月別アーカイブ: 2017年8月

探偵はBARにいる3

【探偵】(大泉洋)×【その相棒】(松田龍平)
【最高】のコンビが挑む、【最大】の事件

はじまりはありふれた人探し・・・のハズだった。
【失踪した女子大生】 その裏で見え隠れするのはひとつの殺人事件。
調査を進める中で浮かび上がったのは、モデルクラブの【美人オーナー】マリと、
【冷酷非道な裏社会の住人】北城。卑劣な罠が、次々と探偵と高田に襲い掛かる。
やがて起こるもう一つの殺人事件、高田の敗北、巨額の薬物取引、巧妙なハニートラップ、
裏切りに次ぐ裏切り。事態はただならぬ様相を呈し始めていた。
そしてマリは、自ら裏社会をも欺き、2人の前にやってくる。

【最悪】の依頼。その真相は、2人をどこへ導くのか?
【最後】の事件は、もう始まっている。

大泉 洋 松田龍平 北川景子
原作:東 直己 「ススキノ探偵」シリーズ(ハヤカワ文庫)
脚本:古沢良太 音楽:池 頼広 監督:吉田照幸

■公開日
2017年12月1日

■公式サイト
http://www.tantei-bar.com/

ⓒ2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

彼女が目覚めるその日まで

<INTRODUCTION>
彼女の命は、絶対にあきらめないー
原因不明の病と闘った一人の女性と生きる希望をつないだ家族の絆を描く、感動の実話。

ニューヨーク・ポスト紙で働く、若手記者スザンナ・キャハラン。仕事にプライベートに、最高に充実した人生を送っていた彼女に突然悪夢のような悲劇が降りかかる。発病から回復までの壮絶な日々を、患者本人がジャーナリストの手腕で手記を発表、2009年にニューヨーク・タイムズのベストセラー・ノンフィクション第1位に輝いた。知られざる病の存在を世間に知らしめ、現代の医療システムの落とし穴を暴き、全米に衝撃を与えた闘病記「脳に棲む魔物」(KADOKAWA刊)を映画化。よくある体調不良が突然、正気と狂気の境界線をさまよう原因不明の病になったなら――。2007年に「抗NMDA受容体脳炎」と特定されたこの病は、映画『エクソシスト』のモデルになった実在の少年の臨床像そのものと指摘されている。世界で217人目の患者となったスザンナ・キャハランの7ヵ月に渡る闘病生活と、彼女を支え最後まで生きる望みをあきらめなかった家族の勇気を描く衝撃の実話。

本作は、ハリウッドのスター女優シャーリーズ・セロンがプロデュースに乗り出し映画化が実現、主演は『キックアス』ヒットガールで一躍ブレイク、女優としてのキャリアを着実に積み、美しく成長したクロエ・グレース・モレッツが、今までに見たことのない迫真の演技を見せる。「キングコング:髑髏島の巨神」のトーマス・マン、「マトリックス」のキャリー=アン・モス、「ホビット」のリチャード・アーミテイジ、「ゴーン・ガール」のタイラー・ペリー等豪華俳優陣が脇を支える他、実在の主人公スザンナ・キャハランが共同プロデューサーとして全面協力した。

<STORY>
憧れのニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ・キャハランは、1面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンを両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。ところが、“それ”は突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、大失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、遂には全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、検査結果は「異状なし」。日に日に混乱し、会話も出来なくなったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンは、スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた――。

■原題・英題
BRAIN ON FIRE

監督・脚本:ジェラルド・バレット 製作:AJ・ディクス、ベス・コノ、シャーリーズ・セロン、リンジー・マカダム、ロブ・メリリーズ
出演:クロエ・グレース・モレッツ、トーマス・マン、キャリー=アン・モス、リチャード・アーミティッジ、タイラー・ペリー、ジェニー・スレイト
原作:「脳に棲む魔物」スザンナ・キャハラン著・澁谷正子訳(KADOKAWA刊)
2016/カナダ・アイルランド/英語/カラー/5.1ch/スコープ/89分/G/字幕翻訳:松浦美奈

■公式サイト
http://kanojo-mezame.jp

12/16(土)より角川シネマ有楽町他全国ロードショー

© 2016 On Fire Productions Inc.

