月別アーカイブ: 2019年4月

ホットギミック ガールミーツボーイ

今感じるこの気持ちを、大切にしたい。

わたしが、本当に望んでいること。
これは、どこまでも透明で儚い”初恋”の物語。

驚異の口コミで大ヒットした『溺れるナイフ』(16)を世に放ち、中高生から大人、また各業界の著名人まで強烈にその心を掴み、新作がいま最も待望されている監督の一人、新鋭・山戸結希。彼女が次に挑戦するのは、原作・相原実貴が描いた販売部数累計450万部を超える伝説的人気コミック「ホットギミック」の映画化。3人の魅力的な男性が1人の純朴な少女に恋をする、という夢物語を幻想的に映し出しながらも、恋をするからこそ、自分自身の存在に向き合ってゆく、”ガールミーツボーイ”としての新たな物語を、圧倒的映像美とスケールで描く。

初めての恋に悩む主人公・成田初を演じるのは、国民的アイドルグループ乃木坂46の次世代エース・堀未央奈。乃木坂46のMVを手掛けた山戸監督が、そのみずみずしい存在感が印象に残った堀を、映画初出演にも関わらずいきなりの主演に大抜擢。そして、同じマンションに住む3人の男性には、初の弱みを握る同級生・橘亮輝を清水尋也、転校したが数年ぶりに帰ってきた幼なじみ・小田切梓を板垣瑞生、初の3個上の兄・成田凌を間宮祥太朗と、映画界の未来を担う若い才能が集結した。

不器用な恋。溶けるような恋。秘められた恋。
3つの初恋の果てに、彼女が選んだ自分の進むべき1つの答えとは――。

【キャスト】
堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生 / 間宮祥太朗
桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也
反町隆史 吉岡里帆

■公式サイト
http://www.hotgimmick-movie.com/

■公開日
2019年6月28日

©相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

劇場版 Free!-Road to the World-夢

【イントロダクション】
『劇場版 Free!-Road to the World-夢』は2020年への架け橋となる――!

TVアニメ『Free!-Dive to the Future-』をリビルドした劇場版がついに始動!
新たに結ばれた絆を抱きしめ、青年たちの物語はさらなる高みへ――!

「夢」――それは、信じ続けることでいつかきっと花ひらくもの。

水に愛されたものは、光の向こうに手を伸ばし、
夢を抱いたものは、燿く魂で栄冠を誓い、
友の心を繋いだものは、彼らと共に約束の場所へ。
絆を知るものたちは、輝かしい未来へ向けて泳ぎ始める――!

目指すは、世界――。
繋がれた絆と信じる夢のもと
「劇場版 Free!-Road to the World-夢」2019年7月5日、公開!

さあ、行こう、栄光の未来へ――!

【ストーリー】
彼らの「夢」は――。

“大きくなったらなりたいもの”に遙は魚を描いた。
「自由に泳ぎたいから」と。

初めてのチームとして幼い絆を結び合う、遙、真琴、渚、そして、凛。
凛は世界で戦う夢を、渚は楽しく泳ぎ続けたい気持ちを語る。
そして、真琴は夢をまっすぐ言葉にできる二人を眩しく見つめていた。

時は流れ、大学に進学した遙と真琴。
二人は、中学生時代のチームメイト、旭、そして、郁弥に再会する。
しかし、かつて結んだ絆は形を変え、郁弥を重く縛っていた。
そんな郁弥を救いたいと遙は決断をする。
真琴もまた、様々な選手たちの心に触れていく。
日和が抱く郁弥への希望。宗介との偶然の再会。教え子の岬が与えてくれたもの。
そして、世界への壁を知った遙の思い。
それはやがて真琴にある決意を与える。

一方、岩鳶高校水泳部にも新しい春が訪れる。
怜と渚が遙と真琴とともに結んだ絆は、新たな蕾となって花開こうとしていた。
自分たちが見た“あの景色”を後輩たちにも見せてあげたい。
目標はメドレーリレーで全国大会に進出すること。

