月別アーカイブ: 2019年1月

“WHAT MEN WANT” – U. S. Premiere

“WHAT MEN WANT” の LA プレミアが 1/28 に行われました。この映画は 2/8 に全米で公開となります。


Ali Davis (Taraji P. Henson) is a successful sports agent who’s constantly boxed out by her male colleagues. When Ali is passed up for a well-deserved promotion, she questions what else she needs to do to succeed in a man’s world… until she gains the ability to hear men’s thoughts! With her newfound power, Ali looks to outsmart her colleagues as she races to sign the next basketball superstar, but the lengths she has to go to will put her relationship with her best friends and a potential new love interest (Aldis Hodge) to the test. WHAT MEN WANT is the latest comedy from director Adam Shankman (HAIRSPRAY) and producers Will Packer and James Lopez (GIRLS TRIP), co-starring Tracy Morgan, Richard Roundtree, Wendi McLendon-Covey, Josh Brener, Tamala Jones, Phoebe Robinson, Max Greenfield, Jason Jones, Brian Bosworth, Chris Witaske and Erykah Badu.

Starring: Taraji P. Henson, Aldis Hodge, Richard Roundtree, Wendi McLendon-Covey and Tracy Morgan
Directed By Adam Shankman
Produced By Will Packer and James Lopez

“FIVE FEET APART” – Trailer

“FIVE FEET APART” の予告編が到着しました。3月に全米で公開されます。

Stella Grant (Haley Lu Richardson) is every bit a seventeen-year-old…she’s attached to her laptop and loves her best friends. But unlike most teenagers, she spends much of her time living in a hospital as a cystic fibrosis patient. Her life is full of routines, boundaries and self-control – all of which is put to the test when she meets an impossibly charming fellow CF patient named Will Newman (Cole Sprouse). There’s an instant flirtation, though restrictions dictate that they must maintain a safe distance between them. As their connection intensifies, so does the temptation to throw the rules out the window and embrace that attraction. Further complicating matters is Will’s potentially dangerous rebellion against his ongoing medical treatment. Stella gradually inspires Will to live life to the fullest, but can she ultimately save the person she loves when even a single touch is off limits?

Starring: Haley Lu RIchardson (Split, The Edge of Seventeen), Cole Sprouse (Riverdale, THe Suite Life of Zack and Cody), Moises Arias (The Kings of Summer, Ben-Hur), Kimberly Hébert Gregory (Vice Principals), Paraminder Nagra (ER, Bend it Like Beckham), Claire Forlani (Crystal Inferno, Precious Cargo)
Directed By Justin Baldoni
Produced By Cathy Schulman (The Foreigner, The Space Between Us) & Justin Baldoni (Jane the Virgin, My Last Days)

レゴ®ムービー2

世界中でメガヒットを記録し、数々の賞レースを賑わせた傑作レゴ®ムービー最新作!
自由で創造力あふれる映像と、尖りまくったギャグセンスで大人も子供も魅了した『レゴ®ムービー』(2014年)!『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督らが年間ベストに選出、トップクリエイターも絶賛するすべてがサイコーな映画として世界中を席捲。そして2019年春、さらにスケールアップしたレゴ®ワールドが日本に上陸する!

今度の舞台は宇宙!? 
ブロックシティが襲われた事件から数年後、街の秩序が崩壊し荒んだ世界――。いつも明るくちょっぴりおバカなエメットの前に現れたのは、謎の宇宙人。ルーシーと仲間たちを、連れ去ってしまった!仲間と“フツー”の日常を取り戻すため、誰よりもごく“フツー”なエメットは超フツーじゃない宇宙へ!?
またもや“選ばれし者”になったエメットの戦いは、前代未聞の領域へ。ヤバいクイーンが支配する“すべてがミュージカル”な惑星で一体なにが起こるのか?
アカデミー賞®歌曲賞にノミネートされた“Everything Is AWESOME!!!”を超える、スペシャルな楽曲にも期待大。【すべてがもっとサイコー!】になったギャラクシーアドベンチャーの襲来だ!