8年越しの花嫁 奇跡の実話

YouTubeの動画をきっかけに、
瞬く間に日本中に拡散 本当に起きた、最高の奇跡

結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を、8年間待ち続けた新郎―。
「YouTube」に投稿された動画をきっかけに、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として一気に話題が広がり、TVや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ、海外にも拡散、2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化。目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらもひたむきに彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)など深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、これ以上ない豪華キャスト、スタッフが集結し、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぎます。

【STORY】
意識の戻らない恋人を、あなたは何年待てますかー
結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。
そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる―。

佐藤健 土屋太鳳
薬師丸ひろ子 杉本哲太 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
音楽:村松崇継
原作:中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹

■公式サイト
8nengoshi.jp

2017年12月16日全国ロードショー

ⓒ映画「8年越しの花嫁」製作委員会

サーミの血

2016年東京国際映画祭で審査委員特別賞と最優秀女優賞をダブル受賞、北欧最大の映画祭のヨーテボリ国際映画祭2017では、前年度『ヒトラーの忘れもの』が受賞した最優秀ノルディック映画賞を獲得。その他、世界の映画祭でも絶賛の声が相次ぐ本作は、北欧スウェーデンの美しい自然を舞台に描かれるサーミ人の少女の成長物語であり、差別に抗い生き抜く姿に心打たれる感動作である。

サーミ人とは、ラップランド地方、いわゆるノルウェー、スウェーデン、フィンランドの北部とロシアのコラ半島でトナカイを飼い暮らし、フィンランド語に近い独自の言語を持つ先住民族。映画の主な舞台となる1930年代、スウェーデンのサーミ人は分離政策の対象になり、他の人種より劣った民族として差別された。

監督のアマンダ・シェーネルはサーミ人の血を引いており、自身のルーツをテーマにした短編映画を撮った後、長編映画デビュー作となる本作でも同じテーマを扱った。また、主演のレーネ=セシリア・スパルロクは、今もノルウェーでトナカイを飼い暮らしているサーミ人である。その演技を超えた佇まいは高く評価され東京国際映画祭では最優秀女優賞を受賞している。劇中の民族衣装、小道具、トナカイの扱いなどはすべて正確に再現されている。

音楽を手掛けるのは、ラース・フォン・トリアー監督の『ニンフォマニアック』(2013)、『メランコリア』(2011)、ニコラス・ウィンディング・レフン監督『オンリー・ゴッド』(2013)などに携わったデンマークの作曲家クリスチャン・エイドネス・アナスン。

◆物語
1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

■原題・英題
Sameblod

監督・脚本:アマンダ・シェーネル
音楽:クリスチャン・エイドネス・アナスン
出演:レーネ=セシリア・スパルロク、ミーア=エリーカ・スパルロク、マイ=ドリス・リンピ、ユリウス・フレイシャンデル、オッレ・サッリ、ハンナ・アルストロム
後援:スウェーデン大使館、ノルウェー王国大使館
配給・宣伝:アップリンク

2016年 東京国際映画祭 審査委員特別賞/最優秀女優賞
2016年 ヴェネツィア国際映画祭 新人監督賞/ヨーロッパ・シネマ・レーベル賞
2016年 トロント国際映画祭 ディスカバリー部門 正式出品
2017年 ヨーテボリ国際映画祭 最優秀ノルディック映画賞/撮影賞
2016年 テッサロニキ国際映画祭 ヒューマン・バリュー賞
2017年 タイタニック国際映画祭 最優秀作品賞
2017年 ミネアポリス・セントポール国際映画祭 観客賞 ミッドナイト・サン 二位
2017年 ニューポートビーチ映画祭 外国映画賞
2017年 リビエラ国際映画祭 監督賞/観客賞
2017年 サンタバーバラ国際映画祭 最優秀ノルディック映画賞
2017年 シアトル国際映画祭 審査員大賞/最優秀女優賞
2016年 ハンブルグ映画祭 ヤング・タレント賞 ノミネート

