月別アーカイブ: 2018年7月

劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

【イントロダクション】
誕生から10年。すべての思いを胸に、
「コード・ブルー」はスクリーンへ―。
シリーズ最大のスケール&スペクタクルで贈る、
ファン待望の劇場版!!

2008年7月期にCX系列で1st Seasonが放送され、平均視聴率、最高視聴率ともに同クール連続ドラマ内第1位を記録する大ヒットとなった連続ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」。
「リアルな医療・災害現場の描写」「患者とそれに接する人々が織りなす感動の人間ドラマ」「主
人公たち5人の成長物語と絆」を描いた本作は、それまでの医療ドラマと一線を画する作品として
多くのファンを生み、スペシャルドラマ(2009年)、2nd Season(2010年)と次々に続編が
制作され、いずれも大好評を博しました。
そして昨夏、7年ぶりの連続ドラマ最新作となった3rd Seasonも平均視聴率14.6%、最高視聴
率16.4%と、ともに同クール連続ドラマ内で第1位となり、その変わらぬ人気を示すとともに、
かねてより映画化を求める多くのファンの声に応えるべく、この度、誕生から10周年となる2018
年に劇場版の公開が決定しました。

これまで、TVシリーズでは「高速道路多重衝突事故」(1st Season)、「列車脱線事故」(スペシャルドラマ)、「旅客機不時着事故」(2nd Season)、「地下鉄トンネル崩落事故」(3rd Season)という大規模災害が描かれてきましたが、劇場版ではそれらを上回る、未曽有の大事故が発生します。

キャストは、主演の藍沢耕作を演じる山下智久をはじめ、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介の「コード・ブルー」を10年間支えてきた5名が引き続き出演するほか、3rd Seasonを彩った有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、成田凌、新木優子、馬場ふみか、安藤政信、椎名桔平も勢揃い。誰一人欠けることの無い、ファンが最も求めるキャスティングが実現しました。

シリーズ最大のスケールとスペクタクルで描かれる大規模災害と、そこに巻き込まれた患者たちが織りなす感涙必至の人間ドラマ、そして10年間、多くの困難に立ち向かい互いを支え合ってきた藍沢ら5人が歩む、それぞれの旅立ちへの道―。
この夏、「コード・ブルー」の集大成となる劇場版に、日本中が興奮と感動に包まれます。

【ストーリー】
別れまで、あと3週間―。
あなたなら、大切な人に何を伝えますか?

地下鉄トンネル崩落事故から3か月後、旅立ちの時が迫る藍沢たち。
その旅立ちが「別れ」を意味することに気づきながらも、彼らは10年間を共にした互いへの思いを抱えたまま、日々を過ごしていた。

しかしそんな彼らの思いに構うことなく、出動要請が入る。
前代未聞の「空」と「海」で未曽有の大事故が連続発生。
史上最悪の現場に、彼らはいかに立ち向かうのか。
そしてその先に、答えはあるのか―。

「コード・ブルー」10年の集大成。
シリーズ最大の感動で贈る劇場版―。

【キャスト・スタッフ】
山下智久 新垣結衣 戸田恵梨香 比嘉愛未 浅利陽介
有岡大貴(Hey! Say! JUMP) 成田凌 新木優子 馬場ふみか
新田真剣佑 かたせ梨乃 山谷花純 丸山智己 杉本哲太 安藤政信 椎名桔平

監督:西浦正記
脚本:安達奈緒子
音楽:佐藤直紀
プロデュース:増本 淳
主題歌:Mr.Children「HANABI」(TOY’S FACTORY)

■公式サイト
http://www.codeblue-movie.com/index.html

2018年7月27日全国東宝系にてロードショー

©2018「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

ここは退屈迎えに来て

圧倒的共感を呼んだ傑作小説が、名監督&新世代豪華キャストにより待望の映画化!

出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳
原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫 
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也 

■公式サイト
http://taikutsu.jp/

2018年10月19日全国ロードショー

© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

ペンギン・ハイウェイ

【イントロダクション】
新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、
鮮やかに描き出す、心弾む青春ファンタジー

「夜は短し歩けよ乙女」、「有頂天家族」など、数々のベストセラー作品をもつ森見登美彦の「ペンギン・ハイウェイ」(角川文庫刊)。少年の一夏の成長を独特の世界観で瑞々しく描き、多くのファンに支持され続けている作品が、気鋭のアニメーションスタジオ・スタジオコロリドにより、この夏アニメーション映画として生まれ変わります。

監督は、「フミコの告白」で国内外の賞を多数受賞し、『陽なたのアオシグレ』(13年)でも第17回文化庁メディア芸術祭にてアニメーション部門の審査委員会推薦作品に選出されるなど、アニメーション界で今最もその才能に注目が集まるクリエイターの一人、石田祐康。

声の出演として、主人公アオヤマ君役に、オーディションで役を射止めた若手女優・北香那。そして無邪気で明るい一面と、ミステリアスな雰囲気を併せもつ“お姉さん”を、演技派女優・蒼井優が演じます。
さらにアオヤマ君のお父さん役に西島秀俊、ハマモトさんのお父さん役に竹中直人と、豪華名優たちが脇を固めます。
また、主題歌は宇多田ヒカルが担当。本作のための新曲「Good Night」を書き下ろしました。

無限の可能性を秘めた少年の瞳を通して描かれる、“果てしない世界の謎”と“冒険”。 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す “心弾む青春ファンタジー映画”が、この夏誕生します。