監督:マイク・ミッチェル(『シュレック・フォーエバー』)
脚本:フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『レゴ®ムービー』)
製作:ダン・リン、フィル・ロード、クリストファー・ミラー、ロイ・リー

■声の出演
【字幕版】
クリス・プラット(『ジュラシック・ワールド/炎の王国』)、エリザベス・バンクス(『ハンガー・ゲーム』シリーズ)、ティファニー・ハディッシュ(『アンクル・ドリュー』)、ウィル・アーネット(『ミュータント・タートルズ』)
【吹替版】
エメット&レックス・デンジャーベスト役:森川智之
ルーシー役:沢城みゆき
バットマン役:山寺宏一

Original Title THE LEGO® MOVIE 2: THE SECOND PART

オフィシャルサイト legomovie.jp

Film Hashtag #TheLEGOMovie

■配給
ワーナー・ブラザース映画

3月29日(金)公開

© 2019 WARNER BROS. ENTERTAIMENT INC.

Bの戦場

誰もが認める「絶世のブス」であるため、自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働く香澄(ガンバレルーヤよしこ)は、イケメン上司・久世(速水もこみち)から突然プロポーズされる。しかし久世は、自称“意識の高いB専”で香澄のことを「ドブス」と好意を持って言い放つ。断じて事態を受け入れられない香澄は、久世を無視し仕事に没頭するが、トラブル勃発。おまけに一緒に結婚式を彩るフラワーコーディネーター・武内(大野拓朗)にも好意をよせられてしまう…。「絶世のブス」である自分を心から「かわいい」と言ってくれる運命の相手はどちらなのか?三角関係が織り成す、ブスに素敵なウェディングプランナーの恋の物語。

監督:並木道子 (「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(2016年)「最高の離婚」(2013年))
脚本:久馬歩(ザ・プラン9)
出演:よしこ(ガンバレルーヤ) 大野拓朗 速水もこみち
原作:ゆきた志旗「Bの戦場」(集英社 オレンジ文庫刊)
制作:フジテレビジョン よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作:吉本興業

Ⓒゆきた志旗/集英社 Ⓒ吉本興業

映画ドラえもん のび太の月面探査記

【イントロダクション】
今年3月に公開された『映画ドラえもん のび太の宝島』は興収53.7億円、動員470万人を突破し、『映画ドラえもん のび太の日本誕生』(1989)の動員記録420万人を29年ぶりに塗り替えるなど、シリーズ最高の大ヒットを記録しました。ますます加速していく『映画ドラえもん』シリーズの人気は、春休み一番のファミリー映画として金字塔を打ち立てています。シリーズ39作目となる『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(3/1公開)の脚本は、本作で初めて映画の脚本を務めた、ドラえもんの大ファンを公言する直木賞作家の辻村深月。監督は『新・のび太の日本誕生』(16)の八鍬新之介が、初のオリジナル脚本の監督に挑みます。ゲスト声優には広瀬アリス、中岡創一(ロッチ)、高橋茂雄(サバンナ)、柳楽優弥、吉田鋼太郎といった豪華キャストが集結!さらに主題歌は新進気鋭のアーティスト平井 大が務めることでも話題。辻村深月が描く、王道かつ良質な魅力でお届けする映画ドラえもんは、ドラえもん史上最大のSF冒険ファンタジー!太古から人類を魅了して止まない、神秘的でロマン溢れる“月”を舞台に、ドラえもんたちの新たな冒険が幕を開けます!

【ストーリー】
月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、不思議な少年・ルカが転校してきて、のび太たちと
一緒にウサギ王国に行くことに。そこでのび太は偶然エスパルという不思議な力を持った子どもたちと出会う。すっかり仲良くなったドラえもんたちとエスパルの前に謎の宇宙船が現れる。エスパルはみんな捕えられ、ドラえもんたちを助けるためにルカも捕まってしまう!はたしてのび太たちはルカを助けることはできるのか!?

ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一 ルカ:皆川純子
ルナ:広瀬アリス キャンサー:中岡創一(ロッチ) クラブ:高橋茂雄(サバンナ)
ゴダート:柳楽優弥 ディアボロ:吉田鋼太郎

原作:藤子・F・不二雄
監督:八鍬新之介
脚本:辻村深月

主題歌:平井大「THE GIFT」

■公式サイト
https://doraeiga.com/2019/

2019年3月1日全国東宝系にてロードショー

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

映画きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー

砂漠に雪山!?地球を巡る大冒険!

