionimpossibleJPN
Twitter:https://twitter.com/MImovie_jp (#mijp)
————————————————————————————————
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

8月7日(金)より全国ロードショー!

スーパークレイジー極悪列伝

 8/1 から渋谷のヒューマントラストシネマ渋谷で鬼才ハーマン・ヤウ監督と怪優アンソニー・ウォンが組んだ3本の作品が上映されます。題して,「スーパークレイジー極悪列伝」。その3本とは,「八仙飯店之人肉饅頭」「エボラ・シンドローム~悪魔の殺人ウイルス~」「タクシーハンター」。香港映画ファンは必見でしょう。

http://super-crazy.united-ent.com/

劇場霊

伝説のホラー映画『女優霊』から20年、その後も『リング』、『クロユリ団地』と傑作ホラーを生み出してきた映画監督・中田秀夫。その最新作『劇場霊』は、嫉妬・憎しみ・怨念うずまく閉ざされた“劇場”を舞台に、救いようのない惨劇が巻き起こる本格ホラーだ。
若手女優・水樹沙羅は、女貴族の生涯を描いた舞台に出演することになる。配役をめぐり女優同士の壮絶な争いが繰り広げられる中、小道具として使われる球体関節人形が持ち込まれてから劇場に異変が起こる。スタッフの女性が変死を遂げ、続いて主演女優も不慮の事故で降板。そして代役として主役に抜擢された沙羅にも、恐怖の影が忍び寄る。
主演はAKB48の島崎遥香。本格的な演技は初挑戦ながら過酷な撮影をみごとにこなし、女優として開花したと中田監督も絶賛。沙羅の親友で秘密をもつ女優・香織に足立梨花、ライバルの人気女優・葵に高田里穂、事件の真相を追う青年・和泉役に劇団EXILEの町田啓太と若手実力派が集結。深夜の劇場で突如巻き起こる惨劇と、フルスピードで駆け抜ける恐怖で観る者を圧倒。ここに、最恐のジェットコースター・ホラーが完成した。

出演:島崎遥香、足立梨花、高田里穂、町田啓太、中村育二、小市慢太郎
監督:中田秀夫 『女優霊』、 『リング』、 『クロユリ団地』
脚本:加藤淳也、三宅隆太
製作:『劇場霊』製作委員会 
配給:松竹株式会社
©2015「劇場霊」製作委員会

11月21日(土)全国ロードショー

公式サイト :http://gekijourei.jp/

合葬

知られざる彰義隊の真実
終わりゆく江戸 切なく揺れ動く 青春最後の一ヶ月
慶応四年(1868年)四月十一日、三百年に亘る江戸幕府の時代が終わりを告げた。 第十五代将軍・徳川慶喜は新政府軍に江戸城を明け渡し、明治時代が幕を開けたのである。 鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」。高い志をもって結成され江戸の民衆から慕われながらも、幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまった彰義隊は、「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまであまり語られることがなかった。 『合葬』は、将軍に熱い忠誠心を持ち、自らの意思で彰義隊に加わった青年・極 (柳楽優弥)と、養子先から追い出され、行くあてもなく赴くままに入隊した柾之助(瀬戸康史)、彰義隊の存在に異を唱えながらもそこに加わらざるをえなかった悌二郎(岡山天音)の、時代に翻弄された数奇な運命を描く。

天才漫画家・杉浦日向子の代表作がついに初実写映画化!
原作は今年没後10年となる漫画家・杉浦日向子が、いまや伝説の漫画雑誌「ガロ」に連載し、日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した同名の傑作漫画(ちくま文庫収録)。これまでの“時代劇”とは一線を画し、現代の若者に通ずるリアルな青春像を描き大きな反響を巻き起こした。 脚本は『ジョゼと虎と魚たち』、TVドラマ「カーネーション」の渡辺あや。監督は、新進気鋭の小林達夫が務める。 音楽は、まったく新しい音楽ユニットとして、コアな音楽ファンに大注目の ASA-CHANG&巡礼。そしてナレーションは カヒミ カリィが担当という異色のコラボが実現した。

出演:柳楽優弥、瀬戸康史、岡山天音、門脇麦、桜井美南 / オダギリジョー
原作:杉浦日向子「合葬」
監督:小林達夫
脚本:渡辺あや
ナレーション:カヒミ カリィ
音楽:ASA-CHANG&巡礼
制作:松竹
企画:松竹撮影所
配給:松竹メディア事業部
上映時間:87分
© 2015 杉浦日向子・MS.HS / 「合葬」製作委員会
2015年9月26日(土)より全国ロードショー
公式サイト :http://gassoh.jp/

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 トムから日本だけに特別ミッション発令!7月13日は「イーサン・ハントの日」!

パラマウントピクチャーズの超人気シリーズ『ミッション:インポッシブル』の最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(原題:『MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION』)。日本では8月7日(金)から全国公開されるが、この度公開に先駆け「イーサン・ハントの日」が制定された。

『ミッション:インポッシブル』は過去4作品までパラマウント映画で製作され、全世界興収が約22億ドル(約2,640億円 ※1ドル=120円換算)を超える空前の大ヒットシリーズ。第一作目『ミッション:インポッシブル』が日本では1996年7月13日に公開されたこと記念し、日本記念日協会から7月13日は「イーサン・ハントの日」と正式に認定された。シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』では、伝説の敏腕スパイ:イーサン・ハントが率いるIMFが無国籍スパイ”シンジケート”の暗躍によって解体の危機に陥れられてしまい窮地に追いやられてしまう。IMFを救うため7月13日「イーサン・ハントの日」にはイーサン・ハント=トム・クルーズから、日本のファンへ全国の様々な場所でミッションが特別に発令され、IMFのメンバー<スパイ>を急募する。

詳しくは7月13日から公式ホームページ、SNS等で発表される。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』は8月7日(金)より全国公開。

◆『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ストーリー

超敏腕スパイ:イーサン・ハント率いるIMFは無国籍スパイ「シンジケート」の暗躍により、またしても解体の窮地に追い込まれてしまう。イーサンはこの最強の敵にどう立ち向かうのか?誰が敵か味方かわからない中、究極の諜報バトルが繰り広げられる。史上最難関のミッションをコンプリートできるのか!?イーサンの究極の「作戦」とは?

原題:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION 日本公開:2015年8月7日(金)、全米公開:2015年7月31日(金)

監督:クリストファー・マッカリー『アウトロー』監督、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ユージュアル・サスペクツ』脚本

出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント)、ジェレミー・レナー(ウィリアム・ブラント/『ハート・ロッカー』)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン/『スター・トレック』シリーズ)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト/『ヘラクレス』)、ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル/『MI』シリーズ)、ショーン・ハリス(『プロメテウス』)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンリー(CIA長官)/『レッド・オクトーバーを追え!』)

公式HP:http://missionimpossiblejp.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/missionimpossibleJPN
公式ツイッター:Twitter:https://twitter.com/MImovie_jp (#mijp)