(2016年/スウェーデン、ノルウェー、デンマーク/108分/南サーミ語、スウェーデン語/原題:Sameblod/DCP/シネマスコ―プ)

■公式サイト
http://www.uplink.co.jp/sami/

2017年9月16日(土)より、新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

© 2016 NORDISK FILM PRODUCTION

亜人

【イントロダクション】
絶対に死なない新人類「亜人」の驚天動地のバトルアクションと「何と戦ったらいい?」「何を守ればいい?」という不条理な現実の混乱、世間とは異質な存在になることへの葛藤が容赦なく描かれるハードなサスペンスが注目を集め、カリスマ的人気を誇る人気漫画【亜人】が満を持して実写映画化!

ある日突然“亜人”である事が発覚し、
国家から狙われる逃亡者となってしまった主人公・永井圭役には、その類まれなる身体能力で不可能と呼ばれてきた数々のアクションを成立させてきた佐藤健。
そして“日本版ジョーカー”とも呼べる、ヒール史に残るであろう最凶最悪の不死身テロリスト・佐藤役には綾野剛。
『るろうに剣心』以来2度目の共演となる2大憑依型俳優が漫画原作実写化のハードルを幾度となく乗り越え日本のエンターテイメント界を牽引してきた互いへの絶大な信頼を寄せながら「亜人」の世界を見事に昇華させました。

そして、原作でも人気の高いキャラクター、
厚生労働省・亜人管理委員会の戸崎優役に玉山鉄二。研究のためには亜人への非人道的な虐待を見ても顔色ひとつ変えない超ドS官僚を演じます。
さらに、城田優、千葉雄大、山田裕貴という実力派イケメン俳優陣が、綾野剛演じる佐藤と行動を共にする亜人軍団に参戦。そして女優としての注目度が急上昇中の川栄李奈、今年ブレイク必至の注目の美少女・浜辺美波が、自身が置かれた状況に苦悩する独特の役所を見事に演じ切っています。

監督に「踊る大捜査線」「SP」「PSYCHO-PASS」で王道エンターテインメントの可能性を切り開いてきた本広克行。アクションチームにはメガヒット映画『るろうに剣心』を創り上げたスペシャリストたちが集い、新たなる挑戦を見せています。

2012年より『good!アフタヌーン』で連載されるや否やセンセーショナルな設定の面白さが話題をかっ攫い、目の肥えた漫画好きを唸らせた気鋭・桜井画門による漫画「亜人」が2017年、邦画最高峰のスタッフとストイックに役を生きるキャスト陣の魂により新感覚エンターテイメントとして爆誕!映像世界の常識を、凌駕します。

【ストーリー】
病気の妹を救うために研修医となった永井圭はある日、事故で死亡。しかし直後、生き返る。
亜人と発覚し、崩れ去る圭の人生。
国家に追われ続け、非人道的な実験のモルモットとなってしまう。
そんな圭の前に突如、人類に牙をむく亜人最凶のテロリスト【佐藤】が現れる。
自分の運命に葛藤する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。
やがて始まる、佐藤による衝撃の国獲りゲーム。
衝突する人類と亜人、そして亜人と亜人。
【絶対に死なない男】と【絶対に死なない男】の終わることなき【エンドレス・リピート・バトル】が始まる。
亜人たちは、永遠の命をどう生きるのか―?