世界一周のために、ソドー島を通りかかったレーシングカーのエースと出会ったトーマス。エースの話にワクワクしたトーマスは、自分も世界を周る旅に出ることに!
エースを追いかけてケニアに降り立ったトーマスは、陽気な女の子の機関車ニアと友だちになり、いっしょに次の国へと向かいます。ブラジル、アメリカ、中国・・・全速力で五大陸を駆け抜けながら、見たことのない風景や文化に触れるトーマス。でも、初めての世界には知らないことが多すぎて―。果たして、トーマスは”本当の友情”とは何か、気づくことができるでしょうか。
トーマスを旅にいざなう、いたずら好きのレーシングカーのエースの声にISSA(DA PUMP)が決定!世界を巡りながら、立ちはだかる困難にトーマスやニアと力をあわせて乗り越えます。スケールアップした冒険に出発するトーマスを応援しに映画館に行こう!!

■原題・英題
THOMAS AND FRIENDS BIG WORLD! BIG ADVENTURES! THE MOVIE

監督:デイビッド・ストーテン 脚本:アンドリュー・ブレナー
キャスト:比嘉久美子 田中完 青山吉能 他
声のゲスト出演:ISSA(DA PUMP)
提供:ソニー・クリエイティブプロダクツ 配給・宣伝:東京テアトル 
配給協力:イオンエンターテイメント

■公式サイト
https://movie2019.thomasandfriends.jp/

2019年4月5日(金)、全国ロードショー!

©2019 Gullane(Thomas)Limited.

ヨーゼフ・ボイスは挑発する

白黒テレビに映し出される討論番組でフェルトの帽子を被った一人の芸術家が苛立ち、叫ぶ。「今は民主主義がない、だから俺は挑発する!」
彼の名前はヨーゼフ・ボイス。初期フルクサスにも参加し、“脂”や“フェルト”を使った彫刻やパフォーマンス、観客との対話を作品とするボイスの創造(アート)は美術館を飛び出し、誰もが社会の形成のプロセスに加わるべきだと私たちに訴える。既存の芸術が持つ概念を拡張するその思想は、世界中に大きな議論とセンセーションを巻き起こし、バンクシーを始めとする現在のアーティストにも々と受け継がれている。
本作は膨大な数の資料映像と、新たに撮影された関係者へのインタビュー映像で創られた、ボイスの芸術と知られざる”傷”を見つめるドキュメンタリー映画である。

■原題・英題
BEUYS

監督・脚本:アンドレス・ファイエル/撮影:ヨーク・イェシェル/編集:シュテファン・クルムビーゲル、オラフ・フォクトレンダー/音楽:ウルリヒ・ロイター、ダミアン・ショル/音響:マティアス・レンペルト、フーベルトゥス・ミュル/アーカイブ・プロデューサー:モニカ・プライシュル
出演:ヨーゼフ・ボイス、キャロライン・ティズダル、レア・トンゲス・ストリンガリス、フランツ・ヨーゼフ・ヴァン・デル・グリンテン、ヨハネス・シュトゥットゲン、クラウス・シュテーク
字幕翻訳:渋谷哲也
配給・宣伝:アップリンク
(2017年/ドイツ/107分/ドイツ語、英語/DCP/16:9/5.1ch/原題:Beuys)

■公式サイト
http://www.uplink.co.jp/beuys/

2019年3月2日(土) アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、横浜シネマリンほか全国順次公開