絆が紡いだのは「夢」。
これから飛び込む激流に向け、彼らは「夢」を確かなものにしていく。
そして、泳ぎ続ける青年たちの物語は、次なる舞台へ――。

■公式サイト
http://iwatobi-sc.com/ 

2019年7月5日(金)全国ロードショー

©おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会2019

きみと、波にのれたら

【イントロダクション】
アヌシー国際アニメーション映画祭・クリスタル賞(グランプリ)受賞作品『夜明け告げるルーのうた』(17年)、日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞受賞作品『夜は短し歩けよ乙女』(17年)、昨年Netflixで配信がスタートした「DEVILMAN crybaby」など数々の話題作を世に送り出し、疾走感と躍動感に溢れる自由闊達な映像表現で、日本のみならず世界を魅了してきた湯浅政明。
活躍の勢いがとどまることを知らない湯浅監督待望の最新作は、海辺の街を舞台にした、消防士の青年・港(みなと)とサーファーの大学生・ひな子との、運命的な恋を描くラブストーリー。
スタッフは、脚本に『猫の恩返し』(02年)、『映画けいおん!』(11年)、『若おかみは小学生!』(18年)の吉田玲子。音楽を「リトルウィッチアカデミア」シリーズ、『夜は短し歩けよ乙女』(17年)の大島ミチルが担当。湯浅監督作品での活躍も記憶に新しく、日本アニメーション界に欠かせない存在の二人が本作でも強力なタッグを組む。
声の出演として、“港”役に、人気ダンス&ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEでボーカルを務める片寄涼太。ドラマ・映画他ジャンルを超えた展開が話題の『PRINCE OF LEGEND』(18年〜)への出演や、配信中のネットドラマ「TOKYO COIN LAUNDRY」では主演を務めるなど俳優としても今後の活躍が期待されている片寄が、声優に初挑戦する。また、港と恋に落ちるヒロイン“ひな子”役には、『嘘を愛する女』(18年)、『センセイ君主』(18年)、『人魚の眠る家』(18年)など話題作に続々出演、『恋のしずく』(18年)では映画初主演も果たし、演技派の女優として抜群の存在感を発揮する川栄李奈。
さらに港の妹・洋子役にテレビドラマ「この世界の片隅に」(18年)で、3000人を超える中からオーディションを勝ち抜きヒロイン“すず”役を熱演、確かな演技力に注目の集まる松本穂香。港の後輩消防士・川村わさび役に『コーヒーが冷めないうちに』(18年)や「アシガール」(18年)で好演、「今日から俺は!」(18年)のツッパリ・伊藤役で大ブレークを果たし、本年度の日本アカデミー賞で話題賞と新人俳優賞のW受賞を達成した伊藤健太郎と、人気、実力を兼ね備えたフレッシュな二人が脇をかため、最旬豪華キャストが実現した。
また主題歌はGENERATI0NS が担当。本作のために書き下ろされた「Brand New Story」は物語のキーとなる曲として、作品をドラマティックに彩る。
“したたかに生きなければという世の中で、純粋な主人公を波にのせてあげたいと思った”と監督が語るこの作品は、そっとあなたの背中を押す物語。 心に響くメロディにのせ、切なくも胸が熱くなる、感動の青春ラブストーリーがこの夏誕生する。

【ストーリー】
小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れた人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だが…。奇跡がもたらした二人の恋の行方は?そして、港が再び姿を見せた本当の目的とは?

【キャスト・スタッフ】
片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子 
音楽:大島ミチル 
主題歌:「Brand New Story」GENERATIONS from EXILE TRIBE(rhythm zone)
アニメーション制作:サイエンスSARU

■公式サイト
https://kimi-nami.com/

2019年6月21日全国東宝系にてロードショー

©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

タランティーノ最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』日本公開日が8月30日(金)に決定!

レオナルド・ディカプリオ×ブラッド・ピット
初の豪華共演!!