【キャスト・スタッフ】
佐藤健 玉山鉄二 城田優 千葉雄大 川栄李奈 山田裕貴
浜辺美波 品川祐 / 吉行和子 / 綾野剛

原作:桜井画門(講談社「good!アフタヌーン」連載)
監督:本広克行 
脚本:瀬古浩司 山浦雅大

■公式サイト
https://www.toho.co.jp/

2017年9月30日全国東宝系にてロードショー

©2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

gifted/ギフテッド

■作品紹介
フロリダに暮らす、ちょっと変わった2人と1匹の家族。7歳の生意気ざかりのメアリーと、彼女の叔父でシングルのフランク、そして“歴史上一番すごい猫”のフレッドだ。互いがいるだけで、毎日が記念日のように楽しい時間は、メアリーが学校へ行くことになり揺らぎ始める。彼女には、生まれながらにして数学の天才的な才能(ルビ:ギフテッド)があった。フランクはメアリーの英才教育を頑なに拒むが、そこへ縁を切ったはずのフランクの母親が現れ、彼からメアリーを奪おうとする。歴史を変える才能の開花か、愛する者と生きる人生か──果たして、メアリーにとっての本当の幸せは? 悩めるフランクには、メアリーの母である亡き姉から託された“ある秘密”があった──。
『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったマーク・ウェブ監督が、チャーミングな映像と心に響くセリフで、“自らの手で作る家族”の素晴らしさを描く感動作。

■原題・英題
GIFTED

【スタッフ】監督:マーク・ウェブ 【キャスト】クリス・エヴァンス、マッケナ・グレイス、リンゼイ・ダンカン、ジェニー・スレイト、オクタヴィア・スペンサー

■公式サイト
http://gifted-movie.jp/

2017年11月23日(木・祝) 全国ロードショー

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ロキシー

アメリカン・ニューシネマの進化形!衝撃のクライム・ラブストーリー。
ゾーイ・クラヴィッツ主演、傑出したアーティストの才能が炸裂!!

■ストーリー
人通りの少ない路地裏で、ギャング風の男たちから逃げようとする女を偶然に見かけたヴィンセント。
行きがかり上、彼女を助けた彼は、車で街から走り去る。
会話もなく、どこまでも続く穀倉地帯を走り続ける二人――。彼女の名はロキシー。
ギャングから金を盗んだとして兄が殺され、金の行方を知っていると疑われたロキシーはギャングから追われていたのだった。
行くあてもなく、ヴィンセントの故郷の町に身を潜めることに。
田舎町で過ごすうちに、次第に心惹かれてゆく二人。
しかし、平穏な日々は続かず、居場所を嗅ぎ付けたギャングの手が、すぐそこまで迫っていた……。

■原題・英題
Vincent N Roxxy

監督&脚本:ゲイリー・マイケル・シュルツ
撮影:アレックス・ディケンホフ

出演:ゾーイ・クラヴィッツ「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
   エミール・ハーシュ「イン・トゥ・ザ・ワイルド」「ジェーン・ドウの解剖」
   ゾーイ・ドゥイッチ「ダーティ・グランパ」
   エモリー・コーエン「ブルックリン」

2016年/アメリカ/101分/R15+/松竹メディア事業部配給

■公式サイト
http://roxxy.jp/

10月21日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開

©2016 VNR LLC. All Rights Reserved.

GODZILLA 怪獣惑星

【イントロダクション】
 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。
2016年には『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督)が公開。徹底的なリアリティをもって描かれた様々な描写が観客の心をつかみ、興行収入82.5億円を記録する大ヒットとなった。そして2017年、『ゴジラ』は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA』である。
 本作が描くのは、これまでのどんな『ゴジラ』とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。
 監督には、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を手掛け、シリーズ歴代最高の興行収入を記録した静野孔文が参加。コンビを組むもう一人の監督が瀬下寛之。CG領域の第一線で培われたその手腕は監督、総監督作である『シドニアの騎士 第九惑星戦役』、『BLAME!』で立証済みと言える。ストーリー原案・脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られる虚淵玄(ニトロプラス)。突破力抜群のアイデアと先を読ませない緻密な構成力は多くのファンの心を捉えている。そして制作は『シドニアの騎士』を始め、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』等で米国テレビ業界のアカデミー賞として知られるエミー賞最優秀賞(デイタイム・エミー賞 アニメーション番組特別部門最優秀賞)を通算5度受賞するなど数々の実績を持つ国内最高峰の3DCGスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。
 誰も見たことのない新しい“ゴジラ”の始まりを告げる咆哮が今、響き渡る――。

【ストーリー】
 二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。
巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。
 移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。
だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。
 果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

【スタッフ】
監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス)
シリーズ構成/虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき キャラクターデザイン原案/コザキユースケ 
副監督/森田宏幸 演出/吉平“Tady”直弘 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli 
CGキャラクターデザイン/森山佑樹 造形監督/片塰満則 美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納 
音響監督/本山 哲
【キャスト】宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・杉田智和・梶裕貴・諏訪部順一・小野大輔・三宅健太・堀内賢雄・中井和哉・山路和弘
【製作】 東宝 
【制作】 ポリゴン・ピクチュアズ

■公式サイト
godzilla-anime.com

11月17日(金)全国公開

©2017 TOHO CO.,LTD.