【ストーリー】
少し不思議で、一生忘れない、あの夏が始まる。

小学四年生のアオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。
毎日努力を怠らず勉強するので、「将来は偉い人間になるだろう」と思っている。そんなアオヤマ君にとって何より興味深いのは歯科医院の“お姉さん”。気さくで胸が大きくて、自由奔放でミステリアスなお姉さんをめぐる研究も真面目に続けていた。

ある日、アオヤマ君の住む郊外の街に突如ペンギンが現れ、そして消えた。さらにアオヤマ君は、お姉さんがふいに投げたコーラの缶がペンギンに変身するのを目撃する。

「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」

一方、アオヤマ君は、クラスメイトのハマモトさんから森の奥にある草原に浮かんだ透明の大きな球体の存在を教えられる。やがてアオヤマ君は、その謎の球体“海”とペンギン、そしてお姉さんには何かつながりがあるのではないかと考えはじめる。

そんな折、お姉さんの体調に異変が起こり、同時に街は異常現象に見舞われる。

果たして、 お姉さんとペンギン、“海”の謎は解けるのか― !?

出演:北 香那 蒼井 優  
   釘宮理恵 潘 めぐみ 福井美樹 能登麻美子 久野美咲  
   西島秀俊 竹中直人

主題歌:「Good Night」宇多田ヒカル(EPICレコードジャパン)

原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド

■公式サイト
penguin-highway.com

8月17日(金)より全国公開

© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

劇場版ポケットモンスター みんなの物語

【イントロダクション】
20周年記念作品「キミにきめた!」の大ヒットから1年――。
監督を始めとする制作陣に若き才能が加わり、全く新しいポケモン映画「みんなの物語」が遂に誕生。この夏、みんなと一緒に、まだ誰も見たことのない冒険へ向かって、キミも一歩を踏み出そう!

【ストーリー】
人々が風と共に暮らす街・フウラシティでは、1年に1度だけ開催される“風祭り”が行われていた。祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れて、人々はそこで恵みの風をもらう約束を、昔から交わしていたという。

ポケモン初心者の女子高生、リサ。
嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。
自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。
ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん、ヒスイ。
森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。

偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、5人の仲間たちと出会う。それぞれが悩みを抱え、パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、みんなが出会うことで、運命の歯車が動き出す……。ルギアとの約束は守られるのか? そして幻のポケモン・ゼラオラの正体とは??

今、人とポケモン、みんなの絆が奇跡を起こす――。

【キャスト・スタッフ】
声の出演
芦田愛菜(ラルゴ)、川栄李奈(リサ)、濱田岳(トリト)、大倉孝二(カガチ)、野沢雅子(ヒスイ)、
中川翔子(リク)、山寺宏一(オリバー市長)、
松本梨香(サトシ)、大谷育江(ピカチュウ)、林原めぐみ(ムサシ)、
三木眞一郎(コジロウ)、犬山イヌコ(ニャース)、石塚運昇(ナレーション)

原案:田尻 智  
監督:矢嶋哲生  
アニメーションスーパーバイザー:湯山邦彦
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉、片上秀長
プロデューサー:下平聡士、松山進、知久敦、大日向俊
脚本:梅原英司、高羽彩  
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸、和田丈嗣
キャラクターデザイン:金子志津枝  
総作画監督:西谷泰史、丸藤広貴
音響監督:三間雅文  
音楽:宮崎慎二 
アニメーション制作:OLM / WIT STUDIO
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝

■公式サイト
www.pokemon-movie.jp

2018年7月13日全国東宝系にてロードショー

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon (C)2018 ピカチュウプロジェクト

SUNNY 強い気持ち・強い愛

【イントロダクション】
珠玉の90年代J-POPと超豪華キャスト陣の競演で贈る
最強の“笑って泣ける青春音楽映画”が誕生!!

常に新しい映像表現と音楽センスで話題をさらう『モテキ』の大根仁が、映画化を熱望し続けた『SUNNY 強い気持ち・強い愛』。原作となった映画『サニー 永遠の仲間たち』に心掴まれたファンのひとりでもある大根仁が、物語の舞台を日本に移し、90年代に流行した音楽やファッションをきらびやかに散りばめて再構築し、監督・脚本を一手に担います。企画・プロデュースは、『告白』『モテキ』『君の名は。』など数々のヒット作を世に放ち続ける川村元気。そして音楽は“TKサウンド”で90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当。自身最後の映画音楽となる劇伴24曲を完全オリジナルで制作し、音で映画の世界を彩ります!
稀代のヒットメーカー3人の才能が一堂に会することで、『モテキ』を上回る、90年代の珠玉のJ-POPヒットソングをふんだんに使った圧倒的な音楽的仕掛けと、現在・過去を演じる超豪華キャスト陣の競演に彩られた、最強の“笑って泣ける青春音楽映画”がこの夏、スクリーンに誕生します!!

【ストーリー】
日本中の女子高生がルーズソックスを履き、空前のコギャルブームに沸いた90年代、
そんな時代に青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ「サニー」のメンバー6人は、
22年の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。
専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた…。「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。
芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す。裕子、心、梅、そして奈々…、かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのか?
夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代が交差して紡がれる物語は、ラスト、“強い気持ち”と“強い愛”によって、予想もしていなかった感動を巻き起こす!!

【キャスト・スタッフ】
篠原涼子 広瀬すず
小池栄子 ともさかりえ 渡辺直美
池田エライザ 山本舞香 野田美桜 田辺桃子 富田望生
三浦春馬 リリー・フランキー / 板谷由夏

原作:「Sunny」CJ E&M CORPORATION
監督・脚本:大根 仁
音楽:小室哲哉

■公式サイト
http://sunny-movie.jp/

2018年8月31日全国東宝系にてロードショー

©2018「SUNNY」製作委員会