日別アーカイブ: 2018年11月30日

『パッドマン 5億人の女性を救った男』ナダル結婚後初イベント! コロチキが最愛の妻のために 生理用ナプキンを手作り!

 現代のインドで清潔で安価な“生理用品”の普及に人生を捧げた男の感動の実話『パッドマン 5億人の女性を救った男』(原題:Padman)が、 ソニー・ピクチャーズ配給にていよいよ12月7日(金)より公開いたします

 本作は愛する妻のための一途な思いが、インドの女性5億人を救った実話です。そしてこの度、コロコロチキチキペッパーズを迎え、公開前イベントを開催いたしました。お二人には映画について熱く語ってもらうとともに、世界に一つだけのナプキンの手作りにも挑戦!女性のからだを知ることで、より女性への尊敬を深めていただきました。


『パッドマン 5億人の女性を救った男』 公開直前イベント

◆日時:11月29日(木) 18:00

◆場所:ソニー・ピクチャーズ試写室

(東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス2F)

◆登壇者:コロコロチキチキペッパーズ(ナダル、西野創人)


 先日結婚を発表した幸せムードのナダルは「先日、結婚させて頂きました!(指輪をみせて)カルティエです!」と披露。結婚発表後初のイベントのとのことで「新たな気持ちで、妻を背負っているというか…?表現間違えましたが、新しく家族ができたので頑張っていかないといけないと思います」とコメント。

 映画については、まず西野は「すごかったですね!主人公の奥さんに対する気持ちが。何がすごいかってお金を儲けようとして始めたんではなく、奥さんのことを思って始めたことが結果としてたくさんの女性を救っていくので本当に感動しました」、一方ナダルは「ほんまによかったです!(主人公が)最初は本当に嫌われまくってるじゃないですか? インドではまだ“生理“自体が穢れとされているんですけど、仕方ないことになんですけどね。でも(主人公の行動が村で変態扱いされ)好感度えぐかったでしょ?僕も一緒なんですよ。変態じゃないんですけど僕と重なる部分があるんですよ」と主人公に共感する部分を感じていると語った。「すごい重ねる部分はあるのでほんまに観てほしい!いうたら”陸王“とか”下町ロケット“と似たような感じで、這い上がる熱い話でただ持ってるものがナプキンっていうだけなんですよ(笑)」とコメント。

 ここで妻を持つお二人が布製の生理用ナプキンの手作りに挑戦し、ナダルは「結構家庭科でやっていたのでお裁縫得意なんですよ僕」と自慢げにコメント。お裁縫は苦手だという西野は「スタッフさんに手伝ってもらいながら作ったんですけど、初めてですよ3、4人でナプキン作りしたのは(笑) でも肌触りとか気にしないといけないので難しいですね」とナプキン作りに悪戦苦闘した模様。

 ついに完成した手作りナプキンを持ってナダルは「これを使ってもらえたら嬉しいですけど、みんなの前で作ったっていうのは恥ずかしいですね。やっぱり主人公の偉大さに気づかされました」と恥かしながらコメント。最後に西野は「最初は”パッドマン“と聞いてスパイダーマン的なヒーローだと思いました(笑) でもポスターみたらナプキンもっていたので全然違うんだと、それでもどうゆう映画なんだろと思いますし、オープニングからずっと楽しかったので見入ってしまいました」とコメント。

 ナダルは「最初マネージャーから”ナプキンのPR入りました!“ってきたんですよ(笑) なんだそれはと思いましたけど、内容がやっぱり入りづらいじゃないですか? ナプキンのこともあんまり知らないですしちょっとなんか恥ずかしいんですよね。でもこれを観たらなくなりました!大事なことですし、単純に熱くなる話ですしいろんな方に観てほしいですね」と熱いコメントで締めくくったが、すかさず西野が「好感度あがりました?」と聞きMCが「めちゃくちゃ上がりました」と反応するとナダルは食い気味に司会者の女性に向かって「好きです(笑)」とボケを披露し会場は笑いに包まれイベントは終了しました。


「愛する妻を救いたい。」
その想いは、やがて全女性たちの救済に繋がっていく。

 インドの小さな村で新婚生活を送る主人公の男ラクシュミは、貧しくて生理用品が買えず 不衛生な布で処置をしている最愛の妻を救うため 清潔で安価なナプキンを手作りすることを思いつく。日々 研究とリサーチに明け暮れるラクシュミの行動は 村中の人から奇異な目で見られ 数々の誤解や困難に直面、ついには村を離れるまでの事態に。それでも諦めることなく 彼の熱意に賛同した女性パリーとの出会いと協力もあり ついに低コストで大量生産できる機械を発明、農村の女性たちに ナプキンだけでなく 彼が発明した機械を使って働く機会をも与えようと奮闘する最中、彼の運命を大きく変える出来事が訪れる

2018年/インド映画/2時間17分 公式HP:padman.jp
監督・脚本:R.バールキ 
出演:アクシャイ・クマール/ソーナム・カプール/ラーディカー・アープテー

12月7日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開

メリー・ポピンズ リターンズ ― ワールドプレミア Mary Poppins Returns – World Premiere

「メリー・ポピンズ リターンズ」のワールドプレミアが 11/29 にハリウッドで行われました!
この映像を見れば,それに参加した気分になるかもしれません。

ディック・ヴァン・ダイクも来てたのですよ!!

全米公開は 12/19,日本公開は来年 2/1 です。

Vox Lux

ナタリー・ポートマン主演の “Vox Lux” が 12/7 に全米で公開されます。最新の予告編ができたようです。

VOX LUX begins in 1999 when teenage sisters Celeste (Raffey Cassidy) and Eleanor (Stacy Martin) survive a seismic, violent tragedy. The sisters compose and perform a song about their experience, making something lovely and cathartic out of catastrophe – while also catapulting Celeste to stardom. By 2017, the now 31-year-old Celeste (Natalie Portman) is mother to a teenage daughter of her own and struggling to navigate a career fraught with scandals when another act of terrifying violence demands her attention.

Starring: Natalie Portman, Jude Law, Stacy Martin, Jennifer Ehle, and Raffey Cassidy
Original Songs by: Sia
Original Score by: Scott Walker

生誕70年・没後10年 市川準映画祭:シネ・ヌーヴォ (12/1 – 21)

大阪九条のシネ・ヌーヴォでは 12/1 から 12/21 にかけて,「生誕70年・没後10年 市川準映画祭」と題する特集上映を行います。

市川準監督作品の中から15本が上映されます。また,12/1(土)12:55『東京夜曲』上映後には市川準夫人の市川幸子さんの舞台挨拶と市川準研究で知られる倉田剛さんのトークショーがあります。これだけの作品がまとめて観られる機会はそうざらにはないのではないでしょうか。

シネ・ヌーヴォ:http://www.cinenouveau.com/

清水宏と小津安二郎:神保町シアター (12/1 – 28)

東京神保町の神保町シアターでは 12/1 から 12/28 にかけて,「生誕115年記念 清水宏と小津安二郎―ふたりの天才が残した奇跡の映画」と題する特集上映を行います。

神保町シアターでは,ゴールデンウイークにも小津監督を小特集しましたが,今回はその第2弾も兼ねて,奇しくも同年生まれであり,また親友でもあった清水監督と併せて特集されます。二人が活躍したサイレント期からトーキー初期・戦後にわたるそれぞれの時代から印象深い作品を選び出し,各々の遺作もご覧いただきますとのこと。かなり通好みの選択がされていると思います。

神保町シアター:http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/