クエンティン・タランティーノの 9 作目の長編監督作となる最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の日本公開日が8月30日(金)に決定した。

 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の舞台は1969年のロサンゼルス。ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、タランティーノ製作、脚本、監督で描いた本作は、タランティーノが、実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本執筆したという。

 本作の豪華キャストも大きな話題で、『ジャンゴ 繋がれざる者』 (2012)でタランティーノ監督作初出演となったレオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(2009)で同監督作初主演を果たしたブラッド・ピットの 2大スターが初顔合わせを果たした。ディカプリオが演じるのは、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のTV俳優リック・ダルトン、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブースをブラッド・ピットが演じる。本作で二人がどんな新しい顔を魅せてくれるか期待がよせられている。 また、当時新人女優として人気上り調子だったシャロン・テート役のマーゴット・ロビーが、今回のタランティーノ映画のミューズに選ばれた。

 その他の共演陣も過去のタランティーノ作品以上に選りすぐりの顔ぶれがそろった。50 年以上のキャリアを誇るアカデミー賞俳優アル・パチーノ、『ヘイトフル・エイト』のブルース・ダーンらハリウッドの重鎮を筆頭に、『アイ・アム・サム』(2001)で天才子役の名をほしいままにした ダコタ・ファニング、『X-MEN』シリーズのジェームズ・マースデン、『レザボア・ドックス』(1991)、『ヘイトフル・エイト』のティム・ロス、マイケル・マドセン、『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)、『ヘイトフル・エイト』のカート・ラッセルなどタランティーノ作品ではおなじみの面々も顔を揃えている。ほかには『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ、『ダイ・ハード 4.0』(2007)のティモシー・オリファント、『オーシャンズ8』(2018)のダミアン・ルイスなどの新旧実力派が脇を固めている。先日急逝した「ビバリーヒルズ高校白書」のルーク・ペリーも本作に出演しており、映画作品としては遺作となっている。

◆公式サイト:http://www.onceinhollywood.jp/
◆公式Twitter:https://twitter.com/SPEeiga
◆公式Facebook:https://www.facebook.com/SPEeiga/

ニューヨーク 最高の訳あり物件

マンハッタンの最高級アパートメントに同じ夫に捨てられた元妻ふたり。
火花を散らす彼女たちのおかしな共同生活が始まる――!

INTRODUCTION

第30回東京国際映画祭コンペティション部門で上映され絶賛された本作は、カンヌにその才能を見出され、近年では『ハンナ・アーレント』が日本でも大ヒットしたマルガレーテ・フォン・トロッタ監督が、社会派から一転コメディ・ドラマに挑戦!“美の追求”“年齢の重ね方”“出産・子育てとキャリア”“パートナーの存在と資産”など、女性の永遠のテーマを追求した。軽やかな毒と溢れるユーモアで描く【N.Y.式】ライフスタイルムービー。

STORY

マンハッタンの超高級アパートメントで暮らすモデルのジェイドは、デザイナーとして華々しいデビューを企画していた。ところが、スポンサーでもある夫ニックから一方的に離婚を告げられる。傷心の中、さらに夫の前妻のマリアがやってきて「部屋の所有権の半分は自分のものだ」と主張し、同居を始めるというあり得ない事態に。同じ男と結婚したこと以外は、ファッションもライフスタイルも性格も、すべてが正反対のジェイドとマリアのプライドとこの先の人生をかけた闘いの幕があがる!そんな折ジェイドのブランド経営が暗礁に乗り上げる。部屋を売って資金に充てたいが、マリアの返事はもちろんノー。争いはますますヒートアップしていく。だが、積年の想いをぶつけ合うふたりは、自分たちの特殊だけれど特別な絆に気付き始め・・・。果たして<訳あり>なふたりの人生と物件の行方は――?