© 2017 zero one film, Terz Film

アガサ・クリスティー ねじれた家

<イントロダクション>
1920年のデビューから100年で20億冊もの売り上げを記録する、世紀のベストセラー作家アガサ・クリスティー。彼女が自身の<最高傑作>だと誇る、1949年に発表されたミステリー小説「ねじれた家」が、70年の時を経て初映画化が実現。巨万の富を築いた大富豪が毒殺され、容疑をかけられた“心のねじれた”家族が巻き起こす、気品と謎に包まれた完全無欠の殺人ミステリーだ。監督は『サラの鍵』のジル・パケ=ブレネール、脚本は『ゴスフォード・パーク』でアカデミー賞脚本賞を受賞、大ヒットTVシリーズ「ダウントン・アビー」を手掛けるジュリアン・フェロウズが担当。キャストもアメリカとイギリスの実力派が勢ぞろい。ゴージャスでスキャンダラスな一族の女たちを演じるのは、『天才作家の妻 -40年目の真実-』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたばかりの稀代の名女優グレン・クローズ、『X-ファイル』の知的な捜査官スカリー役で一躍有名になったジリアン・アンダーソン、『マッドメン』で多くの男性を魅了したクリスティーナ・ヘンドリックス。そして事件の真相を追う私立探偵役に『天才作家の妻-40年目の真実-』でクローズと2度目の共演を果たすマックス・アイアンズ、捜査を仕切る主任警部役に名優テレンス・スタンプが扮する。他にも、映画の舞台となる英国式の荘厳な屋敷と庭園、華やかな英国上流階級の文化や生活を堪能できるクラシカルな衣装やインテリアなど、見どころ満載の極上ミステリーがここに誕生した!

<ストーリー>
無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。広大な屋敷に到着すると、3世代にわたる一族が勢ぞろいし、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。愛人のいる若い後妻ブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、亡き前妻の姉であり一族を取り仕切る大伯母イーディス。まもなくチャールズは、ソフィアを含め一族全員に殺害の動機があったことに気付く。真相に近づいたと思われたその時、第二の殺人が起きる-。

■原題・英題
Crooked House

監督:ジル・パケ=ブレネール
原作:アガサ・クリスティー著/田村隆一訳「ねじれた家」(ハヤカワ文庫刊)
脚本:ジュリアン・フェロウズ/ジル・パケ=ブレネール/ティム・ローズ・プライス
出演:グレン・クローズ、テレンス・スタンプ、マックス・アイアンズ、ステファニー・マティーニ、ジリアン・アンダーソン、クリスティーナ・ヘンドリックス 他
製作国:イギリス(2017年公開)上映時間:115分 字幕翻訳:松浦美奈 レイティング:G

■公式サイト
nejire-movie.jp

4/19(金)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国公開

© 2017 Crooked House Productions Ltd.

ザ・ファブル

どんな相手も6秒以内に殺す――。
“ファブル(寓話)”と呼ばれるその謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる
存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて
一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。
殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

岡田准一 木村文乃 山本美月 
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理 佐藤二朗 安田顕 佐藤浩市
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン 脚本:渡辺雄介 配給:松竹

■公式サイト
http://the-fable-movie.jp/

2019年6月21日全国公開

©2019「ザ・ファブル」製作委員会

BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-

白洲迅 柾木玲弥 花沢将人 岡本夏美 松田るか 坂ノ上茜
菅谷哲也 浅川梨奈 秋山莉奈 高嶋香帆
小沢仁志 桜田通 / 大杉漣(友情出演)
岩城滉一

監督:原桂之介 原作:ジャスミン・ギュ「Back Street Girls」(講談社「ヤンマガKC」刊) 脚本:増本庄一郎 伊藤秀裕 
音楽:伊東正美 主題歌:ゴクドルズ「ヴィーナス」(ユニバーサルミュージック/ EMI Records)
製作:村松秀信 岡田武士 瀬井哲也 木下直哉 中野伸二 
エゼクティブプロデューサー:岡本東郎 丸山博雄 企画・プロデュース:紀伊宗之 伊藤秀裕
プロデューサー:小杉宝 阿部誠 行実良 村島亘 佐藤敏宏 三浦和佳奈 アシスタントプロデューサー:田中亮祐
キャスティングプロデューサー:山口正志 撮影:加藤十大 照明:志村昭裕 録音:西條博介 美術・装飾:田口貴久 
編集:目見田健 音響効果:渋谷圭介 演技事務:出射均 助監督:大津是 制作担当:伊藤友子 制作協力:芳賀正光
衣裳:岡本華菜子 メイク:梅原さとこ ステージ衣裳デザイン:D ゴクドルズ振付・指導:左 HIDALI
VFXプロデューサー:芳賀寛之(HIプロジェクト) 宣伝プロデューサー:是木良介
映画「ゴクドルズ」製作委員会:東映 ユニバーサルミュージック VAP 木下グループ MBS
制作プロダクション:エクセレントフィルムズ 配給:東映

■公開日
2019年2月8日

■公式サイト
http://gokudorus.toeiad.co.jp/

©2019映画「ゴクドルズ」製作委員会