日別アーカイブ: 2018年11月14日

GREEN BOOK

ヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリが主演する “GREEN BOOK” が 11/16 にアメリカで公開となります。11/13 にニューヨークプレミアが開催され,お二人も登場しました。

 

Academy Award® nominee Viggo Mortensen (Eastern Promises, The Lord of the Rings trilogy) and Academy Award® winner Mahershala Ali (Moonlight, Hidden Figures) star in Participant Media and DreamWorks Pictures’ Green Book. In his foray into powerfully dramatic work as a feature director, Peter Farrelly helms the film inspired by a true friendship that transcended race, class and the 1962 Mason-Dixon line.

When Tony Lip (Mortensen), a bouncer from an Italian-American neighborhood in the Bronx, is hired to drive Dr. Don Shirley (Ali), a world-class Black pianist, on a concert tour from Manhattan to the Deep South, they must rely on “The Green Book” to guide them to the few establishments that were then safe for African-Americans. Confronted with racism, danger—as well as unexpected humanity and humor—they are forced to set aside differences to survive and thrive on the journey of a lifetime.

Jim Burke (The Descendants), Charles B. Wessler (The Heartbreak Kid) produce alongside Farrelly’s fellow writers, Brian Currie and Nick Vallelonga, and Farrelly. The drama is executive produced by Participant’s Jeff Skoll (The Help) and Jonathan King (Lincoln), along with Octavia Spencer (Fruitvale Station) and Kwame L. Parker (Kill Bill series), as well as Cinetic Media’s John Sloss (Boyhood) and Steven Farneth. Linda Cardellini (Brokeback Mountain, The Founder) co-stars.

Genres Drama
Starring Viggo Mortensen, Mahershala Ali, Linda Cardellini, Sebastian Maniscalco, Dimiter D. Marinov, P.J. Byrne
Directed By Peter Farrelly
Produced By Jim Burke, Charles B. Wessler, Brian Currie, Peter Farrelly, Nick Vallelonga
Executive Produced By Jeff Skoll, Jonathan King, Octavia Spencer, Kwame L. Parker, John Sloss, Steven Farneth

私は、マリア・カラス

“マリアとして生きるにはカラスの名が重すぎるの―”
むき出しの魂でうたい、愛した世紀の歌姫(ディーバ)の<告白>。
紐解かれる未完の自叙伝、封印された手紙、秘蔵映像・音源の数々。

Introduction

誰も知らないマリア・カラスがここに。

「幸せも不幸も選べない。神様お願い、打ち勝つ力をください。」
初めて自らの[言葉]と[歌]だけで綴る、ディーヴァと呼ばれた一人の女性の切ない人生の真実

Story

音楽史に永遠に輝く才能と絶賛されたオペラ歌手、マリア・カラス。いちど聴けば忘れられない世界にひとつの歌声と、高度なテクニックを自在に操る歌唱力、役柄とひとつになる女優魂、さらにエキゾティックな美貌と圧倒的なカリスマ性で、聴衆をとりこにした不世出のディーヴァだ。
スターの座に上り詰めた彼女の名は、数々のスキャンダルによってさらに広まった。28歳年上の男性との結婚、大統領やセレブも駆け付けたローマ歌劇場の舞台を第1幕で降りたことへのバッシング、メトロポリタン歌劇場の支配人とのバトル、ギリシャの大富豪オナシスとの大恋愛、そしてそのオナシスが元ケネディ大統領夫人ジャッキーと結婚したことを新聞で知るという衝撃の顛末。
ドラマティックな人生は幾度か映画化され、マリア・カラスの伝説はコンプリートされたかに見えた。ところが、没後40年にして彼女の未完の自叙伝の存在が明らかになる。彼女に惚れ込んだトム・ヴォルフ監督は、3年の月日をかけた〈真のマリア・カラスを探し求める旅〉でこの自叙伝を入手。さらに、彼女の親友たちから信頼を得て、封印されてきたプライベートな手紙や未公開映像もふんだんに集めることに成功した。そこで描かれるのは「誰も知らない」マリア・カラス。スキャンダルやバッシングの嵐の中、プロフェッショナルとしての信念に、倒れても歌うことを諦めなかった壮絶な“カラス”と、ひとりの女性として愛を切望し、千々に心乱され苦悩しながらも、全てを受け入れようと変化していく“マリア”の姿があった。その「圧巻の歌声」は、彼女の偽りのない「告白」により、深い哀しみと深い愛を湛え、我々の胸をさらに掴んで離さないものとなる―。

監督 トム・ヴォルフ
朗読  ファニー・アルダン
上映時間 114分
製作国 フランス
配給会社 ギャガ

公式サイト https://gaga.ne.jp/maria-callas/

12月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー

© 2017 – Elephant Doc – Petit Dragon – Unbeldi Productions – France 3 Cinema