監督 マルガレーテ・フォン・トロッタ 『ハンナ・アーレント』
CAST イングリッド・ボルゾ・ベルダル『ヘラクレス』/カッチャ・リーマン『帰ってきたヒトラー』/ハルク・ビルギナー『雪の轍』(14年パルムドール受賞)
撮影監督 ジョー・ハイム
脚本 パム・カッツ
製作者 ベッティーナ・ブロケンパー

上映時間 110分
製作国 ドイツ
配給会社 ギャガ

公式サイト http://gaga.ne.jp/NYwakeari

6月29日(土)シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

© 2017 Heimatfilm GmbH + Co KG

ジョン・ウィック:パラベラム

■原題・英題
JOHN WICK:CHAPTER 3 – PARABELLUM

出演:
キアヌ・リーブス
ハル・ベリー
イアン・マクシェーン
ローレンス・フィッシュバーン ほか

監督:チャド・スタエルスキ

■公式サイト
johnwick.jp
2019年10月全国ロードショー

®,TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

劇場版 デジモンアドベンチャー(仮)

◆スタッフ
スーパーバイザー:関 弘美
キャラクターデザイン:中鶴勝祥
デジモンキャラクターデザイン:渡辺けんじ

◆キャスト
花江夏樹(八神太一) 坂本千夏(アグモン)
細谷佳正(石田ヤマト) 山口眞弓(ガブモン)
三森すずこ(武之内空) 重松花鳥(ピヨモン)
田村睦心(泉光子郎) 山田きのこ(パルモン)
吉田仁美(太刀川ミミ) 竹内順子(ゴマモン)
池田純矢(城戸丈)      櫻井孝宏(テントモン)
榎木淳弥(高石タケル) 松本美和(パタモン)
M・A・O(八神ヒカリ) 徳光由禾(テイルモン)

◆公式Twitter
@Digi_advntr20th 

■公式サイト
http://digimon-adventure.net/

■公開日
2020年初春

■コピーライト
©本郷あきよし・東映アニメーション

劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」

STORY
海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典、海賊万博。
「祭り屋」と呼ばれる万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味。導かれるまま会場に着くと、華やかなパビリオンが所狭しと並び、世界中から海賊たちが群がる、大きな盛り上がりをみせていた。そこには勢揃いした“最悪の世代”キッドやベッジ、ホーキンスにボニー、さらにはバルトロメオ、キャベンディッシュの姿も!全員の目的はただ一つ、万博の目玉「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」。
宝を手に入れ名を上げたい海賊たちによるお宝争奪戦の火蓋が切られた!
しかし、海賊たちが熱狂する万博の裏では、別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの凶行が張り巡らされ、海賊たちを一網打尽にしようとスモーカーたちによる海軍の潜入捜査までもが動き始めていた―――。
時代の覇権を左右するお宝争奪戦が熱を帯びる中、突如、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入。
ルフィたちの前に恐るべき脅威となって立ちはだかる!

事態の収束を諮る海軍は大将“藤虎”イッショウ、“黄猿”ボルサリーノ、さらには王下七武海“海賊女帝”ハンコック、“世界最強の剣士”ミホークをも召集し、狂乱する海賊と激突!加速する戦乱にはさらに“元王下七武海”クロコダイル、“革命軍参謀総長”サボ、“CP-0”ロブ・ルッチまでもが其々の目的のため姿を現した!
お宝争奪戦と海賊万博は予測不能の大混乱へと陥って行く!!

原作・監修:尾田栄一郎(集英社 週刊「少年ジャンプ」連載)
監督:大塚隆史 脚本:冨岡淳広 大塚隆史 音楽:田中公平 キャラクターデザイン・総作画監督:佐藤雅将 美術監督:岡本穂高
美術設定:須江信人 色彩設計:永井留美子 CGディレクター:新井啓介 撮影監督:和田尚之 製作担当:稲垣哲雄
出演:田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明 大谷育江 山口由里子 矢尾一樹 チョー 磯部勉
ゲスト声優:ユースケ・サンタマリア 指原莉乃 山里亮太(南海キャンディーズ)

■公式サイト
http://www.onepiece-movie.jp/

■公開日
2019年8月9日

ⓒ尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会

シネマ歌舞伎『女殺油地獄』

新・幸四郎と猿之助が魅せる、若者の孤独と狂気の物語―
洗練された映像美で描くシネマ歌舞伎新境地!

●十代目松本幸四郎襲名披露公演が早くもシネマ歌舞伎化!
今回は大阪松竹座「七月大歌舞伎」で上演された『女殺油地獄』がシネマ歌舞伎として新たに生まれ変わりました。
まさに、シネマ歌舞伎における”新・幸四郎 襲名披露作品”として満を持して全国の映画館に登場します!

●松竹撮影所の監督・スタッフによる洗練されたカット割りで描き出される”新たな「女殺油地獄」”!
松竹撮影所で活躍する現役の監督やスタッフを多数迎え、公演本番時の撮影のみではなく舞台稽古や舞台上に上がっての撮影も実施!
あらゆる角度から撮影した膨大な素材から選び抜かれたカットを使用し、『女殺油地獄』の世界をより深く、より鮮やかに描き出します。

《ものがたり》
油屋の次男与兵衛は、放蕩三昧で喧嘩沙汰を起こしてばかり。
借金のため、親からも金を巻き上げようとし、継父や妹にまで手をあげる始末。
見かねた母が勘当を迫ると与兵衛は家を飛び出してしまう。あてもなく彷徨う与兵衛が向かったのは同業の油屋女房お吉のもとだった。
時を告げる鐘の音が響いたその時、心にとりついた一瞬の闇が与兵衛をある行動へと駆り立てる――。

監督:井上昌典(松竹撮影所)
出演:松本幸四郎、市川猿之助、市川中車、市川高麗蔵、中村歌昇、中村壱太郎、大谷廣太郎、片岡松之助、嵐橘三郎、澤村宗之助、坂東竹三郎、中村鴈治郎、中村又五郎、中村歌六

■公式サイト
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

2019年11月8日(金)より東劇ほか全国公開

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

サンダンス映画祭2018SXSW映画祭2018正式出品

ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。
元バンドマンの父と、LAの医大を目指す娘。やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断。

【ストーリー】
二人でひとつの人生から、それぞれの人生へーー 今夜“たびだち”のライブ開催します!

元ミュージシャンのフランク(ニック・オファーマン)はブルックリンで17年営んでいたレコードショップをこの夏に閉めることにした。シングルファーザーとして娘サム(カーシー・クレモンズ)を育て、成長したサムはLAの医大へ通う事が決まっていた。ある日ふたりでレコーディングしSpotifyにアップロードしたその曲は瞬く間に拡散され、たくさんの人の耳に届くことになる。フランクにとっては急に未来の扉が開かれた気分になるが、サムには恋人(サッシャ・レイン)や進学など、向き合わなければならない人生の課題は山積みだ。夏は終わりに近づき、フランクもサムも決断を迫られる。二人が新たな人生に一歩踏み出すために。 身体を動かしたくなるようなリズムが耳に残る極上のサウンドトラックと、ブルックリンの街並みを背景に、夢に向かって走り出す娘と、その背中を押す父との心温まるハートフルな物語は昨年のサンダンス映画祭やSXSW映画祭で話題となり、いよいよ日本公開となります!

【作品情報】
監督/脚本:ブレット・ヘイリー
オリジナルソング・音楽:キーガン・デウィット
出演:ニック・オファーマン/カーシー・クレモンズ/トニ・コレット/テッド・ダンソン/サッシャ・レイン/ブライス・ダナー

2018年/アメリカ/英語/97分/日本語字幕:神田直美/原題:HEARTS BEAT LOUD

6/7(金)より全国順次公開

【公開劇場】
ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマカリテ、MOVIX仙台、MOVIX三郷、ミッドランドスクエアシネマ、シネ・リーブル梅田、なんばパークスシネマ、京都シネマ、シネ・リーブル神戸、KBCシネマ、宮崎キネマ館

© 2018 Hearts Beat Loud LLC 提供:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給:カルチャヴィル