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

【イントロダクション】
人気コラムニスト・渋谷直角のレジェンドコミックを、
「モテキ」の大根仁監督が映画化!

“力まないカッコいい大人”=奥田民生、に憧れる雑誌編集者が、男を狂わす
ファッションプレスの女に一目ぼれ!!恋の喜びや絶望を味わい、もがき苦しむ抱腹絶倒のラブコメディ!
主人公【コーロキ】役には、数々の映画賞を受賞し、幅広い役柄を変幻自在に演じる当代随一の俳優、妻夫木聡。「僕はそもそも奥田民生になりたいボーイなんです。」と公言するファンであり、映画化を熱望!うだつが上がらない編集者をコミカルに演じる。
超絶美人なファッションプレス【あかり】役には、ファッションアイコンとして絶大な支持を得るトップモデルで、話題の映画やドラマにも立て続けに出演する人気女優、水原希子。
最強(最恐!最狂!)にキュートでセクシーな【あかり】が、観る者すべてを狂わせる!
また、編集長【木下】役に松尾スズキ。先輩【ヨシズミ】役に新井浩文。人気コラムニスト【美上ゆう】役に安藤サクラ。アパレルブランドの女社長【江藤】役に天海祐希。フリーライター【倖田シュウ】役にリリー・フランキー。一癖も二癖もある登場人物たちを、邦画界を代表する豪華俳優陣が演じる。
奥田民生の珠玉のナンバーにのせて、最後の青春が走り出す!!
最狂にポップで、かつてない恋愛エンターテインメント!!
乞うご期待!

【ストーリー】
奥田民生を崇拝する33歳、コーロキ。
おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも
次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!
そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。
その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。
あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。
あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。
コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!?
そしてもがく先にあかりとの未来はあるのか!?

【キャスト・スタッフ】
妻夫木聡 水原希子
新井浩文 安藤サクラ 江口のりこ 天海祐希 リリー・フランキー 松尾スズキ

≪キャスト≫
妻夫木聡 水原希子/新井浩文 安藤サクラ 松尾スズキ

原作:渋谷直角「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」(扶桑社刊)
監督・脚本:大根仁

■公式サイト
https://www.toho.co.jp/movie/lineup/tamioboy.html

2017年9月16日全国東宝系にてロードショー

©2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

アトミック・ブロンド

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』シャーリーズ・セロン主演
『X-MEN』『ウォンテッド』ジェームズ・マカヴォイ×『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ソフィア・ブテラ×『DEADPOOL2』デヴィッド・リーチ監督
豪華布陣で贈るスタイリッシュ・スパイアクション

1989年、冷戦末期。MI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入した。世界中のスパイがリストを狙い、真実も、嘘も、敵も、味方もわからない究極の状況下、果たしてロレーンと世界の運命は――。
主人公の女スパイ ロレーンを演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で高い評価を受けるシャーリーズ・セロン。共演には、『X―MEN』『ウォンテッド』の演技派俳優ジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のガゼル役で一躍注目され、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では敵の王女役に起用されたソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)など実力派俳優が脇を固める。監督は『ジョン・ウィック』共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編を手がけることが決定しているデヴィッド・リーチ。
超豪華なキャスト、スタッフが放つ、新感覚のスタイリッシュ・スパイアクションが誕生した!!

■原題・英題
Atomic Blonde

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)
キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)
配給:KADOKAWA

■公式サイト
atomic-blonde.jp

10月20日(金)より全国ロードショー!